スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

その① 例の疫病のない世界 

スイスは5月2日から例の疫病に関する入国制限を撤廃しましたので、普通の入国基準を満たす人は誰でも入国できます。

 

マスク着用義務も4月1日から完全に無くなり、陽性者も接触者も隔離義務が無くなったので、全体としての対策がない日常に戻りました。

 

例の疫病は存在していますが、対応の仕方が変わった、というか無くなったので普通に生活しているとまるで何もないのかの様に感じます。

 

ただ、他国と国境の近い国でシェンゲン協定のおかげで自由に行き来できるので、隣国に行った時に慌てます。

 

先月は用事があって二回、ドイツに行ったのですが、初回はマスクを忘れては駄目!と思いつつ、余ったマスクをバッグに詰めて、ドイツに入国しました。その時はバスの中と税関で書類にスタンプを押してもらう時に必要だったので着用しました。

 

でも、何だか変な気分でした。スイスではマスク着用義務は撤廃されたので、個人で着用したい人のみが着用しています。義務ではないので、着けたくなければ着けなくてもいい。でもお隣の国では義務でしたので違反してはいけませんでした。

 

二回目も、マスクは忘れては駄目!と思っていたので慎重にマスクをバッグに入れ、バスの中で着用、税関でも着用か、と身構えていたのに、着用義務は無くなっていました...ん?どういうこと?新しい規則?よく分からないので、周りの人に聞いたら、皆さん不確かながら、とりあえず着けておけば安全だろう...という感じでした。

 

今月また用事があったので三回目、ドイツに行ったら相変わらずバスの中では必要なようでしたが他はそれほどでも。。でもスイスのスーパーなどに比べると自主的に着用している人が多い印象でした。これは個人の自由なので良いとして。州によって違う対策などあるのかもしれません。

 

と、まあスイス生活をしているとマスクを忘れて慌てる必要はもうなくなったのですが、うっかりその感じで他国へ行くとかなり慌てるので気を付けなければなりません。

 

先日、ボーデン湖畔を自転車ツアーしていた時に、ドイツからオーストリアに入国して、すっかりドイツのマスク基準でうろつこうとしたらえらい目に合いそうになりました。

 

自転車で国境超えで、周りの風景もさほど変わらず話す言語も一緒なので、別の国に来た感じがしなくて。ホテルの受付の人にスイスから来た、と言ったらスイスのコロナ対策はどうなってるの?と聞かれたので、全部撤廃されてマスク義務も隔離義務もない世界です、と告げたところ、オーストリアはまだまだ厳しいからスーパーや屋内はマスク義務のところがある、と言っていました。

 

でも大丈夫、大量のマスクを持ってきたから!と言いつつ、話しを続けると、オーストリアは本当に厳しかったのよ…このホテルも7か月閉めないといけなくてね。。と。

 

そうでした、そうでした。そういえばこの二年間、すぐ近くのオーストリアにまた行きたいのに、入国に関して厳しそうで、ややこしそうなので避けていたのでした。

 

最後にオーストリアに来たのいつだっけ?と思ったら、2020年の1月末でした…このブログでも書きましたがアルペンスキーを習いにオーストリアに来ていたのでした…まさかその同じ週に、数キロ離れたオーストリアのスキー場から爆発的に例の疫病が流行りだすだなんて思いもせず...。

 

あれが最後だったのか、、と。

 

そんな話を受付で聞いたので、マスクをバッグに入れるのを忘れてはいけない、と念の為大量にバッグに入れて、外出しました。

 

屋外に居る限りは別に何もなさそうな...、と普通に過ごして、次の日にスイスへ帰る事にしました。

 

ここも自転車でスイスへ国境超え、という事でスイス入国手前にオーストリアのスーパーに行こうと思いつきました。オーストリアのスーパーでしか売ってないものを買いたかったのです、ついでにドイツ語の雑誌も同じものでもオーストリアで買うと価格が安いので、雑誌を買おう、と入店しようとしたところ、入店できませんでした。

 

FFP2マスクの着用が必要とのことでした。立体マスクの事ですね。


 

がーん、、持ってるのは医療用マスク、サージカルマスク?のみだったので入店できず。。立体マスクは日本の友達が送ってくれたものを使ったり、例の疫病が流行りだした時に会社が社員に配布してくれたものを使った事があった位で、使用経験回数が低いもので、個人的には全くもって頭の中になかったものでした。

 

ショックでした…しゅん、、としながら引き続き自転車で500m走ったら、そこはもうスイス、国境付近になじみのスーパーCoopがあったので入りました。マスク着用義務もなく、普通に入店できたので、たった500mの違いでこの差か...と。

居住国スイスに戻って来たかと思うと急に安心しました。聞こえてくるスイスドイツ語にほっとして、、

 

この感覚で過ごしていると、他国に行くのを躊躇してしまいます。

なぜなら、大事な基準を見逃してしまって結局入国できないなど、やらかしてしまいそうな不安があるからです。。

 

長くなったのでその②へ。

 

では~

アデー♡

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村