スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

石を売る少年達に会った後に悩むなど

https://www.instagram.com/p/B3kI7JfFZug/

 

週末、森を散歩して家に帰ろうとしていたところ、森を出てすぐの所で7,8歳位の可愛い少年に呼び止められました。「石が要りませんか?デコレーション用ですよ。」とダンボールか何かの上に乗せた近所で集めたであろう石を見せられました。その男の子の友達の男の子も石の前に居て、「石を買ってください。」と言うのです。

 

あいにく手元にはクレジットカードしかなくて、夫もちょっと散歩に出るだけだからとアップルウォッチみたいな?ものに入ってる支払い機能しかありませんでした。

 

うーん、石はいくらなんですか?と聞いたらひとつ1フラン、と言うので高いな!と言いつつ、でも本当にごめんね、今手元に現金がないから買えないの。。綺麗な石だと思うけど他を当たってね、と言ってその場を去りました。

 

その後、一人で黙々と考え…もし現金を持っていたら本当に買ったのだろうか?と。

そしてああいうのは子供だけでやっていいことなのか、大人が払ってしまってもいいのだろうか?と過ぎ去ってから妙に悩みました。

 

日本の感覚なら知らない人からお金を貰うなんて、子供がしてはいけない事だと思うのです。ただ、ドイツでも思っていたけど、どうもお金に関する姿勢が違う。チップ文化もあるし、街にいる物乞いにお金を渡す人も結構います。だから日本の感覚で考えないほうがいいのか?と思いつつ、相手は子供だしなぁ…と。

 

ドイツに居た頃、玄関前に庭がある家やガレージが結構大きな家の前で子供達がピクニックシートを広げて要らなくなったおもちゃや手作りのブレスレットを売っているのを見た事があります。あれは家の前でやってるから親公認だろうし、ブレスレットを売っていた所では実際に買ったのですが、買うとなったら親御さんがちゃんとお家から出てきて親御さんにお金を渡しました。あまりにも小さい子が売ってたからだとは思うのですが。

 

そういう親や保護者公認で、何かの物を買うためにお金を渡すのは子供相手でも別に大丈夫だと思うのですが、今回は恐らく保護者は知らないだろうしその辺で拾ってきた石だけだったしな…と。でも大人からするとただの石に見えても、赤い石と白い石を集めてた様にも見えたし彼らなりの発見の成果だとすると、それを良いなと思って買うというのはありなのかな、とふつふつと一人考えていました。

 

気になったので、夫にああいう時に保護者がいないのに勝手にお金を渡してしまうのはどうなの?こっちの文化ではありなの?と聞いたら、何か良い事をしてあげたいという気持ちで必要ないものでも買うという考えもあるからなぁ、よくやったね!と褒めるように。でも僕は保護者がどう思ってるかは分からないけど、と言っていました。

 

確かにそういうのあるな、と思います。子供に子供ゆえの訓練的な我慢や辛抱をさせる、というのはほとんど見ないしプレゼントを渡す時、褒める時は盛大にやるし、ダメな事をしたらめっちゃ怒られてますが…もしその褒める系に含まれるならありなのだろうか、、と一人悩んだのでした。

 

我ながら平和な悩みだわ。

しかし石をデコレーション用ってなかなか可愛い発想ですね。

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。


にほんブログ村 
海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村