スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

見覚えがあるような?

10代の頃に一時期好きだった、イギリスの歌手グループの映像を最近よく見ています。

主にYouTubeで。あの頃はすごく年上のお兄さんだと思っていた歌手の方々が、今見ると若くて可愛いピチピチの男の子に見える、という所が時代の流れを感じさせます。

 

あの頃の私にとっては格好良くて仕方なかったのに、うちの母は可愛い男の子たち、と言っていた理由がよく分かります。

 

当時の映像だけでなく、最近の映像も見れるので、もう十数年経った彼らの姿を見てみると、思ったよりもお兄さんがめちゃくちゃおじさんになっている風にも見えず...あれ?若いお兄さんだったあの時代から十数年経ったらおじさんなるのでは?と思ったのですが、さすが元アイドルだっただけあって、元が可愛らしいからなのか見られる仕事をしているからなのか、恐らく同じ世代の人々よりは若々しく見えます。

 

それでも年齢は重ねるので、目じりのしわとか、若い頃は上に引っ張られているようにはっていた表情も下に下がってきて、印象はマイルドになっていました。柔らかい印象です。

 

今の彼らの映像を見ていたら、何だか見覚えのあるような?気持ちになって、この既視感は何?と思ったら私の夫でした。

 

あれ?だいぶ年上だと思っていた歌手の彼らと私の夫ってもしや同じ世代?と思って調べたら5歳違いでした。なるほど...同じ40代だという事で、前半と後半じゃ違うかもしれませんが、10歳差とかじゃないので、目じりの皺や表情が段々マイルドになってきてるのが同じ部類に入ってもおかしくないな、と。

 

具体的な既視感、というのはたれ目な所と表情の堀が深くて眉の下が影になっている所が表情筋が下がってきて、さらにマイルドに見せてる、という所です。あと目じりの皺がウソみたいに同じ。

 

あの頃によく、この歌手グループの事が好きだったので、将来は外国人と結婚して国際結婚する、と言ってたんですが本当にそうなってるから凄いなあ、と。冗談だったんですけど。いつも外国の人とばかり付き合ってきた訳でもないし。

 

あの頃の外国に憧れてた気持ちの中で、外国暮らしをしたい、とは自覚してなかったけど、今思えばどこかで憧れていて、それが自然と今の外国暮らしにつながってるのかもしれません。なぜかイギリスには行かなかったんですけど、何で全然興味のないヨーロッパに!?と思ってたけど、どこかで憧れてたのかなあ。 いや、そんな事はないと思うですが… でもヨーロッパに関する書籍や芸術作品は嫌々与えられたので、その影響で情報は集まっていってたのかな、とは思います。

 

相変わらず昔の事を思い出すとタイムスリップ感が凄まじいです。

あの頃の気持ちを覚えてるんだもんな。

よくある事なのかもしれませんが。年を重ねるとタイムスリップするチャンスが増えて面白いですね。

 

では~

また。 アデー♡

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村