スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

親知らずの抜歯を勧められてから - スイスにて①

wisdom tooth you suck.

 

自主的に行った歯科検診で親知らずの抜歯を勧められました…というか口腔外科の紹介状を出すことまで勝手に話が進んでいました。

 

左下の親知らずで、日本で反対側の親知らずを抜いた時にも先生にはいつか左下も抜かないといけなくなるだろうね、と言われていました。

 レントゲンを見ると確かに奥歯に食い込みはじめていたので、見てみぬふりはもうできない状態でした。

 

仕方ない…先生に恐る恐る費用を聞くと、高くても500chf位(約52000円)と言われたので、20万円位を覚悟していた身にはかなりの安心材料になりました。

ほ…高いがスイスでそれで済むならありがたい。。と数日経ってから紹介状を出してもらった口腔外科へ向かいました。

 

まずはレントゲンをとって、その後に診察室へ。初お目見えの先生。直前に対応してくれた看護師さんはスイスドイツ語バリバリだったので、さすがに先生も同じなら標準ドイツ語で話して貰えるようお願いしないと、と思っていました。

 

先生が話し出すと標準ドイツ語だったので、外国人の私のため?と思ったらドイツ人でした。早口でばーっと説明されたけどまあ理解できたので良いか、と。

 

そこで衝撃的な事を聞いてしまいました。

上の親知らずの一本も少し奥歯に食い込み始めてて、これも抜かないといけない、と言われたことでした。二本抜くなら部分麻酔でなくて全身麻酔のひともいる、と。なんならどうせ二本抜くなら残った一本も抜いてしまうのが良いかもしれませんね。見積書を出すので判断してください、とのことでした。

 

え…!?三本を抜くだけでも想定外なのに全身麻酔なんてしたらめっちゃ高くなりますよね!?と見積書が出てくるまで戸惑う私。。

 

診察が終わってすぐ、待合室にいきましたが入ってすぐに名前を呼ばれ見積書を渡され…費用を確認して、その場で心の中ではショックですってんころりん、と転げてしまいました。実際は平静を装ってじっと見積書を見つめていましたが。

 

総額2400chf (約26万円)でした…。

詳細を記入する事は可能なのですがどこまで需要があるのか分からないので、省きます。細かく書かれた項目の中で高かったのは、やはり全身麻酔400chf +手術費用404chf+もろもろ400chfでした。もちろん診察費、術後の経過検診、抜歯、抗生物質など全ての費用が含まれています。

 

部分麻酔にすればもう少し安くもなりそうでしたが、目が覚めた状態で抜歯されるのが怖くて…やるなら全身麻酔しかない、と決めていました。

 

結局どうするか決めるまでに悩みましたが詳細については次回の投稿にて…

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。


にほんブログ村 
海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村