スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

フランス語学習84時間目の成果

このブログでも度々書いていますが、オンラインレッスンでフランス語学習をしています。(関連記事はこちら↓) 

 

 

1レッスンにつき1時間で、今はA1の終わり近く、今日で85時間学習済みです。

これが100時間になると私の参加しているオンラインレッスン(Lingoda)では晴れてA2に上がれるようになります。

 

84時間学習した後に、数か月ぶりにスイスのフランス語圏へ行きました。

前回のフランス語圏滞在の後から始めたフランス語学習、成果のほどはどうなったのか。

 

まず、駅について有料トイレにいきたかったので入ってみましたが、小銭がないと自動改札の様な入り口を通れないようでした。

 

お札しか持ってなかったので、両替機を探したのですが設置されておらず、小さなカウンターでどうやら両替ができるようでした。ちょっと緊張しながらカウンターに行ってお札を出して、継はぎのフランス語で『両替できますか』と聞いたところ両替してもらえました。

 

これは正直、私のフランス語がどうのこうのではなくて、両替カウンターでお札を出したから通じただけだと思います。

 

その後、どこのお店も閉まっていたので人のいない街を散歩しながらトルコのケバブ屋さんにて注文することにしました。またちょっと緊張しながら、『ボンジュール、メニューBをお願いします。』と言ったところで、注文はこの紙に記入してね、と紙を渡されたので、食べたい肉の種類、ソース、その他を選んで渡しました。

 

ここで、この紙を渡した時点で全ては完了したと思い込んでいたら、店員さんがフランス語で何やら質問してきました。え?と言う顔をしたらもう一度質問してくれたのですが、その時に聞き取れたのが『フリッ』という単語だけでした。

 

あ、たぶんケバブの中にポテトフライが既に入ってるのに追加で注文するのか?と聞かれてるのかな、と思ったのでそれを夫に説明したら、夫が謎の言語で追加のポテトフライはいらない、的な返答をしていました。

 

その後も、何か質問されたのにさっぱり分からず。夫は理解したらしく、スペイン語で返答していました。これもそもそもおかしい...けれど伝わってるからいいのか。

 

最後にドリンクでコカ・コーラゼロを頼んだら、また店員さんに何か質問され、私も夫も分からないのでポカーんとしていたら、もう一度フランス語でゆっくり説明されて、聞き取れるのは0.5と9という数字、あと33という数字...はて?と一瞬考えて、もしかしてセットメニューの9フランを払ったら0.33㎖のコーラだけど、0.5㎖だと9フランを上回る、と言ってる?と思ったので『9をお願いします!』と言って事なきを得ました。。

 

ふぅ... こんなにもフランス語のみで質問されまくるとは思ってなかったぜ、と汗をかきそうになりました。

 

もうちょっとマシな展開を期待していたのですが、それでもオンラインレッスンで最初に自己紹介しろ、と言われてその後もいろいろ質問されるし、最初のレッスンから発言を結構させられるので継はぎでも何かを躊躇せずに言う癖、分からなくてもちょっと考えて予測して答える癖が付いたようです。

 

ケバブを受け取った後は、『良い一日を。』と言って去りたかったのに、それも咄嗟に出てこない…ちょっと考えてるうちに『良い日曜日を。』と言われてドイツ語だったらすぐに『ご同様に!』と返せるのに、フランス語ではさっぱり分かりませんでした。

 

今調べたら、merci pareillement !

というのが出てきたのですが、これで合ってるのでしょうか?

 

レッスンで習ったものは分かるけれども、習ってないとさっぱり分からない、という点について強く実感させられました。

 

レッスンで色んな国の人と一緒に学びますが、フランス語圏に住んでいる人の語彙力はやはり多いし、フランス語圏に住んでいなくても一生懸命学ぶ人の話を聞くとレッスン以外にも別途のテキストやスマホのアプリ、フランス語の番組を見るなどしている、と言っていました。

 

という事は、レッスン以外でフランス語に触れることが、語彙力強化への当たり前に最低限必要な方法。私はフランス語の番組をドイツ語字幕で見る、というのはありますがそれで語彙力を増やすという事は今の初級レベルでは難しそうです。

 

テキストは何冊か持っています。しかしモチベーションが...

机に座ってフランス語学習用のテキストを開いて学ぶ自分が想像できない。。

あれ?フランス語学習のモチベーションって何だったけ?スイスのフランス語圏で旅する時や美術館、博物館の展示を理解、あわよくば学芸員さんに質問、とかそういう事だったな。

 

こういう事が気楽にできたらいいのですが、しんどいのは嫌なんです。

楽しーく のんび~り うふふふ~ という感じで気が付いたらフランス語のレベルが中級になってた!というのが希望なんですけど。

何かいい方法、ないですかね。

 

うげぇ...と思いながら学習するのは嫌なんです…

なんせラクして、ぼーっとしながら楽しく生きていきたいので。

 

どなたか、秘策があれば教えていただけませんか?なんて。。(他力♪ 他力♪

 

では~!

 

またブログにお越しいただけると嬉しいです。

アデー♡

  

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村