スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

健康の秘訣を聞かれたら?

ドイツに居た頃、日本人は魚を食べるから健康なんでしょ?とよく聞かれました。

 

いや、そういう問題じゃない!なぜ肉を悪にして魚は良い、という考えになるんだ!と毎度毎度、ちょっとだけ、ナンデヤネン!という気持ちになっていました。

 

要は食べるもののバランスで、肉か魚か、だけで話ができるわけでもないのに、そもそもの情報が間違っているではないか、と。

 

日本人は魚も食べるけどお肉も食べます。強いて言うなら野菜をもっと食べると思うし、太りたくないので食べるものを結構コントロールしてるし、チョコレートと揚げ物の消費量がこちらの人との比べ物にならないくらい少ないし、一汁三菜というシステムもあることだし...何たらかんたら、と説明してきました。

 

が、しかし。実は私の健康の秘訣は…お肉を食べる事、なので今度また健康の秘訣を聞かれたらお肉を食べてるからです、と答えようかと思っています。

 

お肉、というか具体的にはタンパク質なのですが、美味しいお魚が安価に手に入る地域でもなく、手軽にタンパク質を摂る、となるとお肉の方が入手しやすいので。スイスのお肉は高いですが、タンパク質がないと元気が出ないので躊躇なく買って食べています。

 

お肉以外では卵と豆類もよく食べます。

 

タンパク質が不足しやすい体質なのか、一般よりも多めに摂らないといけないのかは不明なのですが、タンパク質が不足するとあっという間に元気が無くなります。冬季鬱も加速します。逆に言うとタンパク質摂取を心がけていれば心も体も元気です。

 

あと、鉄分もとれていれば元気の源になるなどどこかで聞きました。とにかくお肉を食べていればタンパク質も鉄分も摂れるし良いのでは?と。

 

でも、実際のところ一番大事なのは自分の体質を知る事だと思います。どれだけ健康になるから、と言われても好きじゃないものを食べ続けないといけないとなると、心がやられてしまいそう…私は甘いものが苦手なので、よかれと思って甘い物をどんどん出されると頭痛と食べれない、という罪悪感で自分でもビックリするほど元気が無くなります笑

 

ただこれはもう体質と味覚が合ってないだけなので仕方がないと思っています。

 

私が子供の頃は学校の給食は完食しないといけなくて、好き嫌いがあってはダメ、という雰囲気で私は幸い何でも食べれる方でしたが、今となっては食べられないものがある方が自然なんじゃないかと思うようになりました。

 

性格も体質もみんなこんなに違うのに、味覚は同じって事は決してないと思うので。

何でも食べなさい、って誰とでも仲良くしなさい、と言われているようなものなのでは?と。

 

誰とでも仲良くできるタイプ、狭く深い交友関係が合うタイプ、ひとりが好きなタイプ、と性格の違いもある事だし。

 

偏食が結構すごい知り合いも、肌つやもいつも良いし、本人は健康なので、偏食でも体は必要なものを知ってるんだろうと思います。

 

ただ、食事というのは人付き合いに関わってくるのでそことの兼ね合いは難しいな、と思います。日本だと特に食事をする事は人生においてかなり大きな意味を持つ楽しみでもあるので、そこが憚られるとなると、手厳しいご意見などがありそうな。。。

 

分かりますよ、分かりますとも。私だって食べたいものを食べれないほど辛いものもないですもん。かと言って、食べれない、食べたくない、という人に強要する事もしたくないです。困ったものです。まあ間を取って譲歩すれば良い話なんですけどね。その譲歩がこれまたこちゃこちゃ細かい問題があったりして...ふぁーー!!

 

あと、他にも健康の秘訣を聞かれたら、ぐっすり眠る事、と答えています。

ぐっすり寝ないと私の場合は次の日がむちゃくちゃになるので眠るしかないのです。

 

でもこの現代社会、ぐっすりと眠る事が難しいのもよーく知っています。仕事の事情、家庭の事情、自分の希望だけでどうにかなるものでもない。

そもそも、どうにかならないものを持ってる量が多すぎる人も居て、それを軽く出来るのに出来ないと思い込んでいたり、抱え込んでいる方が深層心理的に安心している、という人もいて、いや、そもそもポジティブで何とかなる事じゃないんだってば!!という人もいたりして、一概に言える事なんて何一つないのは重々承知しております。

 

でもやっぱりしっかり寝て、美味しいものを食べて、あとは適度な運動をして、ストレスを溜め込まなければ、健康でいられるんだろうなと思います。

 

これも本当にどこでもよく言われる事ですよね。

でもそれが出来ないんだって、バランスとるのが難しいんだってば!!という話なんですよね...。

 

じゃあ難しい難しい、と言い続けてたら問題は解決するのか?と問われると決してそんなことはないので、自分の出来る範囲で健康を維持する工夫をするしかないんですよね。誰のために?自分のために。以上!という意気込みで。

 

今の職場では60%でしか働いていないので、適度に運動する時間もあるし、在勤できるのでぐっすり眠る時間もあります。睡眠時間をとにかく確保したいので、それを最優先にして他はおろそかにしています。

 

私は睡眠時間の為に他をおろそかにしても気にならない性格ですが、気になる性格だと私のやり方は合わないと思いますので、やっぱり自分の性格を知る事も本当に大事。知った上で、自分に優しくしながら生活する方法を考えるのも大事だと思います。

 

不安を消す為にしゃかりき動いてしまう人、疲弊してボロボロになっていて、私からすると自分で自分の人生を困難にしている、と思います。でも本人はそれを知らなかったり、知っていても止められなかったり。じゃあもう根本を見直すしかない、プロの手を借りて調整する方法もあります。

 

でも、そもそも本人がどんな生き方をしていきたいのか、を知らない事も本当によくあって、そうなるとまずはそこを考えて決めていくのが私は良いと思っているのですが、それが合わない、という人も当然いる訳で。

 

だから、ついつい人と話していると、どんな事を希望していて、どうしたい?と根ほり葉ほり聞いてしまいます。本人が自覚していなくても話していくうちに意外とモットー的なものを持っていたりする人もいます。

 

私はただ健康を維持して楽しく暮らしていきたい、と思っているけどそうじゃない人もいるので本人の希望から逆算した暮らし方を考えるのも大事だと思います。

 

前述した60%で働いているので適度な運動をする時間もある、という話、ありますけどもサボる日も多いです。ダラダラしています。で、結局フルタイムで働いていて忙しい時の方が時間が限られているので勉強に集中しやすく提出課題もさくさく進む、という事もあります。

 

この辺の体験しながら自分の性格を知っていく、というのは自分で自分に相当呆れますが発見が多くて楽しいことでもあります。あとダラダラするのは最高のリラックスですね♡もっと溶けるようにダラダラしたいです。

 

とりあえず、私の健康の秘訣はタンパク質摂取と睡眠時間の確保、ですが日中のストレスを溜めないようにするために開き直ってあんぽんたんになる、要はプライドを捨てる、的な事なんですけど、そういう事もしています。あと妄想、適当、くだらないことを考えてほくそ笑む、とか。あとは愛でる、です。主に猫ちゃんですけど。

 

この辺をもっと自然に習慣化出来たら良いな、と思っているので日々あれこれ考えたり調べたりして実践中です。自分に合うものを見つけて、やった!と思ってる内に自分の感覚も変わったりするのでイタチごっこ的な要素も強いですが、自分のことは唯一無二のオリジナルとして愛でていきたいと思います。今のところのチャレンジは、自分を猫ちゃんのように愛でる事ができるか?!というものです。

 

これが上手くいったら、相当生きていくのが楽しくなると思うので。

やるだけのことはやってみます。

 

では~

アデー♡

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村