スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

外国だけれども

No one

 

住み慣れたドイツからスイスへ一年前に移住しましたが、さほど大きな違いはあまり見受けられないような気がする、とドイツ人夫と話していました。

 

もちろん、ドイツの人はなんでもはっきり言う、というか言いすぎがちだし、スイスの人はハーモニーが大事っぽいし、などの国民性の違いとかはあります。

 

でも他の部分、たとえば日曜日にお店が閉まっていて買い物ができない、とか夜10時以降は静かに過ごさないといけない、とかが一緒だな、と。

あと、天気が良いとBBQするのと、寝袋とかテント持っててキャンプするのも一緒だし、外で日光浴びたかがるのも。何でも書類管理も同じ(私はドイツに比べるとスイスの方が書類は少なめに感じます)。公共のトイレがヨーロッパではかなりキレイな方だとか。資格証明書が大事だとかも…。

 

 

それから、これはドイツ、スイス限らずかと思いますが、欧米のカップル文化に、公共交通機関は改札が無い方が一般的で電車内で抜きうちコントロール、スーパーは自分で買ったものをレジのレーンの上に乗せて、スキャンしてもらった後自分でバッグに詰める、とか。お店に入ったら、まずは挨拶、とか。

 

この辺が同じなので、逆にスイスドイツ語圏からドイツに引っ越してもそんなに違う国に来た、っていう驚きは少ないのかも?と。

 

でも明らかな違いはあるはずだし、何が違うと思う?と夫に聞いたら、ドイツはお金がある人は見せたがるよね、と。結構露骨に成金みたいな見せ方もする人もいるし。元からお金持ちの人も包み隠さず、バン!ともってる高価なものを身に付けてる気がします。

 

もちろん人それぞれなのでただ私の主観です。

 

もっと細々した違いももちろん沢山あるのですが、ドイツに来てはじめの方に新鮮に思えたことが、スイス生活にも普通に組み込まれてるのでまた違う国にきたぞーー!!と強く思う感じはしないんだろうなあ、と。ドイツ語も書き言葉はほぼ同じだし。

私の話す言語もドイツ語のままだし。誕生日に主役がケーキ持ってきて社内で祝うのも。

 

スイスのフランス語圏とかイタリア語圏だと、ドイツではない国に来たぞー!ともっと実感できるような気がします。

 

だからまだ、移住者なのにドイツ感覚がサッパリ抜けないのかもしれません。夫がドイツ人だとかドイツ企業で働いてる、というドイツ要素を除いても、です。(会社では割とスイス人同僚たちとイチャついているので…)

 

それとも歳と共に感動する事が減ってきた、とか??

 

最近はスイス、ドイツの距離感が近すぎるだけでなく日本の距離感も近く感じるので変な感じです。この三か国は別に外国って感じがしない。住んでしまうとそうなるものなのかもしれません (^∧^)