スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

ドイツ帰省 -最終日の一歩手前-

https://www.instagram.com/p/B6oMgp_lDu7/

 

 

上の投稿の続きです。

デュッセルドルフ滞在の二日目は朝からトラムに乗って近くをぐるっと周ることにしました。乗車券は乗車前にトラムの停留所に行けば買えるのかと思っていたのですが、最寄の停留所にそのようなものが見つからないので、とりあえずトラムに乗ってみることに。一番前の車両にそれっぽい機械を発見、1日乗車券を探しました。24時間と書かれているものがあったので、これかなと思って二人分を買ったらですね。。。なんと

一枚の切符で二人用だったのでたまげました。1日乗車券が二枚出てくると思ってたので衝撃で… 一人分の切符より二人分の方が安くなるから何かがおかしいとは思ったのですがトラムが混んでいて早く買わないといけなかったので焦って買ってしまいました。

 

サイトを見てみたらやはりグループチケット扱いで(最高五人まで)買えるようです。

興味のある方はリンクを見てみてください。

https://www.vrr.de/de/tickets-tarife/ticketuebersicht/ticket/vrr/24-stundenticket/

 

確かに二人以上や五人までのグループで24時間常に一緒に行動するならお得だしその方がいいのだと思うのですが、その日私は夫と午後から別行動の予定だったので結構ショックでした。。。もしデュッセルドルフで24時間乗車券を買う場合はご注意くださいませ...

 

そしてトラムで近所をぐるっとしてからは小さなマルクトを見たり、スーパーで軽く買い物をしてホテルに戻りました。

 

私は一時から友人に会う約束をしていたので夫とはそこで別行動に。

友人はわざわざオランダからデュッセルドルフに会いに来てくれたのでした。恋人も一緒に。EAT TOKYOというレストランで会おうと約束をして、現地へ行ってみたら順番待ちの列が外に出来ていました。人気があるからなのか土曜日だからなのか、しばし寒空の下で待ち歓談。

 

中に入ってから刺身弁当や寿司弁当、ちらし寿司にてんぷらとからあげなどを頼み喜んで食べました。デュッセルドルフで和食を食したいという目的は着実に達成されつつある!!お店の前に鳥居が出てるし日本人的には大丈夫なのか?と思ってしまうたたずまいでしたがお値段はリーズナブルなのにちゃんと美味しかったです。

 

リンクはこちら。

https://eat-tokyo-restaurant.business.site/

 

友人の近況を聞き、私の近況も話し、お互い仕事疲れしてるなぁ、と思いつつも遠くにいる大事な人にこうやって会える機会があるというのは恵まれているし、会いたいと思ってくれるのも嬉しいことだし、お互いが少しずつ変わっていっても尚友達でいつづけられることは貴重なことだと。人は変わるし、環境が変われば会わなくなることもあると海外生活でひしひしと感じてきたので、会えるうちに会っておいてありがたみを感じれるのは幸せなことだと思っています。

 

その後は場所をうつしてカフェに行き、またおしゃべりをしてお別れしました。

次はまたいつ会えるのかな。私がデュッセルドルフに来ればオランダから来てくれるかもしれないけれどデュッセルドルフに来る予定がないので、私がオランダに行けばいいのか、と思ったり。

 

別れたあとはホテルに戻り、休憩してから街に出てギリシャ料理?のファーストフード店のようなところで食べました。一人分を頼んだのに量が多くて、そうだった、ドイツの一人分は量が多かったんだわと思い出したのでした。

たくさん食べたので消化するためにトラムに乗って水のあるところまで。ライン川沿いまで行って、少し歩いてホテルに戻りました。

 

朝から静かにあれこれ沢山した一日でしたが、明日はもうスイスに戻るという事でちょっとセンチメンタルになっておりました。

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング