スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

やっとドイツ人夫の滞在許可証が届く!。

fdgb-buch

 

EU市民ならすぐに滞在許可証(Ausweis)が発行されるよ、と言われていたにも関わらず、夏休み期間中と私という第三国出身の配偶者がいるからなのか、ドイツ人夫の滞在許可証の申請から受け取りまでに3週間かかりました。

 

基本的には滞在許可証がないと働いてはいけない、と私は固く信じていたのですが、夫は入国(その日に住民登録と滞在許可証の申請を行いました)から就業開始まで3日しかなかったので、滞在許可証のない状態で働き始めました。

 

そんな事は許されないだろう、と早めにスイスに引っ越して入国をして、余裕をもって滞在許可証をもらえるようにしないと、と私はひとり焦っていたのですが、その必要はなかったようです。

 

先にスイスで働いていたドイツ人の友人カップルも、働き始めてから滞在許可証をもらったと言っていて、滞在許可証の意味ってなんなの?!と混乱しました。

 

ただ、EU市民に対しては実際は滞在許可証と言う名前ではなく証明書(Ausweis)という名前になっています。ドイツ人の友人にも、この証明書がなくたって勤務契約書があるんだから働き始めて大丈夫なはず、と言われました。

 

私がもらう予定のものは滞在許可証(Aufenthaltsbewillung)というもので、EU市民である夫と同等の滞在権利をもらえるのですが、証明書と滞在許可証では名前にやはり差が感じられます。

 

そして、求人に応募してもまずは私の滞在許可証の有無を確認され、これがないと面接の話も進められない、という状況です。それに対してEU市民の場合は証明書がなくても勤務契約書があれば就業開始できる、という考えのようです。

 

なので、同等の権利がもらえるといえどもやはりEU市民と第三国出身者では扱いが違うようです。

 

調子に乗って羽目を外さないようにしなければ、と自制の日々です…

(うっかりドイツ人と同じつもりで行動して日本人だから、と法に触れてはいけないので(-.-;))