スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

チューリッヒにてプチ・ベルリンを発見

One Lonely Sunday Morning

ちょっと用事があり、Bäckeranlageというチューリッヒ中央駅からトラムで数駅の公園へ行きました。

 

その近くに行ったときに、何か既見感があるなぁ、ここ知ってる場所だっけ?と思いながら歩き、あ!ベルリンみたい!ベルリンっぽい!と思いました。

 

チューリッヒには高級ブランドも多く、ハイソなイメージの街であるかと思うのですが、その辺りだけ、ドイツの首都とはいえ相変わらず貧しいベルリンの様に見えたのです。

 

具体的にどの辺が、というとベルリンでよく見た築100年前後は当たり前の旧式アパートやグラフィテイ、とにかく外に座っているだけの外国人の方々などなど。なんだかちょっと治安が悪いのかしら?と思ってしまうちょっと汚れた感じの雰囲気。

 

数年ベルリンに住んでいた事があるのと、元々大好きな街なのでベルリンを悪く言うつもりはありませんが、ドイツの整然とした姿が良い具合に崩されてカオスなのがベルリンの特徴だと思っています。

 

そんなこんなで、私の持っていたチューリッヒのイメージとはかけ離れていた、ベルリンっぽい街がここにもあった!と感動しました。

ベルリンにあるようなお洒落カフェやレストランもポツポツあります。

辺りを歩く若者も、ベルリンっぽいちょっとヒッピーなラフな感じ。

 

ただフラフラ歩くだけなのに、ベルリンにいるような気分になってしまいます。

ちょうど夜行列車でベルリンまで行こうか、なんて話をしていた時期だったので予行練習の様で嬉しくなりました。

 

家に帰って夫に、「チューリッヒにもベルリンみたいなところがあるよ!」と喜んで説明したら、既に有名な場所だったらしく、観光本に書いているのを読んだ、とも言われました。ドイツ人の友人にも、チューリッヒにベルリンみたいなところがあるの知ってる?と聞かれたので、みなさん周知のご様子。

 

Langstrasseという通りの近くが該当エリアです。

チューリッヒに居ながらにしてベルリン気分を味わいたい方は行かれる事をお勧めします!