スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

新しい挨拶方法

The greeting

例の疫病の影響で挨拶の仕方を改めよ、と国から言われているので今は誰も握手もハグもビズもしていません(私調べ)。

 

ロックダウンが始まってから一ヶ月半、在勤もあったのでスーパーへ行く以外は対面で誰かと会うのは夫かスーパーの店員さんか、位でした。ロックダウンが始まってから、一ヶ月半、段階的緩和が発表されて閉まっていた飲食店が再開した後に友人のドイツ人夫婦が会いに来てくれました。車でやってきて、うちの家には入らずに距離をとって森の中を散歩しながら話す位しかしてないのですが、会って最初の挨拶は足を出して、足をくっつけてハロー!と行いました。

 

今までだったらハグだったんですけどもね。全く触れずに挨拶するのかと思いきや、一応足をくっつける、というので何とか体に触れるのね…と。お互いスニーカーだったから良かったけど、綺麗な革靴やヒールをはいてる相手にあれをやる勇気はちょっとないです。。

 

そっかー、今まで触れ合う挨拶をしてきた人間にとって全く触れないというのは不自然なんだろうなぁ、と思いました。私は元々日本文化で育ってるので、未だにちょっと相手に触れる挨拶はたまに猛烈に嫌になります。でもその触れる挨拶があるから一気に相手との距離が近くなる良さは否めなくもありません。

 

相手に触れる挨拶をしてきた文化の人々のこれからの挨拶方法はどう変わるのだろうか、と思いつつその数日後にまた別の友人に会いました。スイス以外の外国から来た友人です。その時は足で触れ合うこともなく、手を上げて振って、久しぶりー!という感じだったので、私としては別に日本の友人同士の挨拶と変わりないので別にもうこのままでいい、むしろこのままで居て欲しい、という気持なのですが。。

 

ハグはともかくとして、ほっぺをくっつけ合うビズの挨拶は未だに猛烈に嫌です…

それが嫌で、スイス人と友達になるのがためらわれるほど嫌なのです。ひどい理由なのは分かってるのですが…

パーティなんかにお呼ばれしたら、知らない人にも(友達の恋人やたまたまそこに居合わせた従姉妹など)しないといけないのですよ。。ふうぅ… 何か、何か無理だわ。。

若い頃は勢いでできたけれども、もうそろそろ無理なものは無理世代に入ってきておりますので、無理ですねぇ~ 困ったなぁ~

 

疫病がおさまっても、人に触れ合うことの感染リスクを知った人々は触れ合う挨拶を避けたくなるのかもしれない。そうなったらどんな挨拶方法が有効だろうか?と考えてみました。無難にタイの両手を合わせてお辞儀がいいんじゃないでしょうか。相手に敬意もはらえるし、ちゃんとした挨拶だと分かるし。。もう、これで良いやん!はい、これで決定!と言ってしまいたいほど。

 

これからどんな挨拶になるのでしょうか。他にも何か良いアイデアがあれば教えて下さい。良いアイデアと出会った場合にはこちらの方に洗脳の様にしつこく薦めていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

ではでは、また。

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村