スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

リベンジブランチ

しつこくまたブランチに行ってしまいました。

 

最近ドルダーグランドホテルのブランチに行ったばかりだというのに。

詳細はこちら↓

 

www.do-sui.com

 

今回は、チューリッヒを一望できるユトリーベルクという山の上にあるレストランにてブランチを体験してきました。Uto Kulm というホテル内にあります。

utokulm.ch

 

チューリッヒ交通局の乗り放題チケット込みで65フラン(約8000円 本日のレート)という事でした。住んでる場所に寄るとは思いますが、我が家からは電車賃が往復10フラン以上したので、電車賃を差し引いたら50フラン程度、という事でしょうか。

 

山の上にあるレストランなので、今の時期は雪が積もっています。電車はチューリッヒ中央駅からどんどん上に上がっていくのですが、2,3駅走った辺りから雪が一面に見えてきます。

 

駅に到着してからも、これまた10分弱、頂上に向かって多少の傾斜を登らねばなりません。ここで、うっかり街中で履く用のロングブーツを履いてきてしまった事に気づいて、慌てました。雪で凍った地面がアイス状態であれば、すってんころりん、と転んでしまうからです。

 

おまけに手袋もしていなかった事に気づきました。

雪の積もっている場所で!この、おバカ!と自分に心の中で軽く言いました。

まあ、我が家の辺りでは雪は積もっていませんでしたので、仕方ない、という事にして。

 

もちろんニット帽はかぶってました。頭が冷えると風邪ひいてしますので、気を付けないと。

でも手袋なしで、素手で凍った手すりを触るのは寒かったです… 

着るもの、身に着けるものって大事ですね、、、動物なんて素っ裸で年中生きてるというのに、人間は…服がないと生きていけない!(一部例外をのぞく)なんて。

 

 

つるっと滑りそうになりながらも、転ばずレストランまで何とかいけました。

受付でコロナパスと身分証明書を提示して、席に通され、あっという間にブランチビュッフェの始まりです。

 

11時から14時の間がブランチ時間だったそうで、11時過ぎに到着した時には既に多くのお客さんがいて、皆さんせっせとビュッフェで好きなものを取って皿に盛っていました。

 

コーヒーマシンの前には行列ができていたので、あそこで時間がかかりそうだ、と思って先にクロワッサンやハム、チーズ、サラダなど冷たいものを取って席につきました。

その後、目玉焼きやロスティ、ベーコン、など温かいものを取って、その隙に夫がオレンジジュースなどをとってくる、という。その後、コーヒーマシンが空いていたのでカプチーノを入れて席に戻ってきました。

 

なぜまたブランチに行ってしまったか、というと、夫が前回のドルダーグランドホテルのブランチを評価するにしても比較対象がないので、何とも言えない、という事で今回のブランチを予約したのでした。

 

前回のブランチは多種多様なサラダや、生牡蠣、パン、こじゃれたスムージー、等はビュッフェスタイルでしたがドリンクは自分の席で注文したら店員さんが持ってきてくれる、というものでした。

 

今回のブランチは全て自分で取りに行くスタイル。なんと11時30分前位には、もうランチメニューが振る舞われ始めました。目玉焼きやロスティはそのままに、エビを炒めたもの、チューリヒ名物の肉料理、炒めたごはん(チャーハンではありません)、鶏の焼いたもの(名前を忘れました)、ラビオリ、など。。他にも何かあった気がしますが忘れてしまいました。

 

そして13時位からは、デザートが振る舞われ、チョコレートフォンデュも出現しました。

 

今回比較してみて思ったのは、、、そもそも私にはブランチは合っていない、という事でした。

出来たらしっかり朝ごはんを食べたい。出来るならば和食。温泉旅館でがっつり朝からこれでもか、と白米、鮭、納豆、卵焼きにお味噌汁、あと梅干しや昆布の...名前なんでしたっけ、あれ、あれとか、明太子、とかそういうのをたらふく食べたいです。

 

個人的には、ドルダーグランドの多種多様なサラダは美味しかったのでお気に入りでしたが、後で出てくるランチ部分はお腹いっぱいになって妙な罪悪感があり、しかもそこはビュッフェ形式ではなく出されたものを食べないといけないので余計に、お腹いっぱい、と思いながら食べるのに罪悪感がありました。

 

なので、今回いったUto Klumのブランチの方がランチ部分が自分で量を調整できる、という部分とランチが出てくる時間が非常に早かったので、気楽さはこちらの方がありました。

 

また、シャンパンも出してくれたのですが、これも料金に含まれているらしく、ドルダーグランドのようにアルコールは別料金、で後で支払わなくていい、というのは楽でした。

 

今回の方は結構カップルで来てる人が多かったです。ドルダーの方はグループやファミリーで来ている人が多い印象でした。その日によって違うとは思いますが。

 

もちろん値段はドルダーの方は今回の約二倍でしたので、単純に比べてるのもどうかと思うのですが、一応どちらもそこそこチューリッヒでは有名らしいので、興味本位で体験してみるのは良かったかと思います。

 

あ、そうそう。ドルダーの方は確かに高級、というか...お金かかってますね、、という印象で、今回の方はヨーロッパの4つ星レストランの朝ごはんビュッフェにランチビュッフェが付いただけ、という表現が一番ふさわしいかもしれません。高級、という感じはしませんでした。

 

ドルダーの方はDJがいましたからね...笑 DJって... はい、DJが...。

受付でコートも預かってくれるし、1席に担当者(研修生)が付いてくれたり、何となく高級感はありました。

 

今回のブランチでは結構すぐに帰るカップルもいて、それには少し驚きました。いくら高級でないとは言え、安くはないので。何か安くなるプランがあったのかな、どうなのかな。

 

私達も食べ終わったら結構すぐにレストランを出ました。

レストラン横からはチューリッヒチューリッヒ湖が一望できる景色があり、今はちょっとしたクリスマスマーケットぽい出店も出ていたので、かわいらしい雰囲気がありました。

 

外に丸太があって、丸太の横に釘と金槌が備え付けられてるのですが、そこで自由に釘を打ち付けられるようです。何か願掛けの意味などがあるのだろうか?と思いつつ、ひとつ打ち付けてみたら、みるみる丸太の中に釘が入っていって、ナニコレ楽しい!!ともいつつ8つ位、おりゃ!おりゃ!と打ち付けてしまいました。

ストレス溜まっていたようです。。

 

気になる方は行ってみてください。

友達など訪ねてきてくれた時に利用してみるのもいいかもしれません。

 

では~

 

また。

アデー♡

 

 

 

 

 

なんて良い時代になったんだ!

ふと、グーグルマップを見て、ストリートビューで実家と行ってた中学校辺りを見て、うわ!なんて良い時代になったんだ!と思いました。

 

今更ストリートビューって...って感じなんですけど、、

 

私、あそこで育ったんですよね。あの風景を見て、あの山を見てたんだな、と思って。

学生時代の嫌な気持ちとか不安定さも思い出したりして。

あの角を曲がるだけでお腹痛くなってたわ、そういえば、とか制服いやだったなぁ。。。とか嫌な思い出ばっかり笑 なんですけど、でも思いのほか緑がちょこちょこ近所にあって、駅から遠くて不便な郊外だったんですけど、でも平和に、夢を見ながら生きてたな~ なんて思って。

 

割と良いところで育ったのかもしれん、と思いました。

ぱっとして何か華やかなものがある場所じゃないですけど、近所のクリーニング屋さんにはたまにしか行かないのにどこの子が知られていて、何でだろう、と思ったり。

 

いつも夢を見ていて、都会に行きたいと思って(とは言え割と都会が遠い郊外育ちですが)、そのうち外国に行ってみたい、と思って。今こうやって外国から、夢を見てた頃の自分を思い出せる場が見れるって、タイムスリップみたいで面白いです。

 

制服が窮屈に感じて嫌だった気持ちが昨日の事のように思い出せるので、あれ?あの時、イギリスのアイドルグループが好きだったな、そういえば、と思うと、あれ?私いまヨーロッパ暮らししてる?あれ?イギリスが近い、、あの頃はインターネットが始まる手前で簡単に外国の情報は手に入らなかったんだよな、そういえば、と。

 

あの頃の未知な外国の印象も知ってるし、今は世界中の情報や画像や動画がすぐに見える時代で、外国の未知さは随分少なくなっていて、どちらも知ってて、どちらの気持ちもまだ持ち合わせてるから不思議です。

 

色んな情報が瞬時に入ってくるから、情報に埋め尽くされて苦しむ事も沢山あるのに、外国に憧れていた時は、その情報が欲しくって仕方なくって、触れたくって、そこに行ってみたかったなぁ、と。

 

どっちの良さも悪さも知ってるので、自分で情報の入手具合を調整したらもっと生きやすくなる気がするのですが、せっかちなのと好奇心のせいで情報をどんどん仕入れてしまって疲れてしまいます。

 

情報の取り扱いを注意しないといけない時代になりましたね(いや、随分前から...)

でも良い時代でもあるんだな、だってストリートビューで思い出のアルバム体験ができるんだもんね。

 

以上、ややセンチメンタルになった話でした。

では~

 

また。

アデー♡

 

 

海外移住用の無犯罪証明書と証明写真

スイスの無犯罪証明とドイツの無犯罪証明が必要、という事でスイスの郵便局へ行ってきました。

 

スイスのドイツ語圏ではStrafregisterauszugという名前だそうです。

窓口へ行って、身分証明書を見せて申請です。パスポートじゃなくて滞在許可証だけを窓口の人は見ていました。

 

私の情報をコンピューター内に書き込んで、追加で両親のフルネームと、また母親の旧姓まで登録が必要なので、紙に簡単に書いて見せました。

 

ここまで行ったところで、担当者さんが『しまった!どこの国に提出用ですか?』と言うので、○○です、と国名を答え。そうすると、じゃあ英語表記ね、と。

 

申請内容を印刷したものを見せられるので、内容を確認して間違えではなければこちらがサインして、数日待てば家に届くという事でした。

 

10日位かかると思ってたのに3日位であっという間に届きました。

わざわざ英語表記のものが必要ね、と担当者さんが言ってたのに届いたものはいつものドイツ語、フランス語、イタリア語、英語の四か国語表記でした。

 

なーんだ、別に英語だけで表記されるものを発行する訳じゃないのね、と。

 

次に必要なのは、ドイツの無犯罪証明書です。

これはスイスドイツ語圏とはまた違った呼び方で、Führungszeugnisと言うそうです。

ドイツにはもう住んでいないので、郵送で申請です。

オンラインで必要費用を振り込んだスクリーンショットを紙に印刷したものを同封して発送しました。一体どれくらいの日数で届くのでしょうか。

 

今回、無犯罪証明書が必要なのは移住の滞在許可証の申請書類の一部だったからです。

過去10年暮らした国での無犯罪証明書が必要とのことで、スイスのみならずドイツの分も必要となりました。

 

犯罪を行った記憶はないし、罰せられた記憶もないですが、どの程度の犯罪歴があったら移住できないのでしょうか。スイスだとスピード違反でも場合によっては犯罪扱いになるような気がするのですが、、、気のせいかな。

 

無犯罪証明書の取得手続きの後は、近所の写真館へ行って証明写真?これも滞在許可証用に撮影してくれました。

どこの国用ですか?と聞かれたので、○○です、と答えたらちゃんとその国の滞在許可証に必要なサイズが明記されている資料を見せてくれて、それに合わせて撮影してくれました。

 

三枚撮って、そこからお気に入りを決める、という。

〇〇国では笑った写真は本当にアウトなので口角の上がっていない、この写真がおススメです、など店員さんが教えてくれました。そんなにこの村に住んでる人の中から〇〇国へ移住する人がいるものなのだろうか、と思いつつプロの素早さに感心しました。

 

残念だったのは、どれも二重顎がくっきり映っていたところです。

ああいうのは、フォトショップみたいなので消してくれないんですかね。

私が二重顎であろうがなかろうが、私と認識できたらいいんだから、もう良いんじゃない?と思ったんですけども。。

 

数時間後に印刷されたものを取りにいきましたが、二重顎のままでした。

フォトショップみたいなので消してくれたりはしないようです。。

そりゃそうですよね、、、そんな事したら偽造になりますよね...。

 

でも、、二重顎って...そりゃ確かにここ数年で激太りしたけど、この証明写真が今後、移住先の国の身分証明書に使われるのでしょうか。。い、いやだわ!!!どうにかして!

 

スイスの滞在許可証の写真は、移民局に行って、プリクラ撮影機みたいなのに入って、ぼんやりカメラを見てください、はい!撮影完了!って感じのスイス現地で撮影された出来立てほやほやのものです。

 

なので、え?どうしたら良いの?みたいな一瞬戸惑った表情の写真ですけども。。

 

ま、誰も私に興味なんてないでしょうしどんな写真でも良いんですけど、

美しく映っていたら、証明書を見る度に ウフフ、って思えますよね。

そのウフフが日常的にもっと欲しいんですよね~ うーん どうにかならんかなぁ。

その割には美容に対する努力が足りないのは分かってるんですけど。

 

 

いきなり話は飛びますけど、今ふと思い出した事を。

また別の国へ移住の話が出始めた時に、また移住か~ しんどいわー やる気でないわあ...無理無理、と思ってました。

 

そんな折、近所のバス停でバスを降りたら後ろから知らない女性にいきなり声をかけられて、私のカバンが素敵だからどこで買ったのか教えて欲しい、というのです。

個人的にも最高に素敵なカバンだと思っていたので、さすがお目が高い!などと思ってブランド名やどこで買ったのか説明しました。

 

そしたらその女性が素性を話し始めて、メキシコ人で、前はメキシコ人の親友が近所に住んでたけど○○国に移住しちゃってさみしいわ、と。

あんな遠くに行っちゃってね、そりゃ魅力がある国なのかもしれないけれど、と聞いてもないのにペラペラと喋ってくれました。

 

ひゃぁあー 恐ろしい、ちょうど私達に向かってやってきた移住話の○○国の名前がまた出てきた、と思って。。

何なの一体?移住しろって事?と思いつつ、ドキドキしてしまいました。

 

 

それからあれよあれよ、と移住が決まったんですが。。

また気が向いたらブログにも詳細を書いていきたいと思います。

 

では~

 

また。

アデー♡

 

 

 

 

逆走する時計

ある晩のこと、ソファーでゴロゴロしていたら、急に何とも言えない何かがこすれるような聞いた事のない音が聞こえてきました。

 

何事?!と思って辺りを見渡すも、何も起きておらず。。。外から?と外を眺めるも何もなく... 音の方へ耳を澄ませて近づいていくと、なんと壁にかかった時計が逆走していました。

 

短針が猛スピードで反時計周りに逆走している音が聞こえていたようです。

ぎゃー!と思って、別の部屋に居た夫を呼んで、ちょっとー!!時計を見てよー!!えらいこっちゃ、えらいこっちゃ!と。

 

夫もこんなの初めて見た!と驚いていました。

短針のみならず、長針も猛スピードで逆走していました。

 

ひ、ひぇ。。 一体何が起きてこんな事になってるんだ、と。

 

どうしよう、、時計が逆走するってことはバックトゥザフューチャー...じゃなくてバックトゥザバック、、という事は時が過去に... って事は私、若返っちゃう?!と思って、驚きながらも喜びました。

 

時計は逆走したまま、その晩を過ごし、次の日私は出社せねばならなかったので、時計の事はいつか止まるか通常の時計回りにもどるだろう、と思いつつ出かけました。

 

帰ってきて、在勤中だった夫に時計はどうなったか?と聞いたら、まだ逆走中、とのことでした。

 

あれまぁ~ と言いながら、修理せず、その後三日ほどそのままでした。

 

しまいには、私のスマートウォッチさえ時間表示をしてくれなくなり、スマホか時間表示をしてくれているラジオがなければ、時間確認ができない、という状況になりました。

 

時計表示なんてどこかにあって当たり前、と思っていましたがあるものが機能しなくなると時間が分からなくなって何の予定も立てられなくなるものですね。

 

時計ができる以前の人は外の空の様子とか、体内時計とか、外の動物の様子とか、さまざまなヒントを持って時間を知ってたんでしょうね。

 

とりあえず、逆走してる間は不気味だわ、と思ってたのですが私が若返ってる事にしておけば気分が良かったので、逆走時計を見てギャー!と思いながら、うふふ、若返ってる若返ってる🎵と少し楽しんでいました。

 

今でも、たまに逆走時の事を思い出して若返ってしまったわ、うわははは と喜んでいます。

 

時計の逆走ってどれくらいの頻度で起こるのでしょうかね。

もしかして一生に一度??

 

いや〜 びっくりしました。

 

トイレの水は止まらなくなるわ、時計は逆走するわ、で快適なお家時間が危ぶまれる日々でした。もうこれ以上のプチストレスはいりません。

 

www.do-sui.com

 

逆走時計話は以上です。

では~

また。 アデー♡

 

 

見た目が外国人あるある

ヨーロッパ生活では見た目アジアンな私は基本的には分かりやすい外国人なので、見た目が外国人あるあるなんだろうな、と思う事をひとつ。

 

職場にて。

 

何度か少しドイツ語で会話した事のある他部署に人に、いきなり英語で話しかけられる、という。別に英語で話しても良いのですが、一瞬びっくりします。あれ、前はドイツ語で話したよね?と。

 

外国人=英語で会話、と頭の中で出来てるんだと思います。

なので、見た目アジアン=もろに外国人=英語で会話、と瞬時に判断するのだと思います。

 

チューリッヒの会社では珍しい事ではないと思うのですが、従業員の国籍が豊かで英語メイン、ドイツ語なしで働いている人がいるという。うちの会社も同じく、そこそこ英語メインの人がいます。

 

逆に、見た目がヨーロピアンな他部署の人に対して、容赦なくドイツ語で話しかけたらポカーン、とされて返答がないので、もしや英語?と思って英語で話しかけると回答がある、という。

 

その人たちはむしろ、ドイツ語が分からないのにドイツ語で話しかけられる、というあるある生活があるのかもしれません。

 

うちの会社でちょっとややこしいな、と思うのは本当に多国籍なので知らない他部署の人に連絡を取る時に、ドイツ語か英語どっちなんだろう?と思いつつ、名前を見ただけでは分からないので、とりあえず英語でメールして、やりとり。するとある日電話がかかってくるとドイツ語。あ、この人ドイツ語を話す人なのね、と思って別件でドイツ語でメールをすると、CCに誰か新しい人の名前が入っていて、その人は英語しか分からないので、内容が英語に置き換わっている、という。

 

なので、ドイツ語話者で普段は私と話す時はドイツ語だけど、直属の上司が英語メインの人なので、何かあった時に私達のやりとりをそのまま転送して理解してもらう為に、とメールでは常に英語でやり取りする人もいます。私達二人だけで電話や会話する時はドイツ語、という。

 

これも多国籍企業では、ドイツ語圏以外ではよくある事なのかもしれません。

 

職場以外の、通常の生活ではぱっと見もろに外国人の私を見て、ドイツ語?英語?と聞かれる事もたまにあります。その時にはドイツ語でお願いします、と言って、高地(標準)ドイツ語で、と指定したり。

 

ドイツ語でも英語でもどちらでも良いのですが、やっぱりドイツ語話者の人はドイツ語で説明する方が上手だし大事な事を省いたりしないので、ドイツ語圏暮らしのうちはドイツ語で対応してもらった方がいいかな、と思います。

 

ではー

また!! アデー♡

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村