スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

明るいうちに酔っぱらう

Oktoberfest

このあいだ書いた、ディアンドルがドイツから届いたのですが、あまり何も考えず着てみたら思いのほか心が躍りビックリしました。

 

do-sui.hatenablog.com

 

 

な、なんなの!?可愛いじゃないのさ!!と。こんなメルヘンチックな民族衣装でここまでテンションが上がるとは思いませんでした。

 

こ、これは…!このまま放置はまずい。これを着て街に繰り出さねば!もうすぐオクトーバーフェストの時期じゃないか。スイスにもなんちゃってオクトーバーフェストがあるので、こりゃー参加しとかないといけない!と閃きました。

 

数年前に私の夫も、調子に乗って本物のレーダーホーゼという男性が着ている民族衣装を買っていたので、二人で民族衣装を着てなんちゃってパーティに参加できる!と。

_MO_3211.jpg

 

 

早速、ネット検索してみたところ、テーブル予約が必要なようで、テーブル単価で770CHF(約87,000円)と明記されていて、はぁ~Σ( ̄ロ ̄lll)?!と叫びそうになりました。

 

よく考えたら、一つのテーブルを10人で予約するようなので、一人77CHF、8200円位で各自前菜プレートみたいなのがついているようです。

 

そう考えると、場所代を含め前菜やらなんやら、まぁスイス価格としては下手すりゃお手ごろかもしれません。

 

うーん。しかし友達があまり居ない上に、いたとしても一緒になんちゃってオクトーバーフェストに参加してもらえるかどうか?というところ。

 

テーブル予約しないとイベントテントの中に入れないのかなあ?

 

飲みたい、パーティしたい、というよりはコスプレしたい、という感覚のほうが近いので別に昼間からお酒を飲まなくてもいいのですが…。そうなるとイベントの趣旨からズレるしなぁ…。

 

とか考えながら、あれ?そういえば前はよく、天気が良いと昼間からお酒が飲みたい、と思っていたのを思い出しました。

 

その話を人にすると、ドイツではそこそこ反対意見が出たので、何でなんだ!と思っていました。

 

内容は、昼間からお酒を飲むとはっちゃけすぎて変に半日つぶれる、とかお酒は夜中にみんなでワイワイ飲むものだ、とか。昼間から飲むなんてバイエルン地方の人がやる事だ、とか。

 

でも日曜日とかビアガーデンで昼間から飲んでる人たくさんいるじゃないですか、あれはカウントされないのかよ?!と…。矛盾すぎるぜ。

 

そして、その反対意見は、シェアハウスの同居人達から出たものだったのですが、この人達がある日シェアハウスでなんちゃってオクトーバーフェスト朝食を企画しました。

 

土曜日の11時位からブランチと称して、バイエルン地方の白ソーセージをゆでて、ミュンヘンのビールを開けて、まさに昼間から家で酔っ払う、っていうね。。

 

企画しているのは知っていたけど、実際に朝食時にリビングに行ってたまげました。

 

ええ~、まじで~(^_^;)

とか言いながら参加した割にはやっぱり飲んでるうちに理性を失くして調子にのる、っていう。

 

それで後で疲れて半日つぶれて、下手すりゃ次の日に二日酔い、と。。。

 

こんな事やっておいて、私の希望に反論とはどういう事なんだ…。

 

そうそう、その同居人の一人に私の友達の頭がおかしい!と言われたこともありました。

 

日本からミュンヘンに二人友達が遊びに来てくれていて、現地で落ち合うまで1日、二人だけだったので朝の10時からドイツ料理レストランに行ってビール飲んで、白ソーセージ食べて、おまけに現地のドイツ人のおっさんと仲良くなったらしいのです。

 

その話をドイツ人の同居人にしたら、日本人は外国語が話せず、お酒も飲めないと聞いていたのに、君の友達は朝一から知らないオッサンと飲んだくれルなんて頭がおかしい(゜゜;)、ですって。。失礼な…。

 

二人共、英語圏の大学行ってたから英語でコミュニケーションできるし、日本人の半数はお酒飲めますから…と(ФωФ)

変な日本の情報仕入れてくるのはやめてくれ、といつも思っていました。。

 

明るいうちから酔っぱらうのは度がすぎなければ楽しいですよね~

 

理性を保てる飲み方ならば…