スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

せんでん

https://www.instagram.com/p/B5VoWWlljzd/

始めてみたのでよろしくお願いいたします。@kotobamemo#german#french#Italien#ドイツ語#フランス語#イタリア語#スイス#三か国語

全くただの趣味なのですが、インスタグラムにアカウントを作って、

スイスで見かける二ヶ国語~四ヶ国語表記のものの画像を集めて投稿しています。

基本的にはドイツ語とフランス語が最低セットになっていて、三ヶ国語の場合はそこにイタリア語がプラスされます。四ヶ国語の場合は英語がプラスされるというパターン。

 

何の利益も生み出さず、ただひたすら画像をとっては投稿するという何とも意味のなさそうなアカウントなのですが多言語学習者には少し役にたつかも知れないのでここで宣伝させて下さい。

 

リンクはこちら↓

https://www.instagram.com/kotobamemo/

 

あとはただ私が誰かに見てもらいたい、というそれだけの思いで宣伝する事にしました。何故ここまで人に見てもらいたいという思いがあるのか分かりませんが、よく考えたら学生の頃などは近くに座ってるクラスメートにちょっとごめん、と言いながら「見て見て!これすごくない?」と話しかけれたからよかったものの、大人になるとそれもなかなか難しいですね。

 

毎日顔を合わせるからと言って、職場の人の邪魔をする訳にもいかないし、お友達じゃないんだからと言われてしまえば確かにそうで。。でも誰かに見てもらいたい…じゃあオンラインに上げて見ず知らずの人に見てもらえばいっか!という私の欲求を満たしてもらいたいが為だけの。。

 

しかしオンラインに気になるものを無料で投稿できるというのはありがたいですね。

クラスメートや同僚なんて気を使って時間を割いて見てくれるところを、オンラインだと宣伝はできるけど強制はできないので、興味がなければ見る事もないし、運が良ければ見てくれる人が居て嬉しいし。何たる便利ツールなんだ!!!

 

とおおげさに褒め称えたところで締めたいと思います。

あ、ちなみに画像を集めている理由は何故か私が感動するから無視できない、というそれだけの理由です。

 

多言語が並んでいる姿の美しさとドイツ語で理解したものがフランス語だとこうなるのか、などちょっとした事で感動するからなのかもしれません。多言語国家が機能している(たぶん)というのを実感できるのも感動ポイントかもしれません。

 

もしチラッとでも気になった方は覗いていただけると嬉しいです。

私のお気に入りは水道のマンホールです。eau - aqua - wasser と三言語表記されているもの。

 

リンクはこちら↓

https://www.instagram.com/p/B55tZaTjrI2/?utm_source=ig_web_copy_link

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村