スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

スイス生活で心がけていること-会話編(ドイツ語)-

switzerland

 

スイスのドイツ語圏暮らしですが、引っ越してきてから私の話すドイツ語はドイツ人のドイツ語、と何度か言われました。

 

ドイツ暮らしを数年してドイツで学んだドイツ語なので当たり前の事なんですが、そんなに指摘をするほどのことなの?と思っていました。

 

今スイスに住んで数年経ちましたが、先日ドイツ人の同僚からの仕事の引き継ぎで1時間半電話し、聞きながら『この人、どうしてこんなに早口で抑揚もなくダダダーっとしゃべり続けるの?』と思ってしまいました。そして久しぶりに、ドイツから来た人のドイツ語を聞いた、という印象がありました。

 

スイスにあるドイツの会社で働いているので、ドイツ出身の人も多くて、ドイツからきた人のドイツ語は毎日常に聞いています、それなのに彼女のドイツ語に対しては懐かしさを感じました。

 

え、もしやスイスに移住してからドイツ人の話すドイツ語、と指摘された私のドイツ語もこんなだった?と思い始めました。

 

確かに日本語でも元々早口な方なので、気を付けてゆっくり話すようにはしてるのですが、早口なドイツ語話者の人に囲まれて生活している内は私も早口になって抑揚なくダダダーっとしゃべり続けていました。こ、これか...これの事を指摘されていたのか、、?!と。

 

他の日本の方も言っていたのですが、ドイツで学んだドイツ語でスイスに移住してきてドイツ語を話すと、結構伝わらない、私達外国人の『ドイツ風ドイツ語』が通じないようだ、と。

 

もしかして、抑揚のないダダダードイツ語そのものが既にスイスのドイツ語圏の人には伝わりにくいのに、外国人が外国語のアクセントでそれを喋るともっと分かりにくいって事か?と思い始めました。

 

それに気付いてからは、ゆっくり、抑揚をつけてはっきりと大げさにドイツ語を話しています。ドイツでも私のつたないドイツ語では身振り手振りでおおげさに話した方が伝わるのですが、それにしたってもうちょっと普通に会話できたよな、と思います。

 

スイスでは少々通じなくて、二度説明することは結構あります。

その度に、ゆっくり、はっきり、分かりやすくはなしています。

 

それで今回、こういうのを無意識にやっていたんだな、無意識に心がけていたんだな、と気づきました。

 

逆に、ドイツでこういう風にゆっくり分かりやすく話すと、ドイツ語が分からない外国人扱いを受けて嫌な思いをした事があるので、押しの強いドイツ生活ではこちらが会話の主導を握るように早口でダダダーっと喋ってたんだと思います。

 

スイスではそれをやると通じにくいので、ゆっくり、分かりやすく。

 

もちろん、スイスで習った標準ドイツ語なら早口でも通じるとは思います。

スイスドイツ語コースに通っていた時に、スイスで標準ドイツ語を学んだ、というイラン人の生徒がいて、彼の標準ドイツ語はまさにスイスドイツ語圏の人が話す標準ドイツ語でした。あの感じだとリズムと抑揚がスイスドイツ語から標準ドイツ語に変換されたんだな、と分かりやすいので伝わりやすい気がします。

 

些細な事なのですが、日常のコミュニケーションを円滑にするために、少し心がけていることです。前述したように、ドイツに戻ったら割と早口でダダダーっと話す事も心がけています。(あとドイツに居る人相手の電話なども)

 

あと、ほかに大事なのは丁寧に、少しにこやかに話すこと。これは日本人にとってはそんなに難しいことはないと思います。人にお願いをするときもKönntest du bitte (英語だとCould you pleaes 的な)  Dürfte ich (英語だと Could I 的な)を普通に多用します。日本語だと『〜して頂けますか、的な』ドイツでこういうのを多用しすぎるとちょっと引かれるので、どうしてものお願いの時以外は割とBitte...(英語だとPlease) Schreiben Sie bitte...(英語だと書いて下さい、的な)と『お願いします』とこちらの要求をさっさと投げつける方が一般的な気がします。

(もちろん、相手、立場、状況、によって調整は必要です。)

 

以上、スイスドイツ語圏での会話でちょっと気を付けていることでした。

 

では~

 

アデアデー💛

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村