スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

パン粉の妖精

IMG_0446 1

 

パン粉が欲しいな、と思って近所の大きめのスーパーに行ったんですが売り切れていました。うちの近所のどのスーパーにでも置いているものではなくて、ちょっと大きめのスーパーに行かないといけないのです。探していたのはこれ↓

 

https://image.migros.ch/2017-large/49d98acfed067864f1da39cce44e587ccc07ff7b/saitaku-panko-breadcrumbs.jpg

画像引用元:

Saitaku Panko Breadcrumbs | Migros

 

仕方ない、と思って諦めて二日ほど待っていました。また入荷するまで待とう、と。でも二日後に行ってもありませんでした。

 

うむ...このままではパン粉を入手する事はなさそうだ、と思ったのでチューリッヒ中央駅まで行った時に、ついでにアジアショップによって買う事にしました。

 

店内に入って、確かこの辺にあったよね~ と思いつつ、目ぼしい棚に近づいていったら二社のものがありましたが、どちらも1キロ。パン粉を1キロって... え?と思って日本で売ってるような150グラム入りの物なんてないのかしらん、と探したのですがその日は見つかりませんでした。

 

1キロか...お米ですらキロ買いしないのに、パン粉をキロ買いって...(-_-;) と少し悩み。。1キロ=1リットルか、1リットルの水ならたまに買って買い物袋に入れて帰るしなぁ、それと同じようなものか。。パン粉は柔らかいからペットボトルの固形のものを運ぶよりかは気持ち軽く感じるかもしれない、と良いように言い聞かせて購入しました。

 

買い物袋に入れてみましたが、やはり思い。。

そういえば綿を1キロと鉄と1キロどっちが重い?みたいなの、昔聞いたことがあるな、と思い出しました。当然、どちらも1キロと同じ重量なのでどちらも同じなんですけど、やっぱり鉄の方が重そうなイメージですよね。それと同じでパン粉のさらさら感にフォーカスすると軽く感じるかも、と期待したのがダメでした。

 

お、重い...と思いながら家に帰りました。

実際のところ、スーパーで買い物したらもっと色んなものを買うので優に3キロ越えの買い物袋を運んで帰ったりしてる訳なんですが、パン粉1キロに焦点を当てすぎて、無意味に悶えてしまいました。

 

帰ってきてからパン粉を使って料理をしました。

サクサクして美味しい!次の日も無理やり、パン粉を使って料理をしました。サクサクして美味しい!癖になりそう!パン粉最高!パン粉を発明した人に幸あれ!(たぶんもうご存命でない?)パン粉は日本の誇り!

 

というテンションでいましたが、1キロ買いしたパン粉はなかなか減りません...

キッチンの目につくところに置いておかないと存在を忘れそうなので、置いているのですが…。 なんか、、大きい。パン粉というより枕?枕の中身として使ったらいいんじゃない?みたいな気持ちが湧き上がるほど。

 

うーん、パン粉が減らないなぁ~ 困ったなぁ~ 

どーしようかなー うーん、パン粉の妖精がやってきてパン粉をどうにかしてくれないかなぁ~ と思った所で、自分に突っ込みを入れました『え?パン粉の妖精って何?』

 

パン粉の妖精って何?

何者?

イメージ的にはピーターパーンに出てくるティンカーベルみたいな可愛い妖精がステッキを使ってパン粉をパラパラとパン粉を必要な人に振りかける、という感じです。。。

 

本当に意味不明な想像なんですけども、こんなにパン粉が余ってるなら世の中のパン粉が必要な人の所にいきわたって欲しい、と思ってしまいました。

 

近所に貧乏学生などが住んでいようものなら、タッパーにパン粉をこれでもか、と詰めておすそ分けしたい位です。でも貧乏学生はパン粉を使った料理は場合によっては手間とお金がかかるかもしれないので、やらないかもしれませんけどね。。

いや、そもそも貧乏学生って誰やねん、という所でもありますけど。

 

どうにかパン粉を消費できないか、とパン粉を大量消費、というレシピ集をネットで見ましたが全然消費できてる量ではなかったです…

大家族だと揚げ物をするとパン粉が一気になくなる!みたいなのも読んだのですが、全然大したパン粉の減り具合じゃなかったので、ちょっとした絶望感を味わいました。

この育ちざかりの子供達ですらパン粉をそこまで消費しきれてないのか...と。

 

パン粉がない時は、パン粉の夢を見ていたのに、一度こんなに大量に入手しちゃうとちょっと困り物です。

 

どうにか出来ないでしょうか。

一応、揚げ物でパン粉を使うとたやすく太ってしまうので、オーブンで焼く料理に使って消費活動に励んでいます。

 

パン粉も昔からヨーロッパにあるものでなくて、数年前にドイツで初めてオランダから来たパン粉を見た時は大喜びしたものです。前はもっと珍しくて知らない人も多かったのに、今ではよく知れ渡ってるのか、普通のスーパーでも買えるようになりました。

ありがたい、ありがたすぎる...しかし大量にあるとなかなか大変。。

 

では~

またブログにお越しいただけると嬉しいです。

 

アデー♡

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村