スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

ドイツ初ネットフリックスオリジナルドラマ

Netflix Shipping Center Sign

アメリカからやってきた、オンラインの動画配信サービス、ネットフリックス。

いま、どこの国でも利用している人が多いようですが、我が家でもご多分にもれず視聴しております。

 

ネットフリックスのオリジナルドラマもかなり沢山あり、一部のドラマは大成功を収めているそうです。今までみていたドラマはアメリカやイギリスの物が多かったのですが、遂ににドイツ初のネットフリックスオリジナルドラマが配信されるという事で見てみました。

 

実は最初は見るのを渋って断っていました。ドイツドラマは私にとって当たり外れの差が大きかったので、外れた時に偉大なネットフリックス様(ネットフリックスのおかげで人生更に楽しくなってきた、とその存在を大きく見積もっています…)で世界中に大外れなドイツドラマをさらす事になったら、見てて恥ずかしい!という気持ちになるじゃないか!とちょっと数年ドイツで暮らした位の身分でかなり心配していたのです。

 

しかし、何度も見ようよ、と説得されるので渋々見始めました。

タイトルは「ダーク」。ドイツのある小さな街で、男の子が行方不明になる、という話なのですが、この配信が始まる前に世界的大ヒットをしたアメリカ発のネットフリックスオリジナルドラマ「ストレンジャーシングス」と丸被りやないか!と…

www.youtube.com

 

ちょこちょこ、ストレンジャーシングスを思い出させる様な似たような場面が何度かあり、「くそぉー、こんなに似てたら丸パクリやないか!うぅー 恥ずかしい!」と思っていたのですが、とにかく進んで見ていくと内容は全く別物という事が分かり、おもしろいのではまってしまいました。

 

ただ、ドイツ語でドラマを見ていて微妙に大事な部分を理解していなかったり、という事がままあるので日本語でこのドラマについて検索して、ネタバレでも良いから誰かの解説をちゃんと読もう、とネット検索してみました。

 

面白いけど、暗い、というコメントをちょくちょく見て、「え?暗い?」と驚きました。ドイツのドラマの割には展開が早く、心底どうしようもない、ってとこまで追い詰めるわけでもなかったし、映像も北欧のサスペンスドラマみたいに静かな中にも、薄い色の種類を様々使ってお洒落に見せるようにしてるし、さすが世界配信という事でかっこよくしてるんだなぁ!と思っていたのに…

 

コメディや明るいドラマも沢山あるけど、ドイツのドラマを見てて「これは暗いわ…」

となるものは、本当に監督やりすぎだろうよ…という、このドラマのメッセージは何だったんですか、視聴者を精神的に追い詰めること?という位のえげつなさなので、割と明快にしたな!と感心したこのドラマが日本では暗いと言われるなんて…と少しショックでした。

 

でもよく考えてみたら、ドイツに来たばかりの頃は私もいつも「暗っ!!もっと明るくいこうぜ!」と思っていた事がとにかく、とにかーく多かったのです。

ドイツ生活?楽しいよ!でも暗いよ、人の表情とかコメントとか、あと何とも言えない間とか…と答えていた気が。。

 

つまりはその暗さに慣れてしまった、という事ですね。

 

一年半位、日本に帰らず久々に一時帰国してみて「わぁ、みんな明るい~ニコニコしてる。ポジティブ~」と思った記憶もありました。

 

みんなニコニコしてるね。テレビのCMもみんなニコニコしてるし、何か踊ってるCMが多いね。わぁ~楽しい、ふわふわ~、みたいな気分になった事も思い出しました。

 

暗いかどうかはともかくとして、おもしろいので機会があれば見てみてください。

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村<a/p>