スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

ドイツの常識: 誕生日パーティーは這ってでも参加せよ

Birthday Cake


ドイツの方は誕生日に命かけてると思います。

 

日本では子供はお誕生日はお祝いするけれど、大人になったらそんなに公にお祝いする事は滅多にないと思うんです。

 

でもドイツは大人も子供も関係ない。ひっそり祝う人もいるけれど、ちゃんと毎年パーティする人はちゃーんとやっています。(大人もしっかり祝うのは、ドイツのみならず欧米では普通なのかもしれませんが、この辺は私にはドイツ以外の事は分かりません(>_<)。)

 

ドイツ式の誕生日の祝い方は、誕生日の本人が人を招待しもてなす、という形式なので呼ばれたパーティに行けば様々な食べ物が用意されていたり、持ち寄りパーティだったり、などもありますがゲストがおもてなしを受ける、という形。

 

誕生日パーティをしない人とたまたまお茶していて、急に「今日は実は私の誕生日だからここのお会計は私に支払いさせてね。」なんてのも珍しいことではありません。

私も「昨日私の誕生日だったんだ、だから今日のお昼はご馳走させてね。」とやっていたりは普通でした。

 

ドイツ人夫がたまたま誕生日が同じドイツ人+アメリカ人の高級レストランでの誕生日パーティに参加して、アメリカ人参加者の方が多かったのでアメリカ式のゲストが祝う方法で祝ったそうです。レストランの費用をゲストが割り勘というのを知らなかったらしく激しくショックを受けていました笑 しかも星の付いたレストラン笑

 

その話を聞いた時に、日本でも基本的には誕生日の人が周りからお祝いしてもらう、という感覚だからアメリカ式だよ~と説明したのですが。世界的に見るとアメリカ式が普通な気がするのですが、どうなのでしょうか??

 

 

ここで、唐突ですが…私がドイツ文化に激しく突っ込みたい事を書きます。

 

ドイツでは風邪をひいた人が職場に来ることを全力で嫌がります。大抵、秋冬の寒い時期で暖房をしっかり機能させる為にも職場の窓は閉められているので体調の悪い人がやって来て、咳をしようもんなら、ねぎらいの言葉「大丈夫?」の中に「風邪ひいてるのに会社に来てるんじゃねえ、皆にうつったらどうするんだ、さっさと家へ帰れよ!」という意味がこめられています。

 

露骨に嫌がる顔をする人もまあまあいます。体調悪い人は病欠使えるんだから会社に来るな、という考えです。それでも咳き込みながら働いてる人は時々いますが、それを眉間にシワを寄せて見つめる人…ちょっとドラマみたいで面白がって見てしまいます。。

 

で、仕事関係で風邪をひいた人や体調の悪い人に対してはこのような対応なのに、誕生日パーティには風邪をひいていても、体調が悪くても参加しないといけない様な雰囲気があります。

 

断ろうもんなら、私嫌われてるのかしら、大事な友達だと思ってたのに、的な事を考えさせてしまうので極力避けた方が良いと思われます。もちろん人によって考えは違うので、一概に言える事ではないですが、こういう考えの人は多いです。

 

ということで、体調の悪い人が辛そうにしながらパーティに参加しているのは普通。体調のせいで長居はできないのですが、ビール一本位は飲んで少しおしゃべりして、早めにおいとましていく、という。で、体調の悪い人というのは本当に青白い顔をしていたり、目の下にクマがあったり、目が半開きだったり半端ない体調不良っぷり…

 

そしておもしろいのが、誕生日以外の時に友人に会って、相手が風邪をひいている場合は「風邪がうつったらいけないから。」と握手なし、ハグなし、で軽くハグするフリ、とかで済ませるのに誕生日の時はそんなの関係なくって思いっきりハグする…という笑

 

風邪うつっちゃうよねん。。と思うのですが。

 

最初、ドイツで誕生日がこれほどまでに重要と知らなかったので体調不良の時に二度ほど断ってパーティーに行かなかった事があるのですが、後々聞いたらお誕生日の方は結構残念そうな顔をしていたそうです…(ごめんね。。)

 

日本人的感覚だと、体調不良の人にわざわざ誕生日パーティに来てもらう方が気を遣うし、お家で元気になるまでゆっくりしてね、と思うような気がするのですが…

逆に仕事は体調悪くても行け!って感じなので、ドイツと真逆ですね。。

 

そんなこんなで、ドイツの誕生日パーティには這ってでも参加しないといけないので、お誘いを受けた辺りから少し体調管理を気にし始めたりしていました。

 

スイスではどんな感じなのでしょうか。這ってでも参加方式なのでしょうか。

実はドイツの強制参加型の誕生日パーティの緊張感から開放されほっとしているので、スイスも同じだったらちょっと嫌だな…と思っています( ´_ゝ`)。。

 

お祝い事に対して失礼極まりない上に、誘ってもらえるなんて本来はありがたい事なのですが…本音を言えばちょっと休憩したいですヽ( ̄▽ ̄)ノ。

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村<a/p>