スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

恐怖の日曜日

Sunday Shoppers


ドイツでもスイスでも日曜祝日は休業日のため基本的に買い物ができません。街の中央駅や別途許可をもらっている小さなお店などは例外的に営業していますが、ショッピングモールなどは閉まっています。

 

なので平日働いていてその後に買い物に行く時間のない人は土曜日に買い物に行くしかないので、土曜日は結構どこも混んでいます。

 

あぁ日曜日も買い物ができたらなぁ、なんてドイツに来てすぐはよく思っていましたが数年経つとさすがに慣れてくる。でもどうしても必要な生活用品などは中央駅のドラッグストアに行って買う、などしていました。

 

日本出身うんぬん問わず、昨今は欲しいものが割とすぐ手に入る時代。日曜日にお買い物を控えろ、とは特に若者(だけではないですが)には酷なのでは?と思ったり。

 

https://www.instagram.com/p/BZ_hDRuAAT8/

#恐怖の日曜日 #ドイツ #ドイツ生活

そんなこんなで昔からあるのかは分かりませんが、年に数回日曜日もお買い物が出来る日があるのです。もちろんみんなが楽しみにしているイベント事のような扱いです。

 

私も一度、その日曜日に買い物に出かけてみたのですがあまりの人の多さに怯んでしまいすぐに疲れて帰ってきてしまいました。

なので、勝手に恐怖の日曜日と名づけています。

 

この混み具合、別の機会にも体験できます。

たとえばドイツが祝日の場合、オランダ近くに住んでいた私達は国境を越え、平日だったオランダへ買い物へ行きました。それはそれは多くのドイツから来た人々で混んでおりました。オランダにいるのにすれ違う人ほとんどドイツ語を話している!

 

スイスに来てからも、スイスの祝日に買い物が出来ないからとドイツまでひとっ走りして恐怖の日曜日的な混み具合を経験しました。行き交う人はスイスドイツ語で会話しておりました。

 

人を沢山見るとなんであんなに疲れるのでしょうか…

 

こうやって日曜日と祝日が休息日なのはキリスト教の考えからなので、休むということはやはり良しとされている文化だと思います。

休むからこそ次へのエネルギーがまた出てくる、という。その通り(•ө•)♡!

 

不便だけど国境越えて買い物に行く楽しみもありますし、家でおとなしく過ごすこともできますし、日曜日の買い物を恋しく思う時もありますが、大事な休息日ということでこれからも愛でていきたいと思います。

-----------------------------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、
いう方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。
どうもありがとうございます!!

にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村