スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

自己紹介は自己証明?

https://www.instagram.com/p/Bjfj9sQhnVw/

 

このブログには自己紹介がありません。

他のブログを見ると自己紹介ページが設けられていたりするので、ここにも自己紹介ページを作ろう、と実は何度か試してみたことがあります。

 

これが、なぜか、うんともすんとも進まない。ネタが出てこない、というか…。

書きながら、みんな別に私にそんな興味ないんじゃね?と思うと余計に何も書けなくなるというか。

 

こういうのはブログに限らず、仕事の時に他部署の人に会うときにもついつい思ってしまって、とりあえず、名前、出身国(見た目が外国人だから)、部署名、勤続年数とか言っておけばいいか、と思ってしまいます。

それでシンプルに終わらせたら、他の人はもうちょっとやってるメインの仕事とか自己紹介の中に含めていたり、なぜこの仕事についたか、とかまで。

 

それを聞いて、あちゃ~ もっと説明するべきだったか、と思う反面、いや、そうは言っても誰も私にそんな興味ないだろうからなぁ、で終わります。

 

当たり前なんですが、自己紹介って自己申告ですよね。自分の自覚してない事は言えないと思うんです。そして外に対する自分の見せ方を大事だと思ってる人は上手に説明するし、自己紹介が売り込み、マーケティングの一部と感覚的に分かってる人も人に興味を持たせる自己紹介をするな、といつも思います。

 

じゃあ、私も売り込む感じで素敵な自己紹介する?!と思うのですが、気が乗らない。

なぜ…?なぜなんだ?とずーっと考えていて分かりました。

 

話はだいぶ前にさかのぼるのですが、日本からドイツに来る時にやたらとパスポートを大事にしないと、と思っていました。これが無くなったら私が何者なのかを示す手段がなくなる!と心配と共に強くそう思っていました。

 

パスポートを無くしても、日本大使館に行けば何者なのかを示す為の手段は復活すると思うのですが、何故かそういう救済もない場合、どうすればいいんだ?!とビビッていました。

 

その当時は、自己紹介は売り込みだと分かっていたのですこし面白く、人に興味を持ってもらおうと目立つところを掻い摘んでちゃんとしていました。

 自己紹介=自己証明、な感覚だったんだと思います。

 

でも何だか、ドイツ生活で自己紹介も人に説明することも、みんな自分が好きな様に好きな事だけアンバランスでもどんどんするので、言ってる事とやってる事があってないのもよくあって、支離滅裂も普通だし、なんだ、結局言ったもの勝ちなんだ。しかも人は、やっぱり自分の聞きたいもの、見たいものを注視するようにできているのでこちらが一生懸命、自己紹介したところでちゃんと伝わる訳でもないし、あんまり意味ないな、と思ったんです。(ドイツでは)

 

それでも人の自己紹介は好きなのでよく聞いて、へぇ、そうなのか、と私はやってる方だと思いますが、なぜか自分の自己紹介には興味がなくなってしまいました。

 

そして、理由はこれだけではありません。

 

日本で嬉々として人に説明できた自分の経歴とか経験とか、ぜんぶを人に見せず、ドイツで一から何かを始めることに刺激を感じてしまったのです。

 

自己紹介=自己証明が何だか重荷になっていたのかもしれません。

私はこういう人、という自己証明にがんじがらめになっていたような。ドイツに来てからは文化もわからない、言葉も日本語みたいに表現できない、職にもありつけない、おまけに貯金も底を尽きそう(というか尽きたんですけどね…)、知り合いも友達もいない、お気に入りの洋服もカバンもない。。。そうなると、それこそもう、そこに居る自分を見てもらって、今のこの私が私です、みたいな。日本にいた頃はこんな事をして、こんな身分があったんですけどね、今はもうないんです、という状態。

 

全くのゼロではないけど、ゼロからのスタート、みたいな感じでした。

そしたら、意外や意外、今そこにある自分の状態で生きてくしかないので取り繕うものも別にないし、自分の事がよく分かるようになる。

 

何もないな、と思ってるのに友達が出来たり、妙な事で喜ばれたりすると、あ!私のこういう所が人に好かれるんだ、とか。ここまで落ち込んでも意外と立ち直れるものなんだ、と分かったり。それが楽しくて刺激だったんです。

そして不思議と自分の事が分かれば分かるほど自分の自信になりました。

 

人に良く見せるための自己紹介をしないでよくなりました。私にとって自己紹介は自己証明だったので。

場合によっては大事なマーケティングの一貫なんで、ちゃんとした方が良いとは思うんですが、そういう場面じゃなければ、むしろ淡々とした自己紹介だけして、後はもう、過去の事は良いから今現在の私を見てください、という気持になります。

 

今だって別に大した事は何もないんですが、楽しく毎日生活してるので、それだけは人に自慢できるな、と思って。楽しく幸せに生きてることには自信がある。

 

それ故、ここを思いっきり自慢したいです。自己紹介という名の自己証明をするなら、そこだな、と思うのですが、そうなると更に誰も求めてない感じなんですよね…。

 

困った、困った。

 

で、ここでやっぱりざっくり自己紹介!と思って考えてみましたが…

書けません。一貫して自分の自己紹介に興味がないようです。