スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

さらばドイツ -ドイツ帰省最終日-

https://www.instagram.com/p/B6GzWEel11n/

 


上の投稿の続きです。

あっという間に一週間のドイツ帰省の最終日になりました。

 

ホテルのチェックアウトをすべくカウンタに向かうと、係りの方にエレベーターが一基壊れていてご迷惑をおかけしました、また朝食ビュッフェが混み合いご迷惑をおかけしました、と謝られました。

 

朝食ビュッフェでは座る座席が埋まっていて座席を確保するのが大変だったのと、見つけてもすぐにテーブルの上を綺麗にしてもらえず、自分で先に座っていた人のお皿を空いた席に持っていくなどをしないといけませんでした。

私達が食べ終わって朝食室を出たらこれまた長蛇の列が出来ていて、すぐに食べれないようでした。二日目は朝食室だけじゃまかないきれなかったのか、その隣の大きな会議室というかパーティルームのような部屋も朝食室にして対応していたようです。

 

確かに、全体的にバタバタしている印象はありました。こちらから特に何も言っていないのに謝られたので少し驚いていたら、チェックイン時に提案されたプールとスパの使用代30ユーロ(約3700円 本日のレート)x2泊分は支払わなくて良いと言われたのでこれまた驚きました。

 

夫は一度プールを使えたようですが私は時間がなくて使えなかったので勿体ない事をしたな、と思っていたのですがここで支払わずに済んだので喜びました。

結局、プールとスパ使用者用の少し大きめの?部屋があてがわれたというラッキーで終わったのでした。

 

ホテルをあとにして駐車場まで行き思い出したのが二日前の駐車場でのこと。

駐車料を支払う機械の前で車に忘れものをした夫を待っていたら、どこかの業者さん二人組と目が合いました。ひとりの人にハロー、と挨拶されたので私もハローと返し、もうひとりの人にグリュエッチヴォール、と言われたのでグリュエッチーと返しました。かなり自然な流れだったのですが、グリュエッチヴォールはスイスで使う挨拶です。スイスから離れたデュッセルドルフでスイス式挨拶をされるとは。うちの車のスイスナンバーを見られてた?と思ったのですが多分たまたまスイスの人に会ってスイス式挨拶をされただけだと思います。 

 

それでよくよく考えたら、ああやって目があっただけで挨拶をされるのはドイツ式ではないし(ニコっと微笑まれるのみか何も起きない)、やたらむやみに挨拶するのはスイス式だしなぁ…。グリュエッチヴォールの挨拶を知らない人が聞いたら、何のこと?と思うかも??

 

話がそれましたが、その後は高速道路を使ってビューンとスイスに戻りました。

途中、スイスの手前でご飯を食べましたが順調に、長い渋滞もなく。

 

家に帰ってきて、さほど大きな家でもないのに部屋が広く感じるのはホテル部屋生活を一週間続けた後だからですね。

 

村の自然のある風景を見て、ほっとして「やっぱり我が家が一番だわ~」と言いながらソファに沈み込みお茶を飲み、毎度毎度思うことはドイツとスイスはやっぱり陸続きなのね。。車だけで行ったり来たりできるのね、という当たり前のこと。

 

一週間の休暇はリフレッシュになりました。日常もいいけれど、気分転換にいつもと違うことをすると元気になりますね。今年はもっと気分転換の機会を増やしたいな、と思っております。

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

 

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村