スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

コロナ関連話、スイスにて引き続き。

https://www.instagram.com/p/B8lMRSoFDXk/

 

下の投稿の続きです↓


イタリアでの感染者が見つかり、フランスやオーストリア、隣国で見つかるってことはこれだけ自由に行き来ができるスイスで何もないはずがない、と思っていましたが、あっという間に感染者が見つかり、そこからスイスでも他人事じゃないぞ、感が高まってきました。

 

私の職場では1月から中国への渡航は制限、と設定されていたようでしたがあまり動きがなく、ヨーロッパ国内でも出張の多い会社なのでどうなるのかな、と少し気にはしていました。

 

よく北イタリアへの出張があるイタリア人の同僚が、チューリッヒに住む別のイタリア人の友達と晩御飯を食べる約束をしていたのに、しょっちゅう北イタリアに行くということは保菌者かもしれないので今、君と会うのはちょっと…4月にまた会おう!と言われたらしく呆れていました。僕は病原菌扱いのようだ、と。

 

ものものしいな…と思っていたのですがチューリッヒはイタリア系の人も多いしそもそもが北イタリア出身者という人が多いので、仕事でなくたって週末チャンスがあればイタリアに行くだろうし、しかもうちの会社はイタリアの人が多いので今更気をつけると言ってももう無理だろうな、と。

 

そんな話を聞いているうちに、社内でも正式文書でコロナウィルス対策の通知がきました。色々書いていましたが、挨拶時の握手とハグは控えるように、とのこと。その通知を貰った後すぐに面接に来た人を紹介され、どうしよう?普通なら握手して名乗るのが普通だけども…と思ったらやはり握手をしない事になっていたようで、手持ち無沙汰に感じて妙に落ち着かなかったです。ノンタッチの挨拶をするとヨーロッパではよそよそしさが増しますね、、

 

日本に居るとお辞儀や会釈で挨拶できるので人に触れなくても相手に敬意を示せるのですが、握手で挨拶する国で相手に触れないというのは変な感じがしました。

 

でも…これを機に握手もハグもビズも廃止されれば良いのに、なんて少し夢見ています。ドイツ人義母が日本に来た時に言っていました、挨拶がお辞儀って相手に触れなくていいから衛生的にはこっちの方が良いよね、と。私もそう思います。やっぱり触れると衛生面では気にしないといけない事が出てくる。

 

同性同士のハグについては慣れたので、むしろ嫌いではないですが無くなってもいいです、、別に…うん、別に良い。。。

 

 関連記事↓ 

ただビズについては、、本当に嫌なのでこれを機に完全に世の中からなくなっても欲しいと思っています(;´∀`)笑 ほっぺにチューするっぽくチュッチュッチュと音を立ててほっぺをくっつける挨拶です。国によって回数や方法は多少違う様ですが、チューリッヒで私の知ってるのはこれです。

関連記事↓ 

そう思うと、場合によっては挨拶で相手に触れるのが普通の国の方が感染率が高まりそうな気がするのですが素人考えですかね?しかもヨーロッパなんて陸続きでEU加盟国同士だと自由に行き来できるし、イタリアがフランスが、なんて言ってる間にスイスも十分広まってますよね、きっと。。

 

一応、今日も食材の買出しに行きもしもに備えて買いだめが必要か?と思ったのですが、元来買いだめに非常に抵抗を感じてしまうので缶詰の棚の前で首をかしげてしまいました。それで結局、いつも通りあまり買う事はなく、、何かあったら太りすぎたこの体の脂肪で乗り切ろう作戦に変えました。たぶん水さえ飲めれば極限まで10日位はいけると思います。その後を越せなくなったら、それはそれで私の人生なのでここで買いだめをしないと決めた決意の結果ということで良いかな、と。

 

そういえば職場では、今のところ在宅勤務の命は出ておりませんが出張によく出る人が出張が禁止になったと言っていました。その人はオーストラリア出張の予定がなくなったみたいですが、ヨーロッパ内ではどうなのかな。どの職種の人も一人一台ラップトップが支給されているので、もし会社に在宅勤務に変えろと言われたらすぐに可能なので、二週間位閉めて自社ビルの徹底消毒でもすれば良いのに、と会社に不満のある同僚が愚痴っていました。

 

私も二週間位なら楽しく在宅勤務できそうだな、と思うのでやってみたいですが。

たまに家に一日いないといけない時は在宅勤務をさせてもらっていますが、週2位だと気分転換になるので好きです。

ちなみにドイツとスイスでは在宅勤務のことをホームオフィスと呼ぶのですが他の地域ではどうなのでしょうかね。日本のテレワーク、と聞くたびに電話関係の仕事っぽく感じるので在宅勤務が伝わりやすいしそれで良いのでは?などと思ってしまいます。

 

余計なお世話ですね、、(~_~;)

 

以上、最近のコロナウィルス関連話でした。

今後の進捗に応じて関連話はいつかまた書くと思います。

 

感染を抑えて、感染したらすぐに回復できる道が一番かと思いますが。。

 先のことは分かりませんね…

 

皆様どうかご自愛下さいませ。

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村