スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

バスの乗車時にはにかむ

コロナ真っ只中の時に、バスの運転手さんの健康を守るために、という事でバス前方の扉から乗車できなくなりました。扉は閉まったままで、通常であれば運転手さんから乗車券の購入もできたのですが、それも出来なくなりました。

 

運転手さんのすぐ後ろの席と、斜め後ろの席も座れなくなっていたと思います。とにかく、運転手さんに近づかない方法で乗車する期間がありました。バスは前方、真ん中、後方に扉があるので長らくの間、前方以外の扉から乗車、という日々でした。

 

スイスは四月から交通公共機関でのマスク着用義務もなくなり、一応、以前と同じような生活が出来るようになりました。そのすぐ直後はバスの前方扉は閉まったままでしたが、ここ最近、前方からも乗れるようになりました。

 

各バス会社で対応は違ったと思うので、他の地域の事は分かりませんがチューリッヒ市内でもそうだった気がするので、チューリッヒ州内の他の地域でもあった事かもしれません。

 

先日、バスに乗ろうとしたら前方扉が開いたので、前の方から乗れるようになったんだ!?と思って、少し緊張しながら乗車したら、運転手さんに「こんにちは~(ニコっと笑顔)」と言われたので、私も、軽く微笑みこんにちは~ と言いながら乗車しました。

 

平静を装っていましたが、実ははにかんでいました。。

前はこんなの普通の事だったのに!!久しぶりに前方から乗車したら、こんにちは、を言うのも照れるなんて!!と一人興奮してしまいました。

 

運転手さんはアナウンスで「皆さん こんにちは。」と、いつも通りに言われ、乗客もいつも通りちらほら「こんにちは。」と返答して、バスは進み。私の最寄の停留所へ。

 

降りる時にも、まさか前方から降りられる?!と思いつつ、そわそわしながら運転手さんに「ありがとう。さようなら。」と告げておりました。

 

うう...。 久しぶりに直にお礼が言える!!うれしぃいーーー!!

 

バスに乗る度に何故か猛烈に感動して、運転手さんありがとう、と思うのですがコロナ真っ只中の間はそれが言えなかったんだな、、と改めて感じました。

 

くそ、もっとお礼が言いたかったのか!!と思いつつ。。他の場所でもお礼を言うのまだ制限されてる?と考えてみて…いや、特に無さそうだ。という事は今はお礼言い放題って事か、よし、積極的にもっとお礼を言いたい場所にいたら言っていこう。じゃないといつまたお礼制限事案が発生するか分からないしな、ふむふむ、と決心しました。

 

まだ前方からの乗車と降車に慣れきってない気がするので、これからも数回ははにかむと思いますが、平静を装いつつ利用していきたいと思います。

 

では~

アデー♡

 

 

 

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村