スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

ドイツニュースの各国特派員ファッション

news

 

家で夕方テレビを見ている時、主にドイツのニュース番組とスイスのニュース番組を見ています。コロナ対策の更新情報がある時は、オーストリアもすぐに行ける隣国なので、オーストリアのニュース番組も見るようにしています。

 

ドイツのニュース番組を見ていると、ドイツ以外の国に関する大きな出来事がある時は、特派員かジャーナリストか、とにかくその国担当の方がマイクを持って状況を説明されます。

 

それを見ていて気付いたのですが、その国っぽいファッションになっている、という事。当たり前と言われればそれまでなのですが…

 

例えば、イギリスの女性特派員の方のファッションが、柄物のたぶんフォームがAっぽい形の可愛らしいワンピースにピンクや山吹色と言ったはっきりした色のカーディガン、そして髪型は前髪がある、という。その方の好みだけなのかもしれませんが、イギリスではそんなに珍しくないファッションで、ある一定の層からは好まれるものだと思います。柄物のワンピースにカーディガン、うん、イギリスのファッション系のショップでよく目にする。

 

そして、フランスの女性特派員の方のファッション、質の良さそうなシンプルなシャツにこれまたさり気ないけど質の良さそうなたぶんシルクのスカーフに、首元には大きめのネックレス。髪は無造作な天パ風に真っ赤なリップ。

この、選ぶ色味が奇抜じゃなくて、シンプルで、でも小物でところどころにアクセントを出して、髪が無造作、これも私見ですがフランス語を話す女性でこういった方を本当によく見かける気がします。

 

これに対して、髪を綺麗にセットしているのがアメリカの女性特班員。とにかく髪が綺麗な形を保たれている。一本一本が綺麗、というよりもフォームが一定。そしてアイメイク、というか暗めのアイシャドウ。服装は質の良い、高額そうなビジネスライクなコート。で、たまに強めのアメリカ英語アクセントが出てくる。

 

どの方もドイツ語で流暢に話されているので、元はドイツの方なんだと思います。

でも外国で暮らしている内に、そこのファッションの傾向に馴染んでいくんだろうな、と。

 

私もドイツに居た頃は、ウィンドブレーカーを着て出かける人があまりにも多いので私も買おうかかなり悩みました。むしろウィンドブレーカーを持ってないなんて...位の印象でしたが。あと、あまりにも女性らしさが出るファッションは場所によっては誤解を招く(詳細は…思い出したら腹が立ってしまうので省きます)ので、気にしたり。

 

スイスに来てからは、割とチューリッヒ市内のファッションと私の好みが合っているのか年齢問わずワンピースを着ている女性が多いので、私も同じような恰好をしている気がします。でもこれは元々の趣味だったので、どちらかというとそっちに合っていただけ、なのかも。

 

そして、この感じで日本に帰ると日本の家族からは『わ~ 外国暮らしをしてる日本人って感じね。』と言われます。メイクもファッションも、目つきも話し方も、そりゃ日本っぽさは抜けていきますよね。。自然と。郷に入っては郷に従う、と思ってなくても自然と住んでる場所に馴染んでいくのかもしれません(一部例外を除いて)。

 

以上、報道内容よりファッションを気にして見てしまう話でした。

 

全て勝手な私見ですので、テキトーに読んでくださいませ。

 

ではでは~

またブログにご訪問いただけると嬉しいです♡

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ