スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

逆走する時計

ある晩のこと、ソファーでゴロゴロしていたら、急に何とも言えない何かがこすれるような聞いた事のない音が聞こえてきました。

 

何事?!と思って辺りを見渡すも、何も起きておらず。。。外から?と外を眺めるも何もなく... 音の方へ耳を澄ませて近づいていくと、なんと壁にかかった時計が逆走していました。

 

短針が猛スピードで反時計周りに逆走している音が聞こえていたようです。

ぎゃー!と思って、別の部屋に居た夫を呼んで、ちょっとー!!時計を見てよー!!えらいこっちゃ、えらいこっちゃ!と。

 

夫もこんなの初めて見た!と驚いていました。

短針のみならず、長針も猛スピードで逆走していました。

 

ひ、ひぇ。。 一体何が起きてこんな事になってるんだ、と。

 

どうしよう、、時計が逆走するってことはバックトゥザフューチャー...じゃなくてバックトゥザバック、、という事は時が過去に... って事は私、若返っちゃう?!と思って、驚きながらも喜びました。

 

時計は逆走したまま、その晩を過ごし、次の日私は出社せねばならなかったので、時計の事はいつか止まるか通常の時計回りにもどるだろう、と思いつつ出かけました。

 

帰ってきて、在勤中だった夫に時計はどうなったか?と聞いたら、まだ逆走中、とのことでした。

 

あれまぁ~ と言いながら、修理せず、その後三日ほどそのままでした。

 

しまいには、私のスマートウォッチさえ時間表示をしてくれなくなり、スマホか時間表示をしてくれているラジオがなければ、時間確認ができない、という状況になりました。

 

時計表示なんてどこかにあって当たり前、と思っていましたがあるものが機能しなくなると時間が分からなくなって何の予定も立てられなくなるものですね。

 

時計ができる以前の人は外の空の様子とか、体内時計とか、外の動物の様子とか、さまざまなヒントを持って時間を知ってたんでしょうね。

 

とりあえず、逆走してる間は不気味だわ、と思ってたのですが私が若返ってる事にしておけば気分が良かったので、逆走時計を見てギャー!と思いながら、うふふ、若返ってる若返ってる🎵と少し楽しんでいました。

 

今でも、たまに逆走時の事を思い出して若返ってしまったわ、うわははは と喜んでいます。

 

時計の逆走ってどれくらいの頻度で起こるのでしょうかね。

もしかして一生に一度??

 

いや〜 びっくりしました。

 

トイレの水は止まらなくなるわ、時計は逆走するわ、で快適なお家時間が危ぶまれる日々でした。もうこれ以上のプチストレスはいりません。

 

www.do-sui.com

 

逆走時計話は以上です。

では~

また。 アデー♡

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村