スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

白髪とシミでタイムスリップ

time


数年前から白髪が少し出始めたんですが、30代半ば位からですかね。最初はたまに、位だったのが段々と数本の白髪があるのは普通、に変わりました。

これがもっと増えていっていずれ真っ白になるのかな、と思っています。人によっては一部だけ白い人がいるのでどうなるのか自分が高齢になるまで分からない。

 

でもこちらの人は、特にスイスの周りの女性は20代や30代から白髪の人が結構います。

友達は30代前半でほぼ真っ白になったのでもう諦めた、と言って逆に斬新な染色がしやすいので時々ピンクや緑や青にして楽しんでいる、と言っていました。

 

そして白髪になっても染色せずにそのまま、という40代以上の女性も多いです。ドイツではここまで白髪の人を見なかったので、みんな染めてたのかな?それとも国が違うので体質の違いなどがある?のか、疑問に思いますが答えは知りません。

 

それで、若くして白髪になった人を見ながら、『なるほど、たとえ自分の髪色が好きだったとしても早々にお別れしないといけなかったのか。という事は白髪が少数派の私の髪の毛はまだまだ自分の髪色を楽しめる時期にあるということか。』と理解しました。

 

そう思うと、若い頃は金髪とか明るい髪色にしたり、緑や青にしたりしていましたが、今は本来の髪色を楽しんだ方がいいのだな、と思いました。ずっとあるものだと思ってたけど、期間限定なのね。

 

そう思ってからは、鏡で自分の髪色を見る度に、ああ何て真っ黒で、漆黒の黒で美しいのかしら、とうっとりしています。ちょこちょこ生えてくる白髪を見て、わ!真っ白!基本は真っ黒の髪の毛の中にこんなに真っ白の、コントラストの強い白い髪が出てくるなんて!と感動していました。

 

しかし、ネットなどを見ると白髪に関しては割と悲しめの印象があるので、逆になぜ私は白髪に対して良い印象があるのだろう、と考えました。

 

小学生の頃に遡る話が由来です。今の私と同じ年齢位の母に、今の私と同じ位の白髪の量があったので、ピンセットを渡して抜いてくれ、と言われたことが何度かありました。言われた通りに抜きました。その時に、子供心に何となく白髪をかっこいいと思ったようです、そして自分にはないものだから憧れたようです。同時にお母さんとの時間だったから嬉しかったのかもしれません。今思うと母は割と忙しくしていたし、私も甘えるのが上手な方ではなかったので。

 

なので、どこかで白髪があればお母さんみたいになれる、と思ったのかあの時の柔らかくて気持ちいい時間を思い出せる、と思ったのか。。寝る前に柔らかくて気持ちいいパジャマを着て、布団の上に寝っ転がるこれまた柔らかいパジャマを着た母の白髪を抜く、という。ふわふわで暖かい記憶。

 

母は小学生の娘がいたので、後ろの髪の抜きにくいところなど抜いてもらえたのでしょうが、私は合わせ鏡で自分で抜くしかないので難しいです。夫に頼んでみましたが、不器用極まって、白髪を掴むことすらできない。。。く、くそ!こんな時に小さな子が家にいれば!!など白髪抜きの為だけに子供を必要とするという、なんともヒドイ想像を...一瞬むなしくなりました。


シミに関しても同じように、割とポジティブに思っていました。初めて自分の顔にシミを見つけた時は喜びました。それでも、世間ではシミを消すためのものなどが沢山売っているので、シミで喜ぶのはやっぱり例外なのか、と。これについても子供の頃の経験が由来です。化粧をしている母の顔を見ていると、お母さんは若い頃にシミの対策なんて全然しなくて、好きに遊び回って沢山日焼けをしてちゃんとケアをしなかったから、顔がこんなにシミだらけなの、あなたは年頃になったらちゃんとケアしてね、と言われたのでした。

 

ふーん、と聞いていましたが私はシミが沢山ある母の顔を見てなんてカッコいいだろう、と思っていました... ファンデーションでシミが隠れるのを見ると、むしろシミが隠れてしまったから残念だと思っていました。

たぶん自分にないものだからカッコいいと思ったのだと思います。そして、何だか生きてる証、というか時間の経過で得られるものだから人生を生きてる歴史の一部、みたいな。生きた証を見せれるって何てカッコいいんだろう、と思っていました。

 

なので、日に日に増えていく自分のシミを見ては、喜んでいました。でもファンデーションを塗ってしまうとシミが隠れてしまう、こんな残念な事はない!と思い、元々ファンデーションは苦手なので結局、化粧下地だけ塗って、うっすらシミが見える状態にしていました。

 

最近になって、若い人々のメイク動画などを見ると、化粧下地の後にコンシーラーを塗って、なんとその後に自分のそばかすの上にアイライナーなどで点を付けてるのを見つけました。コメントで、せっかくの私のそばかすが見えなくなるのは残念だから、と言っていました。なるほど!ファンデーションを塗る場合はこうすればいいのか!と思い。

 

でもよく考えたら若い人のそばかすの可愛らしさと、年を重ねて得るシミでは印象が違いますね。。でも私は人様のシミも素敵だな、と思いますけども世間では少数派意見なのです。

 

こういう感じで、自分の白髪とシミに触れる時はタイムスリップしたような気持ちになります。小さかった頃の自分の気持ちを思い出せるのに、今はもうその十数年後。一瞬、数十年前に戻った気持ちになるのでタイムスリップみたいなものだな、と思って。

年を重ねれば重ねるほど、昔の思い出が増えて、その時の感情を思い出すので、その度にタイムスリップするんだな、と思います。年を取るとタイムスリップ機会が増えるから面白いな、と思うのですがもっと年を重ねると今思ってるのは違う事を思うかもしれません。

 

白髪とシミについては昔の思い出のおかげでポジティブな印象なのですが、顔のたるみとほくろみたいなぼこっと大きくて黒いシミについては嘆いています。

これにはただ単にいい思い出が無かったので、単純に年と共に以前あった体の状態でなくなる事にショックを受けています。

 

でも同時に、生まれてからずっと同じ体でここまでやってきたのか、凄いな私、という想いと赤ちゃんの頃の記憶も子供の頃の記憶も学生の頃の記憶もあって、そこに一瞬でタイムスリップする事もできる、そして今の私も体験できる、という一石二鳥以上の経験に感動したりもします。

 

子供の頃に分からなかった大人の感情やものの見方が分かるようになることにはやはり感動します。ずっと同じ私の中に色んな要素が増えていく、そして人生は有限でいつか最後がくるので、それまでは色んな要素、思い出、感情が増えていくんだなと思うと余計に自分の事そのものが貴重に感じられます。

 

ただ、久しぶりに会った人が年を重ねて以前とは違っていくのを見ると切なくなることはあります。家族については泣くほど悲しくなる時はあります。好きで外国暮らしをしているのに、それを選んだ事によって一緒に過ごす時間が減って、久しぶりに会うとその時間を如実に感じます。私の選択はあれで良かったのか、と悩んだりもします。罪悪感も感じます。でも自分のしたい事を出来てる時点でラッキーなんですけどね。。。でも悩む、の繰り返し。たぶん一生この感じだと思います。どちらの気持ちもあって、時々開き直ったり、時々落ち込んだり、ごく普通の人の感情模様だと思います。どっちの感情があっても他の感情があっても良い。

 

でも、久しぶりに会った友達が年を重ねてる姿を見て、ああ何て素敵なんだろう、と思うことも多いです。長い間会わなかったけど、時間が経ってお互い変わっても友達でいてくれる、私の知らない間に色んな事を経験して、そして同じ時代を生きてる、そういう事を感じるので時間の経過を感じる為には必要な、見た目の変化なのかもしれません。

 

このように、私は年を重ねる事に対しては子供の頃から割とポジティブに考えています。特別な体験だな、と思って。今まではこう思ってますがもっと時間が経てば違うように思うかもしれません。でも今の所はタイムスリップでゾクゾクするので結構好きです。

 

では~

 

またブログにお越しをいただけると嬉しいです。

 

アデー♡

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村