スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

こんなに切なくなるなんて...

以前、ブログのどこかで書いたと思いますが、また海外移住する事になったのでスイスを離れます。手続きも進み、本格的になって来た今...スイスを離れるのが...切ない!!

 

なぜ...!?あんなにも、どっかまた他の所に住みたいな~

スイスは良いところなんだけど、もうちょっと都会が、、都会が恋しい、などと思ってたからその通りになったんですけども。

 

えーっと、うちの近所にすぐに散歩にいける森があり、アパートの庭も村の植物があるところも美しい花々が植えられて綺麗に整備されて、鳥のさえずりは聞こえるし牛、ヤギ、馬、羊についたカウベルのカランコロンが聞こえたり、牧歌的なのにチューリッヒ中央駅辺り、という一応、街の中心まで割とすぐ行けたり。チューリッヒ劇場とかオペラハウスとか美術館、サーカス、プール、泳ぎにいける湖や川など私の大好きなものが小さな地域に詰まっているのです。。

 

街中に出かけても電車で15分~20分位で難なく家にも戻ってこれて、郵便物はミルクボックスに入れてもらったり、アパートの入り口に置かれていても盗まれたりしないし。。。物価は高いですがその分お給料も良いので、安い家賃のアパートに住む身としては結構好き放題の出費があっても自然とお金が貯まっていくありがたい状況で。。

 

こんなにも恵まれているのに、他のものが見てみたいと言ったばかりにその通りに、いや、願ったり叶ったりで最高やないか!という状況なのですが、今朝も近所をうろついて絶賛した後にチューリッヒ市内に行って、切なくなってしまいました...。

 

一応、駐在として行くので数年後にはチューリッヒに戻ってくる予定なのですが、いかんせん外国人夫婦、という事もありたぶん大丈夫だとは思うのですがEU人夫のスイスとEUとの移民法の変更などあれば、いくら会社から契約書があっても難しいものは難しいかもしれませんし...

 

いや、でも今回の移住先が気に入ったらそこに居続けるのもあり、とのことなのでどうなるかは分かりません。そもそも、私も日本での生活に大満足していて、離れる時はかなり寂しかったのに、ほんのちょっとだけドイツに滞在、との予定があっという間に今ヨーロッパ生活14年目で。。

 

本当に先の事が分かりません。

しかし、ひとこと今言えるのは、今の生活が好き...という事。仕事も好きな勤務形態でやらせてもらっているというのに。。

 

唯一スイス生活で嫌なのはほっぺにチューするフリの挨拶、ビズ、くらいかなぁ?と細かい事を言い出したら他にもありますが、ビズに比べたら全然まし、、、というかここまでまともな生活を未だスイスドイツ語もそんなに理解できてない私みたいな人間にさせてくれて、何てありがたいか。。

 

うう...何が言いたいのかちょっとよくわからなくなってきました。

あぁ、、そういえば美味しいスイスワインも今ほど簡単に飲めなくなりますね。。

 

でもライフステージで住んでる環境の良し悪しも変わったりするので、もしかしたらこの愛でている状況にあまり関われないライフステージに差し掛かると、スイス生活の不満ももっと出てくるかもしれないし...。

 

何にするにしても、自ら希望した事で願ったり叶ったりで、条件も非常によく移住できるのに、こんな感情が湧き上がってくるんだ!そうだった!そういえばそういうものだった!と思い出しました。

 

ドイツからスイスに移住するときなんて、ドイツの最後に住んでいた街が自分に合わなかったので、早く!早く出ていきたい!と思っていたのにも関わらず、好きなものも沢山あったので、それと離れるのか...と切なくなったものでした。でもドイツとスイスは隣国ですからね、、離れると言っても知れています。

 

うーむ、こんな感情、春先の明るい時に湧いてくるなんて。冬の暗い天気の時にドヨーンとしながら感じるならともかく。。

 

まぁでも、良いところに良い状況で暮らす事ができて恵まれているという事ですよね。

残り数か月は毎日、しつこいほど感謝しながらスイス生活を送っていきたいと思います😿

 

では~

アデー♡

 

 

 

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村