スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

笑ってはいけない日本語

Hiragana

数ヶ月に一回、思い出したかの様に急に夫が日本語の勉強を始めます。

数ヶ月間何もしていないのに急に始めるので、この数年間の内、亀のノロノロペースでほんのちょっとだけ日本語に関する情報が増えていっているようです。

 

最近使っている日本語学習のテキストはドイツの出版社が15年ほど前に発行したもので、若干写真が古い気がします。表現が古いということは初心者向けテキストとしてはないと思うのですが、実はこのテキストは私がスイスのゴミ処理場から拾ってきたもので、どこかで購入したものではありません。

 

各地域のゴミ処理場によって違うとは思うのですが、古本を捨てる場所に本棚が設けられているところもあり、うちの近所のゴミ処理場ではそこに古本が並べられていきます。ある一定期間が経てばゴッソリ廃棄処理されてしまうようですが、それまでは古本扱いで本を捨てに来た人も何か面白い本はないか、と探しています。私もたまに古本を捨てるついでに本棚を見てるのですが、そこでこの日本語学習テキストを見つけたのでした。見た感じ、ほぼ新品でした。書き込みなどもなく、CD付きでしかも値段が56フラン(約6300円)…高い!でもさらっと捨てられていました。。

 

普段、日本語の勉強をする気配のない夫をからかうつもりで持って帰ってきたのですが、パラパラとめくった後に「これは良い、置いておいて勉強に使おう。」と一年位前に家の本棚にしまっていました。私がたまに本棚から出して、このテキストはかなり良いと思うよ、と発言する程度で一向に使われる様子がなかったですが外出自粛もあり、日本語の勉強を再開してから一緒に使い始めました。

 

ある問題で、聞き取ったものをひらがなで書き込みしないといけないものがあり、まだひらがなの勉強中なのに、カタカナでラーメン、が正解の問題がありました。夫はカタカナをまだ知らないので怒りながら解答の「ラーメン」を真似して書き写していたのですが、「ラーメ」と書いていました。「じゃないよ…ンだよ…」と思ったのですが、そもそもカタカナを知らないから今新しい情報を言われたら混乱して可哀想だし、とンが日本語学習者にとってややこしいのはよく分かるので、指摘せず、それで合ってるよ!次の問題を見よう、と次の問題へ促しました。

 

その時になぜか「ラーメンがラーメソ… ラーメソって…笑 (゚∀゚ ) ププ… あ、笑いそう...あかん。」 と笑いそうになって、必死に真顔でごまかしました。。なぜこんなことで笑いそうになってしまったのでしょうか。女子中高生なみに笑いの沸点が下がってしまったのでしょうか… これは相手が夫だからと言って盛大に笑うことも許されるやもしれませんが、いや、、これは言語交換パートナー相手だと思い込んで、相手の自尊心を傷つけてはいかん、と笑いをこらえました。

 

その後、また彼の面白い回答間違いなどがあったらどうしよう…笑ってはいけない、笑ってはいけないよ!と自分に言い聞かせました。箸が転がっても面白かった年頃の時、緊張感のある絶対に笑ってはいけない場面で先生が白目になると、笑いをこらえるのに必死になって死にそうになった記憶があるので、緊張感をとっぱらうことにしました。緊張感があるとしょうもないことで笑ってしまうので、ラフな感じで一緒に日本語学習(というか私は先生…)。

 

ひらがな五十音に関しては、以前ドイツの別の出版社が発行したひらがなを覚えるための語呂合わせっぽい本を使用したおかげで、あっという間に覚えたので、今は濁音、半濁音、促音、拗音の勉強をBUSUUという言語学習アプリでしています。濁音の「は」が「ば」になるような、右上に点々がつく文字を何て読むのか分からない、と言われたので「は」が二重になると覚えろ、「は」が振動したらどうなるか考えろ、と教えたのですが無理がありました。。。何となく近い発音にはなるのですが、やはり正確な発音にはならないので濁音をドイツ語で調べたところstimmhafter Lautと言うようです。果たしてこの説明で通じるのか!?とりあえず K→ G、 S→ Z、 T→ D、 H→ Bという発音に変わるように覚えてもらうほうが良さそうですが。。ぱぴぷぺぽは右上の○を見たら「P」の発音だと思え、と説明してこれが分かりやすかったようです。

 

今のところは「きゃ」「しゅ」などの拗音と呼ばれるものが分かりにくいようです。「りゆう」と「りゅう」の違いなど、見た目で「ゆ」の大きさの違いがそんなに分からない、と言ったり発音の違いもあまりピンとこないようです。そして「や」が魚に見えるようで魚、と呼んでいます。「ゆ」がアルパカに見えるらしくアルパカ、と呼んでたので最初笑ってしまったのですが、今は何となく私にも「ゆ」がアルパカに見えてくる、という不思議…

 

それからもうひとつ役に立ってるのが うんこドリル、4,5,6歳向けです。いい年した大人がまじめにうんこドリルに書き込みして、「ありのうんこ」「あおいうんこ」「うんこがあるく」などに横にドイツ語で解説をせっせと書いています。各ひらがなを覚えたら台紙に貼れるひらがなシールも真面目に貼っています。何これ?と聞かれたので、ご褒美だよ、子供はこういうのでシールを貰えると喜ぶでしょう?と言ったら、なるほど、と言いながらバランスを気にしつつちゃんと貼っていました。三日位うんこドリルを使ったあと急に「U…UNKO、うんこって何?」と聞かれたので衝撃でした。

いやいや、このドリルのテーマですやん!とうんこ犬、という名のキャラを指差してUNKOを思い出して!!UNKOやん、💩!! kacke、scheisseとドイツ語でも説明しました。ああビックリ・・・(;´Д`)。ボケ方が…

 

学習方法についてはこんな感じですが、

そんなに興味のない人に無理やり学習を勧めてもなぁ、と思って私から日本語学習をお願いしたことはここ数年あまりなかったのですが、学習のコツをつかんだようで毎日10分ほど楽しそうにやっています。私も常に答えを教えているような状態なのですが、厳しくしてもうやりたくない、と思われたらそこで終わりだし、息抜き程度に継続してもらえるようにしようと思っています。とにかく褒めておだてて、バイリンガル教育でもしてるのか…!?と思ったりも。でも相手は勉強経験のあるいい年の大人なんで、教えると言ったってまだ簡単ですよね。モチベーションもあるし、勉強の加減も知っているし。モチベーションがなくて、勉強の仕方もまだ知らない相手だったりすると非常に大変なんだろうな、と思いつつ、外からモチベーションを持ってくるという方法もあるよね?と思ったり、ちょこちょこ関連する事柄についても思いをめぐらせたりしています。

 

これからどうなるか分からないですが、一緒に日本旅行をした時に夫ひとりでシュークリームを買える位になれば嬉しいかな、と。「これ、ひとつ(またはふたつ)お願いします。」とシュークリーム屋さんで注文はできたのですが、店員さんに「お持ち帰り用ですか、こちらで食べられますか。」と聞かれて慌てていたので、これを最後まで「お持ち帰り用でお願いします。」と言えたら、それだけで外野は感動の嵐…涙 という位、気長に、亀のノロノロペースでいきたいと思います。

 

 

では、また!

 

アデー✧٩(ˊωˋ*)و

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村