スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

女性的な何か

ふわふわ

 実は先週から冬季鬱のせいと今のロックダウンと未来に対して、起きてもいない事を憂いて鬱々としていました。

 

元からロングスリーパーなので睡眠時間は長いのですが、最近は毎日9時間ほど寝ていて、それでも起きてもずーっとダルい、という状況でした。

 

雪が降って辺り一面が真っ白になっている間はまあまあ元気が良かったのですが、朝方雪が降っている日は起きたらとにかく気だるい、しんどい。いつもだったらオンライン学習に9時から取り掛かって、語学レッスンで爆笑して、その後に掃除して、買い物に行って、とやっているのにそれもできない。

 

去年からの事を考えていて、生活が激変したのは私個人のみならず皆さんそうだと思います。皆が同時にやってる事だし、やらないといけない時期なんだからやるしかないわな、仕方ないわな、と淡々と黙々と。

感染しないにこした事はないし、人に感染させないようにウィルス運び人にならないように、というモットーのもと淡々と。

 

スイス生活は去年すぐに在宅勤務に切り替わった夫婦二人の生活が中心で、日本の家族には当然のことすぐに会えないし、ドイツの家族にも一度夏に会ったのみ、でした。

 

去年の二月頃からドイツとスイスの友人知人や家族が感染した話をちょくちょく聞き、初期の方はそんなものが流行ってると知らなかったから広まった、旅先や職場での感染、後半になると気を付けても感染するのは職場と学校、プライベートな会合、という感染経路について聞いていたので、じゃあ出来るだけ夫婦以外の人とのマスクなしで数時間同じ空間で喋るというのを避ければいいのか、と思ったのでそうしていました。

 

それでもスイスで友人に会ってはいましたが、誰かに会ったらその後最低二週間は誰にもプライベートな会合で会わない、実際のところ一か月の期間を開ける、とやっていました。 無心で、です。淡々とやってたんです、これが多分ベストなのだろう、と思って。

 

で、先週の事です、夫以外の人にプライベートでお喋りするような事がなくなり二か月経って、ついにおかしくなってきました。

 

合間に旅や日帰り旅行に出かけてるので、全然ひととの接触がないわけではないし、気分転換もできてると思ってたんです。でもよく考えたら、店員さんと話すと言ってもちょっとした質問をして、はい、終わり、で夫以外とは誰ともまともな『会話』をしていなかったんです。

 

外出も大好きだけど、家にずっと居てぼーっとするのも好きだから自分は大丈夫、と思ってたんですが冬季鬱が加わるとダメでした。

 

先週は二か月ぶりに、友人に会いました。それでかなり元気になったのに、その後に次はいつ誰に会えるのだろう、と考えたらたぶんまた一か月半後...

 

いや、これが太陽の出る時期なら耐えられるけど、通常の生活でも冬は気落ちがひどいのに、これはまずいぞ、と思い始めました。でもプライベート会合は減らさねば、、と考えれば考えるほど鬱々としてきました。

 

そして今日、婦人科の定期健診に行って女性の先生と少し世間話をしたんですが、驚く事にそれで元気になったんです。

薄々気づいてはいましたが、女性的な何か...が私には必要だった。

夫との会話も別に悪くはないけれど、女性(同性)的な雰囲気での何気ない会話に飢えていたようです。別に男性が悪い、とかそういった事を言ってるのではなくて自分の通常の生活に定期的に女性の友人に会って、他愛もないことを話して、その服可愛いね、とか近況を聞いて、がんばってて凄いね、とか相手のすばらしさを褒めるとか、どうでもいい事で爆笑するとか、そういった事が自分の精神バランスをとるのにかなり重要だったんだな、と気づきました。

  

一度、外国に住む日本人の友人と電話で話した事もあって、その時にも元気にはなったのですが、電話自体が苦手なので直接ひとに会う事の方がどちらかというと元気は出やすいかと。

 

こうやって調子が悪くなったのにはまた別の理由もあって、冬季鬱が原因で体がだるいからいつもやってる散歩にも出ない、筋トレもしない、ストレッチもしない、と負のスパイラルでした。日本に居た頃は冬の間も太陽が出るので、数日家の中にこもりっきりでも大丈夫だったのですが、こちらの冬はずっと天気が悪い日も続くので、個人的には日本での生活と同じ事をしたら病みます。

病むというのを自分の経験上知っていたのに、それについての判断力までも鈍っていました。

 

今日、病院に行って久しぶりに朝から外に出たのと人と喋って元気が出たので、やっぱり無理やりにでも外に出て散歩はせねばいかんな、と思いました。

 明日から、無心で近所の森の中を散歩したいと思います。

 

当然のこと私より過酷な状況の方からしたら、何を甘ったれたことを、という感じだと思いますし客観的に自分の事を見てもそう思うのですが、今は甘ったれながら自分がどう反応するか、という自分を知りたい実験の最中でして。。それが上手くやってるつもりが一気にバランスを崩した、というまた別の視点から見るとただ実験結果がこのようになった、というだけという話でもあります。 

 

冬季鬱を連呼してしつこいですが、それでも最近は春に鳴く鳥の鳴き声も聞こえてくるし、色鮮やかなオランダのチューリップもたくさん販売されているので、春の足音は近づいているんだ、あわよくば早めの春(というか太陽の出る時期)がやってくるのでは?と期待を寄せています。

 

冬のお天気が苦手な方、おられましたら一緒にあと数か月がんばりましょう。

あともうちょっと!

 

ではでは~

アデー♡

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村