スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

膨張するカラダ

 

momofuku: seven spice potato chips

 

四日連続でポテトチップスを夕飯前にバリバリ食べたんです。おまけにラムネ菓子みたいなのもつけて。あと、たまにカロリーの高いクッキーも。

 

不健康なのも太るのも承知の上で、好きに食べました。

 

そしたら二日目に自分の乾燥した肌がしっとりしてきて、もしかして油分が足りてなったからこんなにもポテトチップスを欲しがってたのか?!と思ったのですが、四日目に口内炎ちっくなものが出来始め、しっとりした肌がガサガサになってきました。

 

怖いですね…(;´д`)。

30過ぎて夕飯前にポテトチップス一袋を食べるなんて絶対にやっちゃ駄目!と以前言われたことがあるのに、お構いなしに好きに食べてたら肌は荒れるわ、太ってきて体は膨張するわ、で目に見える素早い変化に驚きました。

 

ここまでマイナスストーリーが続いていますが、一つ言えることは、ひとくちひとくちがとにかく幸せだった、と…。ポテチのない生活は考えられません。。

 

不健康でも太ると分かってても、ポテトチップスを食べてる時は幸せでした。。(涙)

 

しかし、鏡に映った自分の姿が太っている、というよりも膨張中、という感じでさすがに怯みました。

 

変な話、四日間連続で色んなメーカーの塩味を毎晩ひとふくろ食べて、結果ここまで膨張した姿を見ると、やりきった感があって、スパッと「あ、もう食べるのやめよ。運動しよ。痩せよう。」と思えたので良かったです。

 

罪悪感ゼロで、むしろ至福感に包まれ毎晩食べていたからでしょうか…。幸せ過ぎて、スーパーにずらーっとならぶ各種豊富なポテトチップスの陳列まで思いだし、感謝の気持ちを込めて食べていました。

アドレナリンが出まくって興奮していただけかもしれませんが…。

 

で、もちろんこんな生活をしているので、ドイツ時代も日本に居る頃より5キロ増し状態が普通、それでもドイツでは細い人扱いだったので調子に乗り、たまの日本への一時帰国の度に自分の姿を見て落ち込む、という有様でした。

 

スイスに来て、私の印象ではぽっちゃりの人も沢山いますが、ドイツの人よりも運動をして健康的なやせ方をしている人を多く見かけます。

 

自分をぽっちゃりの部類に入れずに、がんばって運動して健康的なグループの人々の仲間入りすれば良いのでは、と思い始めました。

 

そう目論みながらも四日連続ポテチを食べたのでいい訳は全くできませんが…。

 

外からの圧がないと、本当に好き勝手やってしまう性格なんだな、と改めて自分を傍観したり。

 

とにかく、せっかくスイスに引っ越してきたのだから、運動するチャンスはいっぱいあるし、この際新しく健康的に痩せることを日常に加えていきたいと思います(´ 3`)。