スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

ドイツ語版エクセルに悩まされる

Microsoft Excel

 

事務仕事をしているので、マイクロソフトオフィスのエクセルを使用しています。

あまり気にしてなかったのですが、ドイツで働いていた頃は英語バージョンのエクセルを使用していたようです。スイスに来てからからはドイツ語バージョンのエクセルです。プライベートで使用することはほとんどないですが、私のPCがドイツ人夫から譲り受けたものなので家でエクセルを使用するとなると、ドイツ語バージョンを使う事になります。

 

そう思うと、日本での事務仕事を離れてから数年、かなり長い間日本語バージョンのエクセルは使用していないらしい、、という事に今気づきました!ちょっとビックリ。

 

さて、タイトルのドイツ語版エクセルに悩まされている理由ですが、地味なものがいくつかあります。

ある日、ピボットテーブルを使用するシートのことで質問があったので同僚に聞きに行って「あのデータ内のピボットテーブルのさ…」と言ったら笑われたのです。

ドイツ語ではピボットと呼ばずに「ピボー」と呼ぶらしく。ピボットと言ったら笑われたのですが…でも「Pivot」って最後に「T」が付いてますよね!それを発音して何が悪いんだ、とちょっとムカっとしましたがそこは流しました。。

 

なぜTを省くんだ?そんなフランス語みたいにMargotさんのことをマーゴットと呼ばずにマルゴーと呼ぶような事がなぜドイツ語で行われているのか?謎です。私の周りだけでしょうか、他のドイツ語圏の方、ご存知の方がいれば教えていただけませんか?

 

そしてもう一つはエクセル関数のこと。

ドイツ人の同僚から差異計算の仕方を教えていてもらった時に、こんなの簡単だよ、このエクセル関数を使えばいいんだから、と言われて関数の名前を見たら「SVERWEIS」と書いていました。はて?何のこっちゃ?と思いながら内容を聞いているうちに、これってもしや「VLOOKUP」関数のことなんでは?と思い、自分の席にもどった後にいそいそとネット検索。。。そして見つける検索結果…やっぱり!!今更気づいたけど関数の呼び方が英語とドイツ語じゃ全然違う!!!

 

な、なぜ今まで気づかなかったんだ、、と思いつつ、日本で習ったというか使用していたエクセル関数表記は英語だったんだ、と気づきました。

 

皆さんご存知でしたか?日本のエクセルは英語のエクセル関数表記のようですよ!

 

だからどうした、って話なんですがね。。

という事は、フランスだとフランス語のエクセル関数表記があったりするのでしょうかね。その可能性は高い気がする。

いやはや、意外な事があるものだ。アルファベットを使う国ではその国独自のエクセル関数表記があるのかもしれませんね。詳細は分かりませんが。

 

そして最後に、エクセルのみならず数字に関する事で時々悩まされるのがコンマとピリオドの位置。ドイツ語に触れる方はご存知だと思いますが、数字を表記する際に日本で使用するコンマとピリオドの位置が逆になります。

日本式 100,000.00 → ドイツ式 100.000,00 

ややこしいですが、慣れるとまあこんなもんかな、と生きていけるのです。

しかしメンドクサイことが起きました。

 

アメリカ人の同僚が作成したエクセルシートを使ってある事の申請に必要な資料を出せと言われたのです。そして彼の作成したシートは日本で使用するものと同じ表記の

100,000.00。しかし抽出したデータはドイツ語式表記のデータ。。あれ?全然計算が反映されないな、と思っていたらドイツ語表記と英語表記が一致しないのでエラーとなっていました。

 

まあ、こんな事も原因さえ分かってしまえばちょちょいのちょい、で修正できるので別に良いのですが、英語表記にしたデータを再度アメリカ人の同僚に提出して、承認を貰った後にフランスのウェブサイトにアップロード、とかでそうなると一部ドイツ語表記を受け付けるところはあるけど、別の一部では英語表記のみの受付、などがあってメンドクサイのです。基準が統一されているようでされていない。

 

忙しくないときは別に良いのですが、忙しいときはPCの前でフンギャー!!と

なります。

 

この間も、仕事のことではないですがプライベートな事でドイツ語版エクセルで作成したものをイギリスに提出しようと思い、詳細を確認していたらどうやらイギリスへの提出物のコンマとピリオドの位置が日本式のようだわ、と。。

地味に設定変更して提出しました。

 

あぁ、、めんどくさいょおお。

全然違う話ですが言い出したら、日本語のキーボードとドイツ語のキーボードも違うし、スイスのキーボードも違うし慣れたキーボードでさくっと入力できる文字が、出てこなかったりしてめんどくせぇえーーーとなることもたまにあります。

 

これは気が向いたら別途また書きたいですが。。

 

以上、ドイツ語版エクセルに悩まされるという小話でした。

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村