スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

義家族クリスマス会 滞在九日目

やっとメインのクリスマス会の話です。

いや、メインって事もないのですけども。。

 

集まったのは3家族のみ。

グリューワインのマシン?があったので、姪っ子ちゃんが大量に飲んでいて心配になりました。糖分がすごそう、、大人はそのグリューワインに赤ワインを足してアルコールを入れて飲んでいました。

 

ドイツの伝統料理を持ち寄りで食べたあとは、散歩に出かけました。

コロナ陽性で参加できなかった家族とオンラインでのプレゼント開けタイムが1時間後に予定されていたので、それまで時間を潰すべく、散歩です。

 

名前が分からないのですが、持ち手がついてるスケートボードを義妹から借りて、10歳の姪っ子ちゃんと一緒に平坦な道を猛スピードで走ってみました。

 

彼女からはスケートボードで出来る技などを教えてもらい、真似してみるも全然できない。ジャンプしたり回転したり、意気揚々と説明してくれました。

 

技か~ 何だか懐かしいなあ、と。

10歳位の時ってスケートボードで何とかかんとかなんて言うのは私の時代にはありませんでしたが、一輪車が流行っていたので、私も技的なものを練習してた気がします。

 

何で技ってあんなにかっこよく感じるんでしょうね。

特別感。ものすごいパワーが自分に与えられたような。。

 

散歩中には姪っ子ちゃん家族のお隣さんとその息子さんに出くわし、紹介されたので挨拶しましたが、妙に恥ずかしかったです。。お隣さんも一瞬戸惑ってました...

10歳の姪っ子ちゃんより小さい、謎の外国人女性に挨拶されてもって、、感じですかね。誰?みたいな。。一応、伯母?叔母?にあたるんですけども。。

 

室内が暖かかったので、散歩でしばしクーリング。

その後はプレゼント開けタイムです。

 

順番にサイコロを転がして、プレゼントを開けていき。オンラインでモニター越しに見た甥っ子はお目当てのプレゼント以外は魂を抜かれたような顔をしていました笑

分かりやすすぎる笑 私達のあげたプレゼントでも魂抜かれた顔をしていたので興味がなかったようです。難しいですね。

 

姪っ子ちゃん10歳にあげたプレゼントは喜ばれました、欲しかったものだそうです。

姪っ子ちゃん3歳にあげたバーニーズマウンテンドッグのぬいぐるみは大人たちが可愛い可愛いと騒いでいましたが、本人は全然興味が無さそうでした。。

 

その後は、姪っ子ちゃんのアコーディオン演奏と夫のピアノ演奏。

夫のピアノ演奏では姪っ子ちゃん達のために『アナと雪の女王』の曲を練習してきたかいがあり、伴奏で姪っ子ちゃん達が『エルサ!』と言って目をキラっとさせて嬉しそうに反応していましたが、夫は必死で気づかなかったそうです。

 

女の子たちが喜んでたよ、と後で伝えたら夫も喜んでいました。

なんたるWin Winシチュエーション!人を喜ばすって良い事ですね。

 

音楽演奏のあとは、私は誰でしょうゲームを行い、一回目は私はエリザベス女王になり、二回目はオノヨーコになりましたが、二回目はあてられませんでした。

 

義弟には私からデイビッドベッカムになるように、と提案したのですが、途中でサッカー選手だと気づいた彼に、何とか大会に出場していたか?とか何年に引退したか?と聞かれても誰もさっぱり分からず答えられませんでした。

 

サッカーにそんなに興味がないのよ、、、ごめん、と。

(義弟はサッカー好きです)

 

楽しい時間をみんなで過ごしたあとは、お開きとなりそこでドイツの家族にもお別れの挨拶をすることになりました。

 

次、いつ会えるんだろうね、と言いながら。

スイスなんてお隣の国だから簡単に行き来できそうなものなのに、何だかんだ1年のうちに2回行けたらラッキー、位なのは距離の問題なのか時間の問題なのか。

 

ちょっぴり切なくなるのは毎度の事です。

 

では~

またブログにお越しくださると嬉しいです。

 

アデー♡

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村