スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

もし100億円が当たったら

MONOPOLY

 

宝くじの宣伝を見ていて、以前はこんな大金当たっても使い切れないないよ、と思っていたのですがスイスに居ると物価が高いので、近所のなんてことない可愛いお家も1億2千万円スタート位、というのはそんなに珍しくもなく。素で20億円位もらっても一瞬でなくなりそう、と思うようになりました。

 

そこでじゃあ、妄想するなら1億円当たっても仕方ないので、どかっと100億円にしよう、とたまに妄想材料にしていました。

(正確に言うと、もっと際限なく自分にはお金があるという妄想なので100億円以上です。)

 

外に出て宝くじの広告を見る度に、100億円妄想をしていたのですが最近は妄想がはかどりません。今、当たったところで旅行にも行けないし、パーソナルトレーナーもつけれないし、新しいお家を建ててもらうのも時間がかかるしリクエストがあったとしても直接ひとと会って話すのも難しそうだしな。。

 

うーん、やっぱり社会って一人じゃ成り立たない。誰かが何かをやってくれている。私も何かをやってるんだと思うんだけども。朝起きて、服を着て、一日の活動を始めるけれどもそもそも誰かが作ってくれた下着を身に着け、洋服を着て、誰かが作ってくれた建物で暮らして、誰かが管理してくれている電力を使って生きてる。他にも何でもかんでも誰かのアイデアで始まったものを使っている。

 

その下着だって洋服だって、大体私の体に合うだろう、危害を加えるものではないだろう、と思いながら着ているし、建物だって傾くと思って暮らしていないし、とにかく寝ている間も起きてる時も誰かが作ってくれたもの、誰かが管理してくれているものを信頼して生きている。

 

朝早く家を出ないといけない時に、最寄のバス停にバスが来ると、こんな時間からバスの運転手さんが働いてくれてる、と思う。私がいつも寝てる時間だけど働いている人がいる。スイスのオンラインショップを利用して、通常は休みなはずの土曜日に発送完了のメールが来ると、誰かが働いてくれて、誰かが私に品物を届けてくれようとしてるんだ、と思う。

 

誰かがいつも何かをしてくれているから成り立っている社会。たとえ私がマルチプレイヤーで、何でも出来る超人だったとしても私の体はこれ一つだけだし、私の持ってる時間もみんなと同じ一日24時間だから、私の体を使って何かに取り掛かっている間は他の人やものに頼るしかない。そうやって頼らせてもらってるからこそ、自分の自由に使える時間も増えるし一人じゃできない事もさくっと出来るようになっている。

 

家に居てぼーっとするのも好きだし、外に出て散策するのも好きだし、まるでのんびりと好きにさせてもらって生きてるけれど、これも世の中がちゃんと機能してるからこそできる事ですよね。自分の自由が守られる世の中で生活できてるのは、誰かが整えてくれているから。私もその一部で居られるのは嬉しいです。

 

早く100億円妄想がもっとはかどる環境になれば良いなぁ、と思いつつ今までと違う基準で生きていくことになっても良いよ、という思いもあります。もちろん以前よりも良い状況になる、という前提で。

 

お気楽ご気楽でタラタラしながら生きていきたいんだもの。

 

では、また!

 

皆様の100億円妄想もはかどりますように!

 (妄想に参加したい希望者のみ)

 

アデー(。•ω- 。) ⌒♡

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村