スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

唐揚げ弁当

Karaage

最近ふと気づいた事なんですけど、インスタグラムで日本在住の方が作った美味しそうな和食画像を見ても何とも思わなくなりました。

 

以前は、次に帰国した時にこういうのを食べたいなぁ~と思ってたので未来に対する喜びを感じながら見てたのに、最近は次にいつ帰れるのかも分からないし、という感じで何とも反応しなくなってしまいました。美味しそうだな、とは思いますが『間もなく実食できるぞ!』という期待感が無く、ただ美しいものを黙々と鑑賞するのみ。

 

そうはいいつつも、今年に入って、『唐揚げ弁当』のハッシュタグをフォローすることにしたので、ありとあらゆる唐揚げ弁当画像がよく目につくようになりました。

自分で作って食べればいいのでしょうが、キッチンとリビングに仕切りがない家であまり揚げ物をしたくないのと、一緒に美味しいね!と言いながら食べれる人がいないので楽しくなくて、ついつい、じゃあ作る手間を省いて市販のものをさくっと入手できるならいいけれど、作っても喜びが少ないんだとあまり進んで作りたいとも思わない…と自分では何もしていません。

 

美味しいものってその気持ちを他の人と共有できたら個人的には幸福度が上がるのですが、そうじゃない人もいますよね。一般的にはどうなのかな。あと、お弁当箱に入った良さも分かってくれる人と一緒に食べたいんです。蓋を開ける時のわくわく感もポイントだと思うのですが…

 

そして、食べ物とは別の話になりますが以前は海外の画像や映像を見たら、ここに行ってみたいな、という気持ちと共に未来に対する期待感があり、間もなく行けるという実現可能な気持ちもじわじわ湧いてきたのに、最近は何とも思いません。

 

今興味があるのはブラジルとデンマークとボルネオなんですが、前は次の長期休暇で行けるかも!と夢を見ることができたのに今はまるで遠い遠い世界の様で、まさか自分がいつか行くことになるなんて、という感覚です。デンマークなんてお隣のドイツを挟んで、その隣の国でスイス移住前にもキャンプをしに行った国なのに、遠く感じます。

 

まあ、こんな情勢なので仕方ないのですが、この状態が続いていくと人は自然と諦めるという事を覚えるんだな、と思いました。下手したら、また以前のように自由に海外旅行に行けますよ!と言われても今の生活が習慣づいて、『いや、もう前みたいに旅行したいとも思わないんですよ。家の周辺で新しい娯楽を見つけたんでね。』となる人もいるのでしょうし。

 

環境に生き方を左右されるのは誰しも生まれもって経験することだし、最低限の人生のベーシックプランに組み込まれてますけど世界が一斉に同時に経験するって、もしかしたら人類史上初?!なんて素人考えが浮かびます。いや、そんなことはないか...

 

以上、実現できそうな夢を見なくなった話でした。

逆に思いっきりあり得なさそうな妄想をしやすかったりするのかもしれません。

ちょっと試してみます。

 

ではでは~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村