スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

イタリア人の誇り?

引っ越しに伴い、リクエストがあれば内覧の為に知らない人にうちに上がってもらっています。先日、チューリッヒ市内に住む女性がきました。40代後半位の女性です、セールスメインの仕事をしていて、ずっとチューリッヒ市内に住んでいたけど、この15年で自分…

仕事しながら海外大学へ

海外大学と言っても、海外在住なのでそんなに珍しい事もないのですが、社会人をしながら大学生もしています。 数セメスターが終わった所ですが、まだまだ修了まで数セメスター残っています。 働きながら大学生、ですので大学はオンラインで受講してパートタ…

国際免許証の取得時にドン引く

国際免許証を取得すべくチューリッヒ州の交通局へ行ってきました。 国際免許証の取得は割と簡単です。 スイスの免許証の両面をカラーコピーしたものと、証明写真を持っていって国際免許証が必要な旨を伝えると、即時発行してくれます。 発行といっても簡単な…

その⑤ ボーデン湖サイクリング三か国周遊ツアー//ブレゲンツへ

電動自転車のサイクリングツアーにて、ドイツからオーストリアへ入国しました。オーストリアのブレゲンツという街に一泊するべく、まずはホテルへ。 結構暑かったので、ヘトヘトになりながら受付へ行くと、受付の女性がオーストリア方言で話しだすので早速、…

その④ ボーデン湖サイクリング三か国周遊ツアー//リンダウへ

フリードリヒスハーフンの次はリンダウへ向かいました。 距離は25キロほどで、電動自転車で行くので気楽なものでしたが足は大丈夫でしたが段々とお尻が痛くなってきました。もっと手元に重さを置ける自転車であれば良かったのですが、一応街乗り用だったので…

その③ ボーデン湖サイクリング三か国周遊ツアー//ツェッペリンミュージアム

二日目はFriedrichshafen滞在の一番の目的、ツェッペリンミュージアムへ。 Friedrichshafenの対岸にあるコンスタンツはこのサイクリングの最初の出発地ですが、コンスタンツへ行くとよくツェッペリンが飛んでいるのを見かけます。 今となっては見慣れたので…

その② ボーデン湖サイクリング三か国周遊ツアー//ホテル散策とユーロビジョンソングコンテスト 

ホテル内にはボーデン湖畔にうつる夕焼けが見えるテラスがあるとのことだったので、時間を見計らってテラスへ向かう事にしました。 地図に従って最上階に行ってみると、そこからテラスという名の屋上に向かって階段がある、的な表記が。最上階を隅から隅まで…

健康の秘訣を聞かれたら?

ドイツに居た頃、日本人は魚を食べるから健康なんでしょ?とよく聞かれました。 いや、そういう問題じゃない!なぜ肉を悪にして魚は良い、という考えになるんだ!と毎度毎度、ちょっとだけ、ナンデヤネン!という気持ちになっていました。 要は食べるものの…

その① ボーデン湖サイクリング三か国周遊ツアー

何とか投稿タイトルに無理やり、詰め込みたいものを詰め込みました。 タイトルに書いてある通り、スイス、ドイツ、オーストリアの三か国で共有するボーデン湖沿いを二泊三日でサイクリングツアーしてきました。 サイクリングと言っても電動自転車ですので、…

バスの乗車時にはにかむ

コロナ真っ只中の時に、バスの運転手さんの健康を守るために、という事でバス前方の扉から乗車できなくなりました。扉は閉まったままで、通常であれば運転手さんから乗車券の購入もできたのですが、それも出来なくなりました。 運転手さんのすぐ後ろの席と、…

その② スイス式の内見事情と家賃

七人目は女性で、この方も定年退職したばかりとの事でした。彼女も給与明細を出せと言われても出せないし、家賃の三か月分が給与になっていれば、収入が安定しているので借りれる、と言われるけれど年金で5100フラン(約70万円 本日のレート)を毎月もらえるわ…

その① スイス式の内見事情と家賃

管理会社が住居検索サイトに我が家を掲載しているので、数か月後に迫った退去までに、希望者は内見できるようになっています。 内見希望者はサイトから管理会社に電話をして、夫の電話番号を教えてもらい、夫に電話して見学日を決める、という仕組みなようで…

チューリッヒ湖で船上ステーキとスイスドイツ語のコツ

会社から、チームアクティビティという事でチューリッヒ湖で船上クルーズ、ついでにステーキも頂くというイベントに参加してきました。 参加者はうちの部署の人、関係部署の人、で総勢20人位でした。来れない人もいたので少し残念でしたが、まあ休暇時期も始…

辞表を出すとやる気がなくなる

タイトル通り、辞表を出すとやる気がなくなってしまいました。これは普通の事でしょうか。 以前ドイツに住んでいた時のドイツのテレビ番組の司会の人の、冠番組の放送があと数か月後に最終放映日が決まり、その後は業界を引退、という事がありました。 最終…

その② 例の疫病の無い世界

本当に驚かれるかもしれませんが、スイスはもう例の疫病のない世界風味が漂っています。でも存在してるんですよ、ちゃんと。だってうちの部署で感染した事がないのは私ともう2人の同僚で、あとは15人ほど皆感染していました。二度感染してるひともちらほら。…

その① 例の疫病のない世界 

スイスは5月2日から例の疫病に関する入国制限を撤廃しましたので、普通の入国基準を満たす人は誰でも入国できます。 マスク着用義務も4月1日から完全に無くなり、陽性者も接触者も隔離義務が無くなったので、全体としての対策がない日常に戻りました。 例の…

やりすぎなのか?スイス郵便のサービス

どういう流れでそうなったのか覚えていないのですが、何かのタイミングでスイス郵便のオンラインカスタマーサービスに登録したようです。 それ以来、自分がオンラインで注文したものが届く前に、〇月〇日に▼▼社の小包が到着予定です、というメールが届くよう…

職場のメンタルヘルス

ドイツに居る頃からメンタルヘルスが理由で退職する人は見てきましたが、スイスの今の職場では、というか私のいる部署ではメンタルヘルスで退職する人を三人見てきました。別に一人、長期病欠後に復帰し、別の部署に異動した人もいます。 かく言う私も以前、…

海外在住者の年金の行方

また海外移住することになりましたので、クレジットカードの解約とか銀行口座の解約とか、携帯電話の解約とか、とにかく解約関係が発生しております。 めんどくさい手続きですが、海外引越には付きものなので、まあ仕方ないと思いながら対応していますが、こ…

スイスの気になる広告

スイスで生活していると、見かける広告で結構面白いな、と思って忘れられないものがあります。ありすぎて何を見たか忘れてしまった、という状態なので過去に気になったものはここで紹介できないのですが、最近気になったものを紹介したいと思います。 こちら…

チューリッヒカジノお試しデー

チューリッヒの街中にチューリッヒカジノがあるのですが、無料のお試しデーがあったので行ってきました。 通常はドレスコードがあったり、もしかしたら入館料が必要だったりするのかもしれませんが、無料デーは誰でも入館できるカジュアルデーだったようです…

こんなに切なくなるなんて...

以前、ブログのどこかで書いたと思いますが、また海外移住する事になったのでスイスを離れます。手続きも進み、本格的になって来た今...スイスを離れるのが...切ない!! なぜ...!?あんなにも、どっかまた他の所に住みたいな~ スイスは良いところなんだけ…

自分で決めない連休の良さ

イースター直前の木曜日、スイスの友人宅に泊まる予定だった義母から無事にスイスに到着したのでお茶でもしましょう、と連絡がありました。 本来ならば金曜日の朝食にて義母のスイスのご友人家族と一緒に、、というプランでした。なので朝食に招待いただく、…

スイス・チョコレート試合

この時期、イースター前に恐ろしいほどのイースターにちなんだ、というかあやかった、というか…チョコレートがスーパーなど至る所に並びます。 全くチョコレートに興味がないので、恐ろしい数だ…あれはクリスマスに猛烈に販売されてたチョコレートを溶かして…

チューリッヒのオペラハウス

(画像はオペラハウス内から見た、広場の様子です。) チューリッヒのオペラハウスの前には大きな広場があり、クリスマスマーケットやスイス国立サーカスが催されたり、またチューリッヒ映画祭のメイン会場?なのか有名な映画関係者の方が開催中には来られてい…

スイスで自分の成長を感じる

先日、上司との社内評価面談があったのですが、特に何も期待もしていなかった割には評価が良かったです。個人的には最低限の事を淡々とやったまで、なので特別に仕事ができる、なんてことなかったと思います。たぶん一般的な日本人の働き方をもう少し緩くし…

ここ最近のこと

何だかんだでもう三月末ですね!時間が経つのは早い!今年は年明けから色んな事が盛りだくさんで精神的に疲弊しておりました。 先月のウクライナ侵攻の後も随分ひどく落ち込んでいました。 大好きな同僚がウクライナの人で、彼女の日々痩せていく姿、目がう…

夢の中

数日前に夢の中でどこかのヨーロッパの旧市街にいました。 とても居心地の良い場所で、国がどこなのか分からない。 建物を見て、ここはフランス?と思い、レストランを見て、いや、イタリア?開いた別のレストランのテラスを見て、いや、ギリシャかもしれな…

平日の美術館

前回の投稿から20日も開いてしまい、尚且つ前回の内容が内容だっただけにまるでこの20日間ドヨーンと過ごしていたようですが、そうでもないです。 なかなか心穏やかに充実した日々を送っておりました。 ストレスの原因である仕事が穏やかだったので、仏みた…

ドヨーン日和スタート!

毎年恒例の冬の天気の悪さにドヨーンとする期間が始まりました。 厳密に言えば11月から4月頭位まで続くのですが、個人的に一番きついのが2月です。 この一か月だけ頑張って乗り切ったらあとの月はおまけみたいなもんよ!と毎年言いながら、3月に数日ドヨヨー…

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村