スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

今さらながらドイツ語のこと

https://www.instagram.com/p/BbZYl3fAuL4/

 

ふと仕事中に気づいたのですが、かなり無意識の内にドイツ語に自信がない事を引け目に感じながら働いていたようです。

 

何が驚いたって「自信がない」部分です。ドイツ語がどうこうではなく、何をするにも自信があろうがなかろうがやってみたい、という好奇心が先立ってしまい、やってみて思っていたよりも全然センスがないという事の方が断然多かったのですがとにかく「試せた、経験できた!」に重きを置いていたのか出来映えについてはあまり気にせず生きてきたようです。


しかしドイツ語に関してはドイツ語圏で生活する上では必須だし、仕事ではドイツ語ネイティブとコミュニケーションを取らないといけないので、ちょっと試してみてはい終わり、ではないのでいつまでもいつまでもネイティブみたいになれない自分に自信がない。

こんなドイツ語力で仕事してスミマセン、と思う反面、何かあっても分かって雇ってる会社の責任だから私の問題じゃない、私には関係ない、とも思って開き直ってはいますが。。

 

それでふと、同じチームにいるドイツ語ネイティブじゃない人がドイツ語の文法や単語についてネイティブの同僚に結構質問していることに気づきました。

 

そこでやっと、そうか!かたひじはって取り繕わなくて良いのか!外国人だと理解してもらいながら働けばいいのか、と。彼らはガンガン母国の話しも嬉しそうにしてるのに私はそういえば聞かれるまでしないなぁ、とも。

その方がサポートも受けやすいし。
まあ今でも十分助けて貰ってますが…

なぜ今までこんなに背伸びしてたのだろうか…と驚きでした。

 

ドイツ語に関しては今だって時間を作って勉強すればもうちょっと自信はつくはずなのに、モチベーションになるものがないので進歩のないまま。現状維持はできてる気がしますが。

 

とりあえず知らない表現が出て来てもほぼ聞き取れて私の言いたい事もその場ですぐに表現できる、という状態だからだとは思います。

 

人が言ってることが分からなかった時は本当に困ったし、自分の言いたいことが即座に言えないときはストレスの日々でした。

 

それが解消したくて必死に勉強したのが最後で、今は元のだらだらしたい性格が大活躍中…プライドも恥もないのに自信の無さは何とか取り繕いたかったんだなあ、、と気づきました。

 

海外在住者にはありがちな事だとは思うのですが、自分を客観的に見ながらこれからどうなっちゃうんだろう…と思ってます。

ドイツ語に関する悩みは今後もたびたび記事になると思うのでご了承下さいませ(/´△`\)

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。


にほんブログ村 
海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村