スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

和軽食屋さんに行ったあとの町散歩


f:id:iiimo_imo:20201219185511j:image
*クリスマス前の話です。

インスタグラムを使ってると自動的に広告が入ってくるのですが、そこで知った日本の丼ぶり専門のお店MARUさん。

 

 

チューリッヒ中央駅についにお寿司メイン以外の和軽食屋さんができるなんて!とオープン一週間後に喜び勇んでお昼を過ぎて中途半端なおやつ時間頃に行ってきました。

頼んだのは唐揚げ丼とほうじ茶。普通に美味しかったです。無意識のうちに何にも期待しない癖がついていたので、そのせいで余計に高低差がすさまじく、食べた瞬間に、あれ...美味しい(当たり前)..お米がふわふわだわ。。。と。

 

ちなみに普段、和食は自分であまり作りません。しょーもない事情があって作り難いだけなのですが。なので外食で和食を食べたり人様の手料理を頂くと、私は今まで一体何をしていたのだろう...と思うほど感動します。お値段も21フラン(本日のレート 約2460円)という事で、スイス価格ではそこまで高くない。むしろ思ったよりもお得ではあります。何より、チューリッヒ中央駅構内というアクセスの良い場所にあって、さらっと買って持ち帰りもできるという間口の広さと利便性が素晴らしいですね。

オープンしてくださった方々、ありがとうございます!とお店の方向に向かって心の中で叫びたい。いや、心の中なので叫べる。


f:id:iiimo_imo:20201219185527j:image

 

食べた後は駅構内から出て、あてもなく街をうろうろすることにしました。

バーンホーフシュトラーセというメイン通りに出てみると、目に入ってきたこの看板。 


f:id:iiimo_imo:20201219185555j:image

ここではマスクを着用して下さい。お願いします。皆、ね。

と【皆】と最後に念を押すスタイルが公共の注意喚起にしては面白いと思ったので撮影しました。

 

そしてひたすらまた通りを歩き、人や街並みを見るばかりで特にこれと言って何の目的もないので、ライトアップ用に吊られている電飾を見て、小さくキラキラしているのが綺麗...誰がいつ設置してるのかしら、と思ったり。私の様に上にスマホを向けて撮影している人を見たり。


f:id:iiimo_imo:20201219185610j:image

 

平日の16時前後でも、街にはひとがあふれていて、いつもなら店外に行列などできていない幾つかのお店の前に行列ができていました。皆、クリスマスプレゼントを調達しているのでしょうか。

 

ぼんやり歩き続けて、曲がりたくなったら急に曲がる、という方法で霧がかかった街の中心に向かって歩き。


f:id:iiimo_imo:20201219185656j:image

 

リマート川の方に来て、オレンジ色の光が水の表面に反射しているのを見て、綺麗だなあ、霧で曇っているからか、オレンジというか琥珀色が目立つなぁ、と。

 

f:id:iiimo_imo:20201219185707j:image

 

その時に撮った動画です。↓ 何も起きません。水面を飛び回る鳥をひたすらぼーっとしながら見ていただけですが、ぼーっと鳥を見たい人はよかったら見てみてください。

youtu.be

 

 

そのまま歩き続け、アコーディオンで演奏するストリートミュージシャンの前を通って、街に音楽をありがとう、と思いつつも財布を出すのはめんどくさいので何もせず。

楽しんだのに何もせずは良くないんじゃないか、ストリートミュージシャンに後払いできるシステムがあればいいのにな、いや、あれはその場でお金を渡すからできるちょっと照れたアイコンタクトの良さか?でもなあ...などと自問しました。

 

その後、湖の上で忙しくする鳥たちをぼーっと見て、ベルビューという場所までいきました。

 

その時に撮った動画です。↓ 何も起きません。水面の鳥が動くのをひたすらぼーっとして見ていただけです。でも鳥が動き回る姿は可愛いのでお時間ある方は見てみてくださいませ。

 

youtu.be


f:id:iiimo_imo:20201219185740j:image

 

オペラハウス前の広場には椅子があるのでそこに座って暖かいものを飲むひとや、誰かと話すひと。遊び回る子供など。


f:id:iiimo_imo:20201219185756j:image

 

私も大きなクリスマスツリーの近くに座ってぼーっとしていました。

ちょっと寒かったけど散歩したあとだったのでちょうど良い休憩場所に。

 

ツリーをよく見ると❤️を発見しました。

見えますか?この画像の中です。
f:id:iiimo_imo:20201219185842j:image

 

♡を見つけちゃったので良い事ありそう?あるはず!あります!(無理やり)

丁度この投稿日は12月25日なので

メリークリスマース\(^-^)/ と無理やり陽気な雰囲気を出して...

 

締めたいと思います。

 

ではでは、また~

 

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ


 

非常に珍しいチューリッヒ州からのお便り

出かけて家に帰ってきたら、チューリッヒ州からお便りがとどいていました。

f:id:iiimo_imo:20201224004903j:plain

 

こんなの今までもらったことがないぞ、と思いつつ裏面を見るとメッセージがありました。

f:id:iiimo_imo:20201224005000j:plain

 

簡単に訳してみると...

 

【親愛なるチューリッヒ州の住民の皆様

 

この約1年の間、コロナの世界的流行が私達の生活に影響を及ぼしています。

この状況は皆様にとって容易ではありません。過去数か月の間、周囲の人々や私達の州の為に特別な努力をし対策に従ってこられました。心から感謝しております。

引き続き注意し、厳しく衛生と行動規範に従って下さい。このように私達は自身と周囲の人々を守り、そしてこの大流行を共に乗り越えていきます。

 

皆様とご家族にとって穏やかなクリスマスを祈っています。】

 

という内容でした。

要約なので詳細や下手な日本語訳については突っ込まれませんよう、お願い致します...

 

ついでにビデオメッセージのリンクも明記されていたので見てみました。

リンクはこちら↓

www.zh.ch

 

youtu.be

 

このビデオの説明によると、やっぱりチューリッヒ州から住民に対して直接このような便りを送るのは珍しいそうです。今までやったこともないそうで...あとは上の訳の様な事をおっしゃっていました。

 

スイスドイツ語ですが、ユーチューブの字幕を選んだら高地(標準)ドイツ語の字幕も付きます。

 

確かに、この約一年間、例の疫病に振り回され今も引き続き新しい決め事に追われる日々ではありますので、州政府も大変でしょうがこうやって葉書を送ろうという試みは人間味が感じられて良いかもしれません。

 

最初にこの葉書の写真を見た時に、チューリッヒの冬の普通の風景(霧深くても山の上に登ると日光が見える)かな、と思いましたが太陽の光は恐らく希望の光を意味しているのかと。

 

そしてチューリッヒ州の州旗(画像右上のライオンの横の資格のマークです)に色味も似てるし、選んだ人の何か意図するところがあるのかもしれません。

 

今年も予想外続きだったけど、来年はどうなるのでしょうかね。

色々な立場の人の気持ちを考える年でもあったな、と思います。

 

どうなるか分かりませんが、皆様にとって良い日々であることを願っています。

 

ブログは今年もまだ更新したいのですが、気まぐれなのでこれが最後になるかもしれません。

 

いつも読んで下さってる方、たまたま読んで下さった方、どちら様もわざわざ時間を使って読んでいただけるだけで嬉しいです。

 

そして、ついでに本音も書いておきます→またご訪問いただけると嬉しいです!

 

(とりあえず…)

メリークリスマスと良いお年を!

今年もどうもありがとうございました。

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ


 

ぼーっとしたい時に動画をどうぞ。


f:id:iiimo_imo:20201219192544j:image

出かけた時に撮った風景の動画を二度と見返さないまま、これどうしたら良いんだといつも思ってたのですが、そのままお蔵入りするのも勿体ないのでユーチューブにアップすることにしました。

 

特に何も起きない動画です。ひたすら風景を見るのみ...ぼーっとしたい時に見ていただけると嬉しいです。

 

あと、スイスの風景だけなのですが、スイスをちょっと見てみたいなあ、という方にも。

また他の国に自由に旅行できるようになれば他の風景も増やしていきたいです。

 

 

完全に趣味でやってるだけので利益も何もないのですが、チャンネル登録者数が1000人を超えて、また過去12か月の公開動画の総再生時間が4000時間を超えると収益を得られるプログラムに申し込みできるらしい、というのはアカウントを作成して分かったことです。

 

ユーチューバーの人は再生回数が多いとそれで収益も増えるのかな、と思ってたのですがチャンネル登録も重要だったんですね。だからチャンネル登録お願いします、と色んな動画で言ってるのか!と新しい発見がありました。

 

あと、気に入ったら『いいね』も押してください、というのは単純に見てる人の反応が分かって嬉しいからというものなのでしょうか。これが直接収益につながってるようには思えないので、動画投稿者のモチベーションのため?なのですかね。確かに私も二つどなたかが押してくださった『いいね』でちょっと床から飛び上がるほど嬉しかったので笑

 

ということで、今まであまり気にしなかった『いいね』を人様の動画を見て少しでも良いなと思ったら押すようになりました。こうやって他の人の立場から物事を見れるようになるのも新しい発見で心が躍りますね。シンプルなのに楽しい~ それとも私が単純なだけなのか...

 

私のチャンネルは完全に趣味なので収益化は目指していませんが、削除するにもできないし、もて余すように扱いに困る動画を誰かに、しかも世界中の人に簡単に見てもらえるなんてありがたいことです。良い時代になりましたね(しんみり)。

 

そして、画質が悪くて申し訳ないのですが一分程度で短いので、何かで忙しくしてる時に小休止用に一瞬ぼーっと見てもらって、気分転換してもらえたらいいな、なんて発信者側からの希望はこのようになっています。

 

欲が出てきて、スマホ撮影は止めて動画撮影用にGo Proを買うべきか、なんて調べたら設備投資に三万円~四万円が必要だと分かりました。これは…思っていたより高い。趣味用なのにここまで支払っていいものか、いや、良い画質のものを撮りたい...うむむ。。と悩み。

 

でもそんなの買っちゃったらもっと欲が出て、旅の間に自分自身がぼーっと風景を見るという行為ができなくなってしまうんだぞ!という想いも...

 

ということで良い画質に憧れはありますが、自分もぼーっとしたいので当面の間はこちらの本格的でない感じで、気が向いたら何か動画を追加でアップする、というスタイルでいきますので暇つぶしに見ていただけると嬉しいです。

 

ではでは~

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ


もみの木を買って思うクリスマスマーケット

Christmas tree

 

ある日、ネットショッピングをしていた所、かわいらしい豚のオーナメントを発見しました、クリスマスツリー用です。あまりの可愛さに、これが今すぐ欲しい!そしてこのオーナメントを生かす為にはクリスマスツリーが必要だ!と閃きました。

 

なぜ閃く、という表現かというと欧州生活10年以上なのに、今の今までクリスマスツリーが欲しい、と思ったことがなかったからです。はなっから自分が買うものではない、と何故か思い込んでいました。今年は例の疫病のせいで出来る事も限られるし家にいる時間も増えたので、家時間を充実させるためのアイデアは必要だと常々思っていました。

 

スイスがドイツからリスク地域扱いを受けているので、クリスマス時期にドイツの義実家に帰れるかも怪しいし、多くのクリスマスマーケットは開催中止予定になっているし、こうなったらスイスでクリスマスっぽさを出すには他力ではなく自力しかないな、と。特にクリスマス、というイベントにそこまで興味が無かったけれど冬季鬱には悩まされているので、11月頃から街中がクリスマスに向けてホクホクし始める楽しい雰囲気はいつもありがたく頂戴していました。ご機嫌な人の雰囲気おすそ分けを頂くのはこの暗い時期には本当に大事。

 

それが、、、今年は残念ながら無さそうなので、今年は自力で、とクリスマスツリーを買いに行くことにしました。ドイツに居た頃は街中に急に出てくるもみの木販売所で買えばいいのか、とやんわり思ってはいましたがスイスではどうすりゃいいか分からない、と思っていたところホームセンターで安く売っていることが判明。

 

早速、家からすぐに行けるホームセンターに向かいました。店内に入り店員さんにもみの木の場所を聞き、外に置かれたもみの木の集団を見に行きました。一番小さなもので約20フラン(本日のレート 約2300円)で120㎝位だったと思います。次に大きなものが160cm位で値段は約30フラン(本日のレート 約3500円)でした。

大きさ的に160cm位のものがちょうどいいな、と思ったので既にネットカバーを掛けられ持ち運びしやすくなっている木をしつこく見比べて、ひとつ選びました。

 

これがネットカバーを切って開けるまではどんななのか品定めができない、ということで良いものが欲しい反面、何が出てくるか分からないお楽しみ袋を開けるような楽しさもあるので、もし希望の見た目でなくてもいいかな、と思ったり。

 

わくわくしながらもみの木を抱えて車の中にそーっと入れて、着ていたもこもこ羊風ジャケットについたもみの木の葉の部分を手で払い、霧がかった夜道を帰りました。

 

何故、ゴミを捨てに行くときに羽織るライトダウンジャケットで来なかったんだろう。何故、最近洗ったばかりのもこもこ羊風ジャケットで来てしまったんだろう、ともみの木を運ぶ時にジャケットが汚れるのは想定できなかったのか?と疑問に思いました。

 

そして、もみの木を運ぶ自分の姿が昔見た洋画か海外のブラックコメディドラマの、遺体を遺棄する人、みたいに思われました。重さはそこまでではないですが大きさがまるで人のようなので...。霧の中、街灯や車のランプのみが明るく見え他は霧で覆われている夜道がホラーやサスペンスドラマのような不気味さに似ていたので、この車に積んだもみの木は実は… なんて洋画に出てくる人みたいな気持ちになりました。その日は70年代ファッションで過ごしていたので、それこそ70年代風のホラー映画風味が漂っていました。

 

おまけに、この...私がクリスマスツリーを買うなんてね!そんな欧米文化みたいな事をするのか!と欧州暮らしの癖に急に何とも言えぬ気持ちになりました。クリスマスにもみの木ってめっちゃ欧米やん!と。。

 

後日、豚ちゃんのオーナメント以外も欲しくなったので近所のお店で♡型や天使、小鳥の描かれたものなど、それなりに可愛らしいものをそろえました。レトロなスキーヤーのものもぶら下げ、スイスっぽくて良いんじゃない♪とうっとりしています。まだまだ足りない気がするのでこれからもどこかで可愛いものを見つけたら続々と飾り付けていきたいと思います。

 

ところで、クリスマスらしいデコレーションについての情報がゼロなりに、クリスマスと言えば...と考えたら、ふとドイツでよく見た煙だし人形を思い出しました。

Räuchermannと言う名前でお香立てらしいのですが、クリスマス時期にはよく見かけました。特にクリスマスマーケットにて。

 

203/365 20121220

Räuchermann

 

別に回し者ではないですが、可愛い煙だし人形を販売しているお店を見つけたのでリンクを貼っておきます。↓

www.office-danke.com

 

それから、くるみ割り人形も。

German Nussknacker (Nuts Opener)

 

あれ?ドイツに居た頃、くるみ割り人形を持ってたのにな...もしや引っ越しの際に捨てた??

 

煙だし人形もくるみ割り人形もドイツにいけばこの時期、どこでも買えるじゃないのさ、と思ったのですが、今の今まで全く興味がなかったので買わなかった...

そして、今はドイツはロックダウン継続中で商店は閉まってるしクリスマスマーケットも中止のところが多い。。残念すぎる、今やっと興味が出てきたところで...

と言っても、スイスからドイツへ入国後2週間は隔離が必要なので、前みたいに簡単に行けないのですけどもね。。(一部地域を除いて、スイス以外の近隣国もドイツからはほぼ全てリスク地域指定されています)

 

え?もしやドイツってクリスマスのデコレーションが可愛い国なの?と今更気づく、という。信じられない。そういえばニュルンベルクのクリスマスマーケットも有名ですよね。わざわざ世界中からこの時期に観光客が来る位に。あれ?あれれ?今までのドイツ生活、クリスマスマーケットに興味なさ過ぎて色々逃した?...と気づかされました。

 

う、うわ...今めっちゃドイツのクリスマスマーケット行きたい欲が高まってきた笑

ドイツに居た頃はむしろマーケットちょっともううんざり、位に思ってたのに…

 

ないものねだり。隣の芝生は青い現象かもしれませんね。

そして当たり前に近くにある時にはその価値に気づかない、という失恋ソング的な要素も若干あるような気もします。

 

来年はドイツのクリスマスマーケットに行けたらいいな。 

 

お読み下さりありがとうございました。

またブログに遊びに来ていただけるととても嬉しいです。

 

ではでは~

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ


 

霧の濃い日の遊び方


f:id:iiimo_imo:20201126183715j:image

 

最近、霧の濃い日が続いています。
朝起ると外の景色が真っ白で、お昼に近づくにつれて霧が晴れていくというのは時々あるのですが、ここ数日は一日中霧の中にいるような気がします。

 

寝入る時は特に何の問題もないのに、明け方起きようとしたら体がだるくてしんどい時は、霧の濃い朝ということが多いです。気圧の関係でしょうか。

 

個人的には雨は降らないけれどずっと灰色の空の色の中過ごすよりかは霧で白っぽい世界で生きていく方が少しは気が楽です。冬季鬱で悩まされる原因は光の加減かもしれないので、私にとっては白っぽければ白っぽいほど天気が悪くても気持ち的には良好な気がします。雪景色も、辺り一面が雪に覆われ真っ白になるので、冬の間でも元気でいられる要因かも。とにかくどよーんとした灰色の空色が続くと暗い事を考え始めてしまいます。

 

先日、チューリッヒ空港の真横にある飛行機を真直に見れる駐車場へ行きました。週末はハイキングと称して色んなところに歩きに行ってるのですが、今回はいつも行かないところへ行こう、と空港近くのビオトープを目指して滑走路が見えるところへ行ってみました。駐車場は結構大きいので、普段は飛行機を見に来る人であふれているのでは?という印象でしたが、その日は霧の濃い日だったのでまばらでした。例の疫病以前には2分に一機の割合で離着陸していたらしい空港ですが、そんな様子は今は見受けられず。。一体、いつ飛行機が飛び立ち着陸するのだろうか、と霧に包まれた滑走路を静かに見つめていました。

 

何も起きないな...と思いつつぼーっとしていたら何処かから聞こえてくるゴゴゴという轟音、段々とこちらに近づいてくるので間もなく飛行機が着陸するんだな、というのは分かるのですがとにかくどこからどの会社の飛行機がやってくるのかがギリギリまで分からない。みんな空の方を見るけどれど、見えないんです。するとあっという間に霧で覆われた雲の中から大きな飛行機がにょろっと出てきて滑走路へゆっくりと着陸。
ギリギリまで本当に見えなくて、どこの会社のものか分からないというのがなかなか興奮材料になりました。


一人勝手に興奮して、これは面白いぞ!と次の飛行機も待ちわびていました。最初に見た飛行機はスイス航空のもの、次に見たのもスイス航空のものだったので、もしやスイスの空港だけあってスイス航空機しか見れない?と思い始めたところ、三機目はドイツ、ルフトハンザ航空のものでした。その後も間隔を開けて続々と着陸していく飛行機。ポルトガルギリシャセルビアや韓国の飛行機も見ました。

 

ニュースでチューリッヒ空港は閑散としている、と何度か見たので全く飛行機が飛んでいないイメージがありましたが、それでもやっぱり空港は使われているんだな、と少しほっとしました。飛行機がないと私は母国に帰れないので...どうしようもなくなったら船という手もあるでしょうが現実的ではない。。

 

空港を利用する予定がなくても、あの場所が身近にあることによって私はいつだって母国や世界とつながってるんだぞ、という気持ちになるので安心材料の一つです。

 

そんなこんなで、霧の中からにょろっと現れる飛行機を鑑賞するのはなかなか楽しい遊びだったので、おススメしたいです。気になる人は霧の濃い日に滑走路近くまで行ってみて下さい。

 

今回いった駐車場の近くには、ラクダ園があるらしく、二度ラクダとすれ違いました。馬や牛とすれ違うことはよくあるのですが、ラクダは初めて。馬に乗って歩いている人を見ても何とも思わなかったのに、ラクダに乗っている人を見ると、私もラクダに乗ってみたい!と思ったので我ながら驚きました。この感覚は何なのでしょう...。ラクダのこぶの間に座るのが快適に見えたのかな。冬の間は静かにしてるそうですが、春以降は催しもののあるラクダ園らしいので、行ってみて少しラクダに乗る体験ができればな、なんて。

 

リンクはこちら↓

www.benskamelfarm.ch

 

霧の濃い日の遊びはもう一つあります。
これは霧の濃い日に懐中電灯を持って、近所の森の中を散歩した時に気づいたことですが、どこでもいいので、光をかざしてみると細かい水滴が見れるのです。それはそれは小さな粒で、でもキラキラと輝いているようにも見えるし。この水の粒が霧を作ってるのか!と思うとなかなか感慨深いです。懐中電灯がなくとも真っ暗な場所にある街灯の下でも見ることはできますが、懐中電灯のどこを照らしても水滴が見える感は、見えないものが急に見える感覚、しかもそれを自分でコントロールしてる気になれるというところがおススメです。

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ