スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

その④ 再び!スイスで就職活動

 


 上の投稿の続きです。

 

以前、勤めていた会社に、自分の就労希望条件を書いたメールを送信した後、またお腹が痛くなってきました。頼むから断ってくれ。。と思う、というよく分からない裏腹感情。

 

数日してから元上司から連絡がありました。希望を詳細に提示してくれてありがとう、スーパーバイザーと人事と相談します、との事でした。そのメールを見てもお腹が痛くなる。頼むから断ってくれ。。とまた思ってしまう、、という。

 

数日経って、スーパーバイザーの許可が下りた、との連絡がありました。その数日後に人事からの許可も下りた、とのこと。一度電話で詳細を話したい、と言われたので『ぎゃあ!もう嫌だ!』と思いながらも電話に出ました。気になっていた事などを質問して...一晩寝てから返事します。と言って、次の日に返事をしました。

 

また働きます、、と。

 

で、こんな返事をしながらも、頼むから何か事件が起きて断られたい、と思っていました。しかし就業開始日近くになっても何の連絡もないので、どうした事かとこちらから連絡したら慌てて人事から契約書と最初の出勤日の会合時間指定の連絡がありました。

 

これはもう、腹をくくるしかない…と契約書にサインして返信して、『はい、これで私は再びあの会社の労働者。』という気持ちで出勤日まで過ごしました。当日は人事と会ってラップトップや会社のキーや備品を受け取る為に遅め出勤だったので、ゆっくり電車に乗って、知ってる景色を見渡して...お腹痛い。この期に及んで行きたくない、という気持ちしか湧いてこない…辛い。。と思いつつ会社に到着しました。

 

人事から備品をもらった後に、知っているオフィスに行くと...

何と知らない人だらけ。ビックリしました。

部署内の半数位が新しい人になっていました。そして私がちょっぴり苦手だと思っていた人たちは皆、在宅勤務になっていました。

 

基本的には今は在勤ができる会社は例の疫病の影響で在勤を義務付けられているのですが、入社したばかりの人は業務の引継ぎ時期だけは出社、という事でオフィスに見知らぬ人が沢山いたようでした。

 

そして、結構お互い助け合っていた元同僚がチームリーダーになっていました。

これは…働きやすすぎる!苦手な人とはあまり交流がなく、絡みやすい人が上司になってるって、最高じゃないか、、と。

 

前から知ってる同僚は忙しそうでしたが、皆前よりも優しくなっている印象です。

新しい人が入って雰囲気も変わったのでしょうかね。

人員不足で呼ばれたので、全然ひとが足りなくて皆わたわたしてるのかと思いきや前よりも従業員は増えているし、何で私が呼ばれたんだろうか?とちょっと疑問には思いましたが。。仕事内容が妙にややこしいので慣れるまでに時間がかかる、というので勝手知ってる人にちょっとでも助けてもらえると助かる、てな事でしょうか。

 

ただ、元上司からの最初のメールには3~6か月だけヘルプで来てくれないか、と書かれていたので契約は1年のみです。そこから延長される事はあるのか?と聞いたら最初の予算に組み込んでなかったから何とも言えない、と言ってたので延長されないかもしれません。正直、自分でもどうしたいのか分かりませんが今のところここまで完璧な希望していた労働条件には他で出会えなかったので、一年がんばって働きたいと思います。

 

あと、契約書をもらうまで知らなかったんですが100%で働いて年間の有給が25日に対して、60%勤務なので私の有給日数はそこから60%だけになってしまうようでした。

それは知らなかったので結構ショックでしたが…。残業で休暇日数は増やせるし変な時間に会議などがあるので、それで残業は自然と増えそうだな、と。

いずれにせよ在勤だと遅くまで会議があっても、その後電車に乗って家に帰って、と時間の事を気にしなくて良いので楽です。

 

このように再びのスイスでの就活は前の会社に戻る、という形でおさまりました。

コロナ時期の就活や職安とのやりとり、周りの就職や失業についての話については別途また投稿したいと思います。

 

ではまた~

またブログにお越し下さると嬉しいです。

 

アデー♡

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ


---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村