スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

私を混乱させるドイツ語まとめ

Lego Deutsch

 

外国語を勉強していると、誰でも混乱してしまう単語や表現があるかと思うのですが私のいつも混乱してしまうドイツ語を誰得?という感じですがここでまとめたいと思います。

 

まず

der Nagel (発音:ナーゲル)=> 爪 

der Nabel (発音:ナーベル)=>おへそ

die Nadel (発音:ナーデル)=>針

 

私の生活で一番使用頻度が高いのはやはり爪ですね、Fingernagelという言い方もよくするので実はそんなに混乱しないのですが、おへそ/ナーベルと針/ナーデルは時々混乱の元になります。

 

混乱しようもなにも、人生においてどの位の頻度でこの単語を使うんだ、って話なのですが、たまに思い出したかのように雷様がおへそ/ナーベルを…みたいな話とか、ほら、胎児の栄養が、とかいう些細な話をする時におへそ/ナーベルという単語は必要です。

  

裁縫を時々するので針/ナーデルの使用頻度はそんなに低くないのになぜか混乱しちゃう、っていう。。。いや、時々使用するからこそ混乱するのか…?!

 

それから、これはドイツ語学習者によくある混乱だと思うのですが、

die See (発音:ゼー)=> 女性名詞だと海

der See (発音:ゼー)=> 男性名詞だと湖

das Meer (発音:メーア)=> 海

 

ええ?!名詞の性が違うと同じ単語なのに海と湖っていう両方、水っぽいもので…しかも別の意味になるの?!なんてややこしい!!とドイツ語学習を始めると誰しも思うと思うんですが…混乱しませんか?

 

でもよく考えると日本語もややこしい。湖(みずうみ)なんて漢字を知らない日本語学習者にはえ?水と海?みたいな…水+海はLAKEにはなりませんよ!みたいに混乱しても仕方ないかと…いや、もしや水+海は成分的に湖なのか…!?とか到底どうでも良い話ですみません…

 

そしてもうひとつ

das Erdbeben (発音:エアドベーベン)=> 地震

die Erdbeere (発音:エアドベーレ)=> 苺 

→複数形だとdie Erdbeeren(発音:エアドベーレ)

 

日本人としては地震に関する話題が多いので、エアドベーベンは多用してる気がします。苺に関しては単数より複数形で言う場合が多いので、苺が買いたいと言ったつもりが、うっかり地震が買いたいなんて時々言ってしまっているそうです。。

 

それから最後に

 

der Roman (発音:ロマーン)=> 長編小説

Roman (発音:ローマン)=> 主に男性の名前

↑アクセントが違います。

 

そんな大した話でもないのですが、長編小説って意味の名前なんて!!!と勝手に一人慌てたことがあったのですが、日本人の名前でも同音異語?のものなんて結構ありますもんね。

 

例えばですが…

 

女性名

あいこ => じゃんけん…

かな => 仮名

 

男性名

ゆうき => 勇気、有機

とおる => 通る

 

などなど。。。今思い出せませんが、もっと混乱する単語があったはずです。

いつかまた気が向いたらまとめたい(誰得?)と思います。

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村<a/p>

---------------------