スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

異国生活は大変なのか?

weltspiegel


ときどき日本人の友達に、海外生活いろいろ大変な事もあるだろうに頑張っててえらいよー!と言われます。

 

ときどき、と言わず結構な頻度で言われるかも。

 

結構言われるので枕詞扱いにしてスルーしていたのですが、別の国に住む海外生活をしている友達や留学していた友達に言われて、急に気になりだしました。

気がつけば、私の周りは最短でも短期留学経験ありの友達が多いような。何かちょっとだけでも外国とか外国語とか、そういう事に縁のある人ばかり。

 

海外生活経験のない人が言うならまだしも、経験者が言うって事は海外生活は大変なのか?と急に自分に問い始めたのです。

 

実はあまりそういう事を考えた事がなかったのです。なぜかと言うと自分の意思でやってる事だから。辛いもクソも関係なく、気になる事に手を出してるだけなので結果として大変な事もあるかもしれないのですが、私としては気になる事に手を出せない状況の方が辛いのです。走り出そうとスタート地点に立ってるのに、走っちゃダメだよ!と言われる方が、走り出してからの息切れとか足の痛みとかに絶えるより辛い。

 

そういえば今、外国に住んでいる友達は旦那さんの仕事の関係で駐在中だったり、外国人の伴侶と出会って伴侶の出身国に住んでいたり。絶対に外国に住みたいという確固たる理由があった訳でなければ、海外生活は文化の違いや言葉の違いに触れる上に日本の家族や友達と離れて暮らしていくのが苦になる人には確かに大変だと思います…。自分の好きじゃないこととか興味のないことにどっぷり浸かるのはやっぱりしんどい(/´△`\)

 

文化の違いとか言葉が通じない、とかあれやこれや不便、とかありますが姑息な話で申し訳ないですが、私は自分の生活がそこまで苦にならなさそうな国を選んで海外生活を送っています。そして外国人として暮らしていきにくそうな街には住まない、と決めています。

 

それからどこかに永住しよう、とか骨を埋めよう、という考えもありません。夫婦2人だけだから身軽なのですが、海外生活がどうしても嫌になったら自分の故郷に帰ろう~と、とも思っています。夫が嫌がったらどうしよう?と考えたこともありますが、そうなったらおだててジャパンキャンペーンして無理やり連れて行こう、と思っています。それでも嫌がったら?…何かあるだろう。思いがけない解決策がいつも出てくるもんだ、と。

歳を重ねて身軽に身動きが取れなくなるときも来るだろう、とも思いますし、そうなったら、その時にならないと思いつかない解決策がでてくるのだと思っています。

だから今考えても仕方ない。

 

一応、外国の文化を学びつつ迎合しつつ、悩んだり苦しんだりはありますが、基本的に自分の嫌な事はやらない主義なので、どれだけ世間がこれが正しい、こうでなければいけない、と言おうとも自分にとって不本意であれば静かにスルー/無視して、自分には関係なきものとして生きています。

 

こんな感じなので、日本にいても自分の嫌な事はやらないし、でも嫌われたり敵をつくると対応する事が増えてめんどくさくなるので問題を増やさない程度にスルりスルりと抜け道を見つけて生きていました。なので海外生活でも日本生活でも大変な事はあるけれど、結局はどこにいても私の生き方では大差ないのかもしれない、と思っています。

 

モットーはいかに手を抜いて、快適に楽しく生きていくか、なのでそのモットーに従える道を何処にいても探すのだと思います。

 

 

良いように言えば、フットワークが軽く、好奇心旺盛で、違いを楽しむのが好きなので海外生活が性に合っているけれども、ガッツリしんどい海外生活を送る根性はないので一番楽な部分の海外生活を送ってると思います。

 

外国人の居ない地方や村でいちから何かを築き上げていく根性はありません。

なので、グローバル化が進んだ今の時代の海外生活、しかも外国人の多い街での生活はかなり気楽です。

 

悪いように言えば、定住根性がなく、一つの事をずっと続けられず、同じ事の繰り返しがないできない性格です。だからずっと同じ事を続けてられて、そこから社会的信頼を得て少しずつでも何かを築き上げていく事ができる人の事を私は尊敬しているし、羨ましくもあります。それが普通に出来る人の事を大変なのに頑張っててえらいなー、と私は思うのですが、その人達は何も頑張ってないよー、と言うのですね、はい。

 

と言うことで、海外生活は私の性にあっている。ただし、しんどい事はしたくないので気楽な生き方ができる街を選んでいる+グローバル化のおかげ(インターネットのおかげかな?)でここ数年くらいでグーンと海外生活は楽になっていると思うので、私に関しては海外生活はそんなに大変ではありません。

 

性に合っておらず、自分の意思ではなく、外国人の住みにくい地域にいる方にとっては海外生活は非常に辛いのではないかな、と思います…。でもこれも人によるので、ケースバイケースかと。。。

 

あと、変な話ですが海外生活でよく思い出すのが夏目漱石のこと。100年以上前にロンドン留学したなんて、本当にすごいと思います。思いっきり外国人で、天気の悪さに耐え…インターネットもなく家族や友達とも手紙や電信でのやりとり?でしょうしね…。日英辞書なんてネット検索できませんしね。イギリス生活の基礎やら傾向も知らなかっただろうし、和食も食べれないし。しかも船で日本からヨーロッパ…。1,2ヶ月の航海?!しんどい!!!! 彼の異国生活は大変だったに違いありませんね。。。神経衰弱になった、とか年表見たら書かれてますしね…。

 

申し訳ないですが、そうやって苦労された方の経験の上に、色々と改善された今の私の海外生活があるわけで…。100年前にそんな生活なんて私は泣いて逃げ出したと思います。そんなのやりきる根性は絶対にありませんので…。

飛行機で日本-ヨーロッパ間を行き来できるのも、なんてありがたいこと。

 

言い出すとライト兄弟に感謝もせねばなりません…ね(ФωФ)。

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。


にほんブログ村 
海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村