スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

胸をはれ! なんとかなる (まとまらない話)

Playmobils of the world

同僚(ドイツ語ネイティブ)が、彼の英語力が中学生とかの英語レベルで恥ずかしいと言うのです。英語で会話しているのを何度か聞いた事がありますが、時々つまったりはしますが普通に話しているし、別に恥じるようなレベルではないと思うのですが(しかも私なんて余裕でそれ以下なのに…)、本人は気にしているようです。

 

それを聞いた時になんだか「あれ?違和感。なんだろう。。」というモヤモヤした気持ちが湧きました。何だろう?と数日考えていて気づいたのが、彼が自信なさげに語っていた姿。

 

そうだ!それだ。ドイツ生活で人が自信なさ気に話す姿をあまり見なかったからだ、と。そりゃ、ごくたまーに、はありましたが謙遜の文化でもないし自分を卑下したりもほぼないし、自信なさげに話す事は自分のチャンスを奪うようなもの。。っていうかタイミングが悪けりゃ鎧を脱いで敵に攻撃してくれって言ってるようなもの。

 

外国人と関わることがある人は経験された事があるかと思うのですが、挨拶とか自己紹介程度だけなのに外国語で言えたら、その外国語を話せる、という人いますよね。それで4カ国語が話せるって…おい!!大げさやな!と思うのですが、それ位の勢いがあってもさほど問題がないかと。

 

ドイツで暮らしていた時思っていたのは、自己アピールはしておかないと埋もれちゃうし、いないものとして扱われるので、ちょっと前に出ておかないと、と基本設定にしていました。

 

 

でも、例えば、35人位のいる教室で一人はーい!私はすごいです!と手を上げる自己アピールではなく、濃霧の中に誰がいて、何があるか全く分からない状態の中、持っている懐中電灯でピカピカ照らさないと自分がいることを他の人に知らせる事ができない、そんな程度の自己アピール。

 

だからはりきって手を上げて、大声を出したりはしなくてもいい。

でも懐中電灯でピカピカはしておかないと、霧に埋もれていないものとされてしまう。

なので自分の存在は外に知らせないといけない。

はて、どうやって???=自分の意見を言う=そのために自分のことをよく知っておく。

 

傍から見るとディスカッションでもしてるのかな?と思う場面をドイツではよく見たのですが意見を言い合っているだけ、というのがよくありました。自分の存在を見せてるのかもしれません。だから誰かに何でも同調する事が良い訳ではないし(結果的にそうなるのはOK)、まずは自分のこと(ここは譲れるけどこれは譲れない、とか)をよく知っておかないといけない。そして何事も長所と短所を見て語れるようにしておく。

 

意見に正しいとか間違ってるなんてないので、とにかく何か言っておかなきゃならない。意見を言い出したら言い出したでどんどん突っ込まれるのでそれはそれで焦るのですが、黙っているよりはよーっぽど良い。

 

こんな感じでドイツ生活を数年すごしていたので、大勢の人と話している時に意見を言わずに静かに座っている人を見ると不思議な感覚になるようになりました。あれ、あの人いたっけ?みたいな。(ドイツ生活中に限ります。)

 

そして自分のことは謙遜しない。自慢もしませんが、悪くも言わない。

じゃないとこの人は結局何が言いたいの?みたいな雰囲気になるので。

 逆に言うと、もう色々めんどくさくて触れてほしくない時はじーっと黙っています。そうすりゃみんな私のことなんて忘れるだろう、と。

 

で、こんな感じですごした後スイスに来て、自分の存在をどうやって人前で扱うべきなのか悩みます。

あまり前に出すぎてはいけない様子。でもみんなちゃんと自分の意見は持っている。

まだよく分からないので、とりあえず様子見して人を真似るようにしています。

 

でも考えるのがめんどくさい時は、外国人ボーナスで許してくれ、とご機嫌に空気読まず好きにやっています。人間関係の気楽なコツは自分がすごくご機嫌にすごしていること。そしたら多少のポカだって何だってスルーしてもらえる気がします。その反対に、ご機嫌斜めのイライラは感染しちゃって芋ずる式に悪い方向へ行きやすいので要注意だと思っています。だってイライラした人と積極的に関わりたいなんて普通は思わないから…(;´д`)。

 

ここまで書いて何が言いたかったかというと、ドイツ生活で過ごした感覚が残っているのでそこを使いつつ、スイス生活どうしようかなと考え暮らしています+もしドイツ生活で何だコリャ、ともがいてる時期の方がいたら何かの参考にでもなれば嬉しいな、と思っている…という感じです。

 

よく日本人は海外に出ても自国のことを説明できない、とか自分の意見が言えないから恥ずかしい、とか私が学生の頃は特によく見た気がしますがそういうのは別にそんなに恥じなくて良いと思います。

 

単純に海を渡った国と文化が違うし、そういう教育を元々もうけていないのだから自然な事だと思います。逆に私の知ってる外国の人は日本に来てすぐ、日本で大事な暗黙の了解事項を知らないのだから、とまどうだろうし、それと一緒だと思っています。

 

もちろん、意見を言わないといけない文化に来れば最初は苦労しますが、人間慣れますのでなんとかなると思います。

 

最初っから現地人の土俵に立たなくても良いし、永住しても同じ土俵に立つ必要はない、と私の人生に関しては思っています。外国人として外国で快適に暮らしていきたいだけなので、自分に鞭は打ちません。もちろん、厳しいのが好きで性に合ってる人はそうやっていけば良いし。

 

私の場合はとりあえず全体の流れを見て、チェックして、そこからどうやって自分が快適に過ごせるか(手を抜いてるのにちゃんとしてるフリを心得る)、そればかり考えて生きているのでこんなまとめになりました。

 

ひとりひとり好きな事や、苦手な事、相性などはバラバラなのでみんなが自分のことをよく知って楽しく生きていけたらいいなぁー なんて。意見交換の日々の中よく思いました。

何様?って感じですが。。

 

 

で、いきなりまた、冒頭の彼の話に戻ります。

自信なさげにしなくても大丈夫。

どんと胸をはれ。

英語に自信がなくたって、他にいろんな事がいっぱいできるんだから堂々としていれば大丈夫!!!!

…と思いながら静かに見ています(-.-)。

 

他に出来ることいっぱいあるんだから気にすんな。しかも可愛いし優しいんだからなんとかなる!!…なんてのもひとの悩み相談に乗ってる時にも思います(-.-)。

 

胸をはれ!

ご機嫌でいろ!

何もかもめんどくさくなったら存在を消しちゃえ!

透明人間度を高めよ!

 

これでたいがい何とかなる(ФωФ)

 

 

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。


にほんブログ村 
海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村