スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

マスクの経験値

Hands in gloves hold a globe in a medical mask. The concept of the fight against coronavirus in the world

 

ドイツではマスク着用が義務化されてると聞いて、マスクの経験値が上がるのだからいいことだな、と思います。スイスでは義務化されてないので、マスクとは何ぞや?着用するとどんな感じ?と分からない人がまだいるということですよね。

 

日本人として、小学生の頃の給食当番で使ったのが恐らく人生で初めてで、現代のマスクと違っても耳にかかる紐の感触や口元が覆われる感覚は知ってる訳です。使ったことがあるので、今スイスでいきなり着用義務化されても、はいはい、マスクですね、とささっと着用できます。マスクの経験値があるから抵抗がない。

 

 

そういう意味でドイツの方々は私の給食当番のように、使い方があってるかともかくとして、今後いきなりどこかでマスク着用しろと言われたら渋々でもできると思うんです。

 

でもスイスの方に同じ状況が起きたら使ったことがない人はやっぱり抵抗を感じると思いますし、普及に時間がかかるかもなあ、なんて思います。(それでもまだスイスだとちゃちゃっとまとまりそうな気はしますが)

 

三月半ば、まだヨーロッパでマスクなんてあり得ない、という雰囲気が漂っていたときにドイツ人夫に『みんなマスクすれば良いのに、素人考えでもマスクしてたら口元から出るもの入るものの動きが制限されるのは分かると思うんだけど何が嫌なのかな。』と言ったら、マスクなんて本気の重病の人がやるもので、あんなの付けて歩いたら人に避けられてしまう、と言ってたので驚きました。

 

その後も、みんなマスクすりゃーいいのに、と言えば抵抗を感じる回答ばかり。何がそんなに嫌なんだろう、何が彼らをそこまで踏みとどまらせているのか…と真面目に考えてしまいました。

 

私はマスクに抵抗のない、むしろ有益だと思われてる国から来てるからなあ… うーむ。。

もしかしたらガスマスクしてる位に見えるのかもしれない、と。日本でも町中でガスマスクしてる人が歩いたら何事!?と思うだろうし、え!?何々この人に近づいたら危ないの?と避けそうだし… 三月半ばのマスクに対する印象はそんな感じだったのかも、などと考えていました。

 

MF12

 

あと、やっぱり自分の意見を表明してなんぼ、文化だと口元が覆われるのは自分の存在そのものが脅かされる位の感覚もあるのかなあ?と。日本のように調和を重視したり和を乱さないことに注力する文化じゃないし、良いか悪いかは関係なくまずは個々が持ってる意見を出し合うのが基本だから、マスクで自分の意見=存在意義を抑え込む位の印象はあったのかもしれない、と夫との会話で思いました。

 

日本でだってマスクしてる人いっぱい見たし抵抗が少ないほうでしょ?と夫に言えば、でも日本人は隠れたがるし、自分の気配を消そうとするやん、控えめであることが良しとされるんだからマスク文化は合ってるのよ、と言われて、なるほどな、とも。

 

確かにドイツやスイスで隠れようとしたり、気配を消そうとしたらこの人一体何なの、何がしたいの扱いだし。気配を消したら完全にいないもの扱いというか、やる気ない奴扱いだもんなあ…と。こっちじゃ好まれないよね、摩擦を起こさない人として扱いは楽かもしれないけど端っこに避けられがち。それなら異議でも文句チックでも良いから何か意見を発言する方がどれだけ大事か…ってとこで違う文化だもんな~

 

あと、こちらの人は口角を上げてニコっとするのが非常にうまいのでマスクで口元隠れるのは痛いかもしれない、、と。目がひたすらぎょろっとしたままで、口角上げてニコ、が上手い。小さい子も上手にやるので口角上がりやすいのは遺伝かもしれないし。とにかく口角上げニコっがマスクで隠されぎょろっとした目だけが顔の印象を締めるのはマイナスなのかも、、と思った次第です。

 

 

それから問題が起こる前に予防するというよりも、問題が起きてからガンガンやっつけるスタイル、というのも日本文化とは違うところだと思います。備えあれば憂いなし、だと思いそうなものですがドイツで備え過ぎたら心配しすぎ、と言われるしスイスで備えすぎたら、スイスは結構備えを重視してるみたいだから、理解は示してくれるけど、ちょっとこの人大丈夫かしらん、な空気感じるし。でも備えあれば憂いなし文化で育ったんだもの…

 

一時期、やたらと結束が大事、結束結束!!と見ましたが… は?当たり前やん、全体を加味して行動することが求められるん当たり前やん、と思ってましたが私はやっぱり和を乱さないことを重んじる文化で育ったのですんなりと意味が分かりましたが、和よりも個々の個性を重視する文化じゃ結束のために個々の個性が危ぶまれる、と反発もあるでしょうし結束=個人で動き過ぎるなよ~を声高に言うのは大事だったのでしょうね。伝わるかどうかは別として、新しい価値観に近いのかもしれません。

 

和を乱さない、とか他人に配慮することに慣れてる人が人に感染させないようにしよう、という発想になるのは至極当然の事で、逆にその習慣がない人には個人の好きなことをするのが良しとされるというか尊重されていて、問題が起きたらやっつけるスタイル、で解決法が違うんだろうし、こういう疫病の場合にはマイナスの解決法かも、と思いました。

 

別の分野では問題が起きたらガンガンやっつけるスタイルの方が良いこともある思いますが。

 

ここまで全て私見と私が見てであった人々の事ですので、こんな風に思ってる人もいるのねー位でさらっと流していただければ、と思います。万人の共通することではないです。

 

では、また(о´∀`о)

 

 

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村