スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

想定のプラス10歳が私です

"Wonderland" by Barcelona-based designer Jaume Plensa (Calgary, Alberta)

欧米でアジア人が若く見られるのはよくあることだと思います。

どちらかと言うと丸顔で皺の少ない顔、小柄、等そういった事が理由でしょうか。

 

私も多くの方と同じく実年齢よりも若く見られます。

若く見られるから嬉しい、とか言うことは別にないのですが困っていることがあります。

 

好奇心でその辺でやっているイベントに参加したり、お試しコースに参加してみたりすると総じて他の参加者が私より若いのです。それは別に良いのです。例に漏れず知らない人からいつも通り話しかけられるので、ぺちゃくちゃおしゃべりを始めます。

 

私は心の中で、「この人絶対に私を同じ世代だと思って話してるよなぁ…」と思うことが多いです。それも別に良いのです。

ただ、相手に話の流れで年齢を言わないといけない時が何となく嫌なのです。

期待を裏切る、というか…予想を裏切らせるというか…

 

なのでその流れになりそうになったら早めに「うん。あ、あなたの想定のプラス10歳が私の年齢だから…ね(*´-`)。」と言うようにしています。「うそ!絶対に嘘でしょう!」と言われるので、「間違っていないと思うよ、いくつ?? ○歳位でしょう。プラス10歳は間違っていないよ。」と…

 

ビックリされるのもめんどくさくなって来たので、「まあ、アジア人だからねぇ、若く見えるよねぇ。」と自分で言ってそこから話を広げないようにしています。

 

人を驚かせておいてなんなのですが、テレビでアジア人女性55歳のインタビューとか見ていて「絶対に嘘だ!40代前半でしょう!」と思うこともあります。アメリカ人俳優の年齢を見て「ぎゃあ、こんなに肝っ玉かーちゃんぽいのに私よりも若い!」と驚くことも…

 

 

仕方ないのですが…年齢を言うの嫌だなぁ、と毎度毎度思います(;´д`)。

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。


にほんブログ村 
海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村