スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

外国語学習方法について

Foreign Language Bookshop

 

普段、ドイツ語をメインに話して生活しています。仕事ではドイツ語と英語を使用しています。そして時々、スイスドイツ語に悩まされています。

 

実は2015年にフランス語圏に移住の可能性が...という話があったのです。

それで単純にフランス語の勉強をした方が良いのではないか、と考えた挙句フランス語の初級講座に参加しました。結果は無残なものだったので、私の頭には何も残っていません、、、

 

しかし、もし2015年から現在の2020年まで真面目にコツコツ、フランス語学習を続けていたら5年も継続するのですからそこそこのレベルにはなったと思うんです。全く初めての外国語学習ではないし、英語とドイツ語の知識はある程度あるし、それが助けにはなるだろうし外国語学習のコツも知っているので役立つはず。時はインターネット様様時代、一つの単語を探すのに紙の辞書を引いていた時代とはスピード感が違う。それなのに、全く進歩せず今に至ります。そしてフランス語のメールを仕事で転送され困り果てる、という始末。

 

なぜならば、、、続けるモチベーションがゼロだったから。動機がなかったんですよ、移住するかも、という話があった時はまだフランス生活を夢見てたので何とかなりました。それが通ってる講座の先生が急に来ない、その後先生が急に2人変わる、挙句3人目はフランス語専門の先生じゃなくて、なぜかフランス語の入門知識ゼロの中国人生徒を究極ひいきする、という講座内容で、授業の進度は遅いし先生はおかしいし...でやる気をそぎ落とされ、その内移住話も立ち消え... って言い訳しすぎ?

 

いや、そんなはずはない、私は凄い人ではないので。いつも真ん中辺りをうろうろ、運が良けりゃ中の上、それ以外は真ん中の中の闇グループみたいなところをふらふら。。。そんな人間に精神を律した戦略など通用しません!!

 

フットワークは軽いが光の速さで飽きる人間に継続が必要な娯楽や趣味など地獄か拷問か、位の...

 

じゃあ何で英語とドイツ語は何とかなってるんだ、という話なんですがそれは興味があって継続できるモチベーションが自然とそこにあったから、というそれだけのことなんです。

 

じゃあモチベーションがなかった時にどうしたらいいんだ、でも外国語学習をしたいんだ、という場合にいい方法を見つけました。

 

必殺...とにかく耳に入れる。できれば動画も込みで、作戦。

このブログでもたびたび書いてきましたが、スイスに移住してからとにかくスイスドイツ語に悩まされていました。スイスドイツ語のドラマを見て、スイスドイツ語コースで学び、それでも満足いく状態にはならなかった。。。なのに、、今私は以前ほど毎日悩む程はスイスドイツ語に苦しんでいません。なぜならチューリッヒ方言なら何となく理解できるから。

 

だって、、職場で横と前に座る人が日中ずーっとスイスドイツ語を話しているので、耳に入ってきたからなのです。これはいわゆる慣れ、ですね。

 

聞き流しはやっぱり良いと思います。そしてその言語の基礎知識があれば尚良い。よく聞く表現は耳に残りやすいし、その内、よく聞く表現の意味を自然と理解するか自分で調べて理解すると《分かった!(嬉しい☆キラーン!!みたいな気持込み)》ゲームでレベルアップしたみたいな喜びが生まれて、自然とその言語に対するポジティブな思いと私凄いんじゃね?みたいな嬉しさが残るわけです。(個人的見解)

そしてそういう小さな事をひたすら積み重ねていくと《親近感》が生まれるんです。

 

ここ重要なのでもう一回言います。っていうか書きます。

親近感!! いわゆるしたしみ!!

 

親近感がないといつまでたっても、ビクビク...何かよく分からない、よく知らない人...みたいな感じで接しないといけないのですが、親近感が生まれると、前にも会ってちょっと喋ったし、意外ととっつきにくくない人だし、、(擬人化)、次会った時にちょっと恥ずかしいけど自分から声かけできそう!みたいな感覚になる訳ですよ。これが大事です。親近感があれば緊張しっぱなしじゃなく、ちょっと手を抜いてリラックスした状態でも話せる訳ですから。外国語学習も不安を抱えつつも絶対にここまで理解してやる!みたいなのばかりじゃできなかった時の落差がいらん副作用起こすので、まあ私はちょっと頑張って、後は外国語の方から歩みよってくれる?位の気楽さがないといけないかもしれません。

 

テレビというか動く画像、いわゆる動画が大好きなのでネットフリックス様にもお世話になってるんですが、あれは凄いですね。一時期ノルウェーのドラマを毎日見てたのですが、その内ドイツ語までノルウェー語に聞こえてきて、そのうちノルウェー語を話せるようになるんじゃないかと思うほど耳に残ったんです。今は忘れましたがよく言う表現はもの真似できました。

 

今は毎日スペイン語のドラマを見てるのですが、ノルウェー語よりはまだ親近感があるのでよく聞く表現は覚えました。「落ち着け」「今すぐ」「ハニー」「どこ」「レッツゴー」「なぜ」「完璧」などなど... これも二週間も毎日続けて動画を見てるとスペイン語が身近なものになってくる。親近感が湧くので、さほど理解してなくても変な不安感というか「え?何コレ?」みたいなモヤっと考える時間と感覚が減るので良いです。今いきなりスペインに行ったら調子に乗ってスペイン語を喋る自信はあります。

 

...でも、もしこれがロシア語だったら?! 無理無理無理、知らないし分からないし、私には無理無理すぱしーば、ハラショー... みたいな。こんなのやっぱり親近感あるかないか、だけの話ですよね。っていうか私だけかもしれませんが。

 

とにかく、外国語学習の理由は人それぞれ様々なので私が今書いていることは、ちょっとした小さなコツなだけなのですが筆記、発話、聞き取り、会話、どれにおいても親近感を抱くのは結構良いと思います。

 

読み書きだけに外国語が必要な人は書物をひたすら読めば良いし、なんならポツポツ表現を知っていて、暇つぶしに調べる位の気持があれば良い。筆記は訂正してくれる人がいないなら、正しい文書をひたすら真似るだけでも得るものは大きいはずです。使いたい筆記表現を真似るのもかなり学習効果が大きいと思います。聞き取りを強めたい人はひたすら聞く、会話を強めたい人もひたすら聞いて口に出して真似る、など。

 

繰り返すというとちょっとプレッシャーになりますが、触れる機会を増やす、というとまだ近づきやすいかもしれません。そうやって親近感を増やす。世に出回ってる有名ブランドの良し悪しなんてのもお気に入り以外は今までどれだけ目にしてきてか、で親近感は変わるし。

 

まあとにかく、モチベーションが続きにくそうな場合には親近感作戦を試しておくれ、という話でした。

 

こんなのなくても大丈夫、という方はその方法でいいのだと思います。

何でも光の速さで飽きてしまう人に幸アレ!

 

では、また。

またご訪問いただけると嬉しいです。

 

アデー!

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

出てきた答え


f:id:iiimo_imo:20200514004304j:image

 

 上の投稿の続きです。

 

本当に自分のやってみたいことって何だろう?と考えつつ、職業安定所に連絡をしました。失業が決まったら遅くとも最終勤務日の次の日(つまり無職になった日)には連絡せねばなりません。もちろん職業安定所のサポートが必要な人用で強制ではなかったと思います。

 

必要書類を揃えて、安定所に電話をしました。コロナの影響で通常なら対面でのやりとりも今は不可な様で電話での申し込みのみだそうです。電話をしたらまずは受付の人と話しをし、後ほど担当者が電話をするのでしばしお待ちを、との事でした。

 

一時間後に担当者から電話があり、以前初めてスイスで就活中にもお世話になったことがあったので、その時の情報が残ってるからと話はスムーズでした。担当の方は最初スイスドイツ語で話していて、私も聞き取れたので何も言わずそのまま会話を続けていたのですが、途中で標準(高地)ドイツ語の方が良いですか?と聞かれたので、それでお願いしますと変えてもらいました。

 

話しながら気づいたのが、その方のスイスドイツ語訛りのある標準(高地)ドイツ語が普通に聞き取れました。スイスで就職前はスイスドイツ語圏の人の話す標準(高地)ドイツ語が結構聞き取りにくて、しかも話し方のリズムやニュアンスから何を意図されているのか明確に分かりにくい、と悩んでいました。ただ単にドイツでの生活を基準に判断してたのでスイス生活に慣れていなかったからなのですが。スイスでスイス出身の人と働くうちに、スイスドイツ語圏での話しの流れ方や、意図することが分かるようになってきたようで、以前はあたふたしたであろう会話が自然にできるようになっていました。

 

例えば、スイスドイツ語圏の人がよく語尾にoder (日本語で言うと「でしょ?」「だよね?」的な表現です)、とつけて話すので以前はついつい同意をもとめられてる?と思って反応しそうになったのですが、スイス生活でそれはもうただの口癖というかそういう風に話すだけ、と気づいたのでスルーできるようになりました。あと、念押し気味にIsch guet? = Ist es gut? (日本語で言うと「これで良い?」「これでオッケー?」みたいな表現です。)としつこく言われるのも、最初は何なんだ、何の確認!?と思ってたけど、今ではoderと同じように口癖みたいなもんだ、と知っているので私の方でも、うん、大丈夫と答えて済ませられるようになりました。

 

他にも、何かについて、そうですかとこちらが簡単に答えて特に理由を聞いてなくても淡々と理由を説明される、というのもスイス式だなぁ…と。スイスに移住したばかりの頃は何だ何だ?この人なんで聞いてないことまで詳しく淡々と語るんだ、と思ってたのですが、ただのスイス文化(ドイツ語圏のみ?)なんだと理解できるようにもなりました。

 

それでここ数年での自分の変化や慣れに気づいて、かなり喜んでしまいました。自分では自分のことをスイス生活での行いがあんまりよろしくないなぁ、、変化や進歩がないなぁ、と思ってたのにちゃんとできる事、分かる事が増えていってるじゃないか!嬉しい!!と。

 

そして、本当に自分のやりたいことや大きく考えれば人生の目的など、一体何なんだろうと、薄々気づいてはいたのですが、どうやらこれと言ったものは何もないという事に職業安定所と電話してはっきり分かりました。有名になりたいわけでもない、社会的に成功したいということもない、何かを発明したいというのもない、何かを成し遂げたい、というのもない。

 

一番好きなこと、私を喜ばせてくれるのは日常の中にあって、日常の変化、それを見て感じる私の感じ方、考え方、意見を知ること、自分の変化を知ること、世の中がどう動くか、世の中を作り上げる人々が何を思って何を考えて、何を生み出すのかを見る事、もちろん人だけじゃなくてこの地球上で起きてる様々なことを見て、私も同時に体験するということ。

 

自分を知ることと世の中について知ること、それに参加できるというだけでとても楽しいです。もちろん嫌な思いをする事もあって、全部を美化する訳ではないですが、それも含めて自分がどう感じるか、を知るのが好きなんだな、と。

 

変な話だと思われるかもしれないのですが、私は仕事をして同僚に名前を呼ばれたりメールに私の名前を見ると、私のことを知っている人がいるんだ、と毎朝感動してしまいます。なぜ感動するのかは自分でもよく分からなかったので、ずっと考えていたのですが、自分の感覚の中で小さい頃の感覚が残っていて、自分の年齢と今ここにいる感覚が小さい頃の視点から見ると当然合ってないので、どこか知らない未来に来たようで、自分は今まるで小学生のような気持で世界を見ているのに、実際に起きているコトは外国で暮らして、一緒に働くまでは赤の他人だった人が今では私のことを認識しているんだ、と思ってしまいます。

 

自分の変化と人の変化を見て感動して、お気に入りの服を着ては喜んで、キーボードで打ち込むと字が現われるのを見て喜んで、お風呂にはるお湯の温度差を楽しんで、波紋を見て喜んで、子供みたいだな、と思いました。子供の頃の感覚のまま大きくなったんだな、と。

 

子供の頃は、私の親は何も言いませんでしたが世間では上を目指すことを良しとされたし、勝負には勝つべきだという空気でした。でも私は勝ちに行くことには興味がない、勝たなくても楽しいし、勝ちに行くための方法がいくつもあってそれを観察して分析する方が楽しいし、勝ったひと、負けたひとの捉え方が人それぞれ違うこと、それを見るほうがもっと興味深かった。上を目指しても自分が幸せじゃないなら意味がないじゃないか、とも思っていました。

 

色んなひとがいる、色んなひとやことが作り上げるこの世界で生きていくだけで楽しいのに、私の興味のないことを求められる空気が嫌で仕方ありませんでした。それが好きな人はそれをすれば良い、人それぞれ好みがあるんだからそれはそれで良い。でも私には興味がないから強制しないで、と思っていました。それでも世間の言うことに合わせるべきかもしれない、とあっちを試し、こっちを試し、合う合わないものがどんどん分かってくる。

 

今回、職業安定所に電話したことで分かった私の本当にしたいこと。

ただこの些細な日常をもっともっと全力で感動して楽しみたい。別に他人に理解されなくて良い、本当にしたい事はただ生きていくだけ、この一瞬一瞬が楽しくて愛おしいんだからしょうがない。目標なんかない、目的なんかない。毎日が楽しい、生きてるだけで楽しい。

 

それで良いんじゃないか、と思いました。その内また別にはっきりと何か目標が出てくるのかもしれないし、そうなったらそれをやれば良いし、興味がなくなったら止めればいい。それだけの話なんだ、と。

 

そう分かったらスッキリしました。小さい頃、趣味を聞かれて困ったのはこういうことだったんだ、とも。趣味?割と何をやってても楽しいし、生きてるだけで楽しい、と思ってましたが音楽鑑賞とか水泳などと答えてました。そういう答えが求められるから。

 

でも、もう求められる答えを答えるのは止めます。結構疲れちゃったし。

 

いつもいつも何でも楽しいという訳でもないですが、しんどいのも悩むのも自分を知って世の中を知る為に必要なセットに入ってるんだろうなぁ、と思ってます。嫌なこと、辛いことがあってもポジティブに立ち上がろう!ともしていません。私いま辛いんだな、抜け出したいんだな、と思いつつ気分転換したり時間薬を頼りにしたり、落ち込んだりして気がついたらまた元気になってて… とこういう変化を楽しんでるんだと気づきました。

 

長々と書いてしまいましたが、以上、私の本当にやりたいこと、でした。

 

では、また。

あデー!!

 

 

 

自由か安定か


f:id:iiimo_imo:20200514002635j:image

 

以前、どこかの投稿でも書きましたが今勤めている会社を辞めることにしました。辞表を出した時にはコロナって何?ヨーロッパには関係ないよね?位の扱いだったのに、その後あっという間にスイスもロックダウンで影響を避けられなくなりました。

 

そんな折、着々と近づく私の退職時期。産休に入ってた人が帰ってくるのでその同僚に一部業務を引き継ぐのですが、相変わらず在宅勤務なので久しぶりでも顔を合わせず在宅でのやりとりです。電話やチャットでやり取りをしつつ、チャットではプライベートな事もやりとりし始め、今こんな状況なんだから辞めるな、上司とすぐに話して辞職を取り消した方がいい!と強く迫られてしまいました。いやいや、、でもこれこれこうで辞めたいのよ…と返信するも、こんな先行き不安定な時期に仕事があるだけラッキーなんだから辞めたらもう次は簡単に見つからないよ、私だったらせめてあと半年から1年は辞職を延ばします!といわれてしまいました。。

 

いや、でも…とあまりにつめ寄られるので「分かった、私は自由(Freiheit)か安定(Sicherheit)を選択しないといけないのね、、」と答えたら今だったら安定を取るべきだね!とこれまたどんどんつめ寄られる。。。

 

やり取りしている間に彼女の終業時間になったのでそこで話は終わりましたが、そのあと少し考えました。自由か安定か、、 こんな状況になって本人の意思とは別に失職する人もいて、先が見えない人も沢山いるのに私は自ら職と安定を手放すのか…分かってるけどその選択は間違っているのだろうか?と。

 

考えて考えて考えて、、出た答は私にはこの選択が合ってるし、今は自由を選びたい。

この「職に就いている」、という安定を手放しても数年やってくための経済的安定は先に準備しておいたので大丈夫。日本からドイツに来たときに、無職で貯金切り崩し生活、しかもドイツで働くほどのドイツ語力もない、という不安は十分味わったし、そのあとバイトを見つけてせっせと節約を心がけ、やりたいこともあまりできず、でもここを逃すと本当にもう何もなくて生活していけないから我慢...で不快な人間関係でお腹を壊す、というのも味わった。

 

そういう状況なら職という安定は手放さないと思います。自由を選べるようになるまではこの状況を耐えるしかない、と思ったと思います。むしろありがたい事だと。

 

でも今回は自由になるための準備もしっかりしたし、また働きたくなったら次が見つかるという自信もある。根拠はないですが… なんとかなるし、なんとかなるという予想外の状況を楽しむのが好きなので私には合ってる、なのでこの選択で良い。

 

そう自覚した後に、じゃあ気ままに今までだったら無理だろうと思ってたような仕事に応募してみれば?世間はこんな状況だし、何が起きるか分からないからやってみたい仕事とかどんどん気にせず応募すれば?と夫に言われました。

 

やってみたい仕事かぁ… 何だろ。仕事で外国語を話したいとかインターナショナルな環境、という希望は叶ったし働いてみたい業界でも働いたしやってみたい役職にも就いたし、よく考えたら自覚している希望は今のところ全部叶っていました。

 

そうなった後に思い出したのは就業方法の改善、でもこれもほぼ希望通りになった。

 

本当に自分のやってみたいこと?サーカス?サーカスは憧れるけど根気と情熱と才能がないので無理だろう。と思ってるのが間違い?今からでも挑戦すべき?と思いつつ、でも何かピンとこない、そうじゃないんだよなあー 、サーカスは私にとって神の領域(笑)みたいな、あまりにも恐れ多くて尊敬の念が強すぎて。。なんだろうな、自分の本当にやってみたいことって…と考えていた矢先、見つかりました。

 

見つけたものは次回の投稿にて。

 

では、また。

 

アデー(о´∀`о)ノ

 

 

 

犬種をドイツ語で言ってみよう+ついでにドイツ語も学ぼう

St. Bernard dogs


ここ数年、ドイツ語圏に暮らし続けて気にはなっていたけどあえて調べるほどではない、と思っていた犬種をドイツ語で調べる気にやっとなったので、せっかくなのでブログに残しておきたいと思います。ついでにどなた様かのお役に立てれば嬉しいです。

 

え、では、まず…

やっと調べる気にさせてくれた、きっかけを与えてくれたセントバーナードからいきたいと思います。

ドイツ語では Bernhardiner (発音をカタカナ書きするとベアディーナー)

言わずと知れたスイスの犬ですね、アルプスの少女ハイジにも出てくる。Bernの部分がスイスの首都ベルンから来てるのかと思ったらウィキペディア曰くグラン・サン・ベル ナール峠にある修道院とご縁があるようです。

17世紀中頃から、スイス・アルプスの山深いグラン・サン・ベルナール峠にある修道院にて雪中遭難救助犬として使役されるようになり[1]20世紀初頭に至るまで、2,500名もの遭難者を救助した。 

セント・バーナード - Wikipedia

セントバーナードのセントはサンベルナールのサンだったのですね。というかセントバーナードはサンベルナールの英語読みだった模様。

 

そして次に来るのが、バーニーズマウンテンドッグ。

ドイツ語では Berner Sennenhund(発音をカタカナ書きするとベアナーゼネンフント)

IMG_7392

スイスに来てから個人的にはよく見かけるようになりました。レストランの入り口の床にペタっとくっついてるのを見て、あれま可愛い、と思っていたら夫がやっぱりスイスだから Berner Sennenhund をよく見かけるね、可愛いね、と言うのです。

 

ベアナーゼネンフント、というか私にはベアナーゼーフントに聞こえたのですが、ベアナーと聞いた瞬間にスイスの首都ベルンの?ゼーフント (ドイツ語であざらしSeehund)?あんなに可愛いのにベルンのアザラシ扱いかぁ… ん?もしかしてセントバーナードってドイツ語でベアナーゼーフントというのかな?と思ってこの二年ほどやり過ごしていたのですが、あれぇ…セントバーナードってもっと大きくて白や茶色の模様のミックスじゃなかったっけ?と思って、確認してみたところ  Berner Sennenhundはバーニーズマウンテンドッグのことでした。そしてせっせとウィキペディアを参照。こちらのベアナーは首都ベルン由来のようです。

名前は原産地ベルン市にちなんでつけられたもので、山岳地での活動に耐えられる犬という意味。スイスではベルナー・ゼネンフント(ベルンの山犬)と呼ばれている。ベルンの英語読みから「バーニーズ」と呼ばれるようになった。

バーニーズ・マウンテン・ドッグ - Wikipedia

 

Berner Sennenhund のSennenの部分の意味はSennから来ているようです。直接的な意味は知らなかったのですが、山小屋のことを Sennhütte(カタカナ読みするとゼンヒュッテ)と呼ぶので山関係?と思っていましたが英語の翻訳を見たらアルプスの牛飼い、家畜の所有者、と書いていました。あ、言われて見ればバーニーズマウンテンドッグはマウンテンとついてるし、思いっきり山の犬ですね。。。

 

前述したように、やっとドイツ語で犬種を調べてみようと思わせてくれたのはこのセントバーナードとバーニーズマウンテンドッグの間で混乱が生じたからでございます。

 

さて、せっかくなので続々と他の犬種名も調べていきたいと思います。

気になる犬種からどんどんいきます。

 

  • チャウチャウ犬… なんと、、まんま Chow-Chow(カタカナ読みはチャウチャウというよりチョウチョウに近い気が…)
  • シーズー… なんと、、しつこくてスミマセン、またほぼそのまんま Shih Tzu (カタカナ読みはシィー ツー
  • パグ… Mops (カタカナ読みモップス、でもよく耳にするのはモプセなんですが…?)
  • ビーグル、チワワ、ハスキーは日本語と一緒です。発音はドイツ語っぽくなりますが日本語読みしても通じると思います。
  • ゴールデンレトリーバー… カタカナ読みはゴーデナレトリーバーみたいな感じだった気がしますが詳細は不明です。)

 

まだまだ犬種はありますが、個人的に常々気になっていたものを検索した結果、パグ以外は日本語で呼ぶのとさほど変わりないと知って軽く衝撃を受けております。

 

今回調べる以前から知っていたものは、ダックフンド、など。ずっとDachshundというドイツ語を日本語でそのまま使っているのかと思っていましたが、ドイツでは私の周りではDackel(ダッケル)と呼んでいました。ダックスフントでも伝わった気もしますが、物心ついた時には皆がダッケルと呼んでたから…みたいな(弱気)。

 

それからジャーマンシェパードシェーファーフントと呼ばれているのはいつかどこかで知りました。ドイツ語ではSchäferhund、 Schäferは羊飼い、牧羊という意味なので牧羊犬が始まりなのかと。(正確にはDeutscher Schäferhund )

 

犬種検索についてはこちらのサイトを利用しました。ご興味のある方はどうぞご覧下さい。たまたま見つけただけで私は回し者ではないです。

Hunderassen - Rassehunde nach Schulterhöhe + Bild » futalis.de

個人的にはこの小さい犬種の純朴な表情を見た後に、

Kleine Hunderassen mit Bilder » futalis.de

以下の中型犬の表情があまりに垢抜けていたのでツボでした。Kleiner Münsterländerという犬なんて相当モテるんだろうな、という精神的イケメン感がむんむんです。その下に映る柴犬の誠実一番みたいな表情もたまりません。小学校低学年の画像を見た後に中高生の画像を見るくらいの差があります。

https://futalis.de/hunderatgeber/hunderassen/mittelgrosse-hunde

 

犬に詳しい方にとっては当たり前のことかもしれませんが、私にとっては縁遠いテーマだったので、今回ちゃんと調べてみてかなりスッキリしました。肩の荷が下りたような、、大げさきわまりないですが、何ていうんだろう?モヤモヤ...がドイツ語を前にすると多すぎて適当にあしらっていましたが、こうしてちょっとずつでも調べていくと身軽度が増すのかもしれません。無意識の意識、みたいな。

 

ではでは~ 

 

また!

アデー( ̄∀ ̄)

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

秘密の花園へワープ


f:id:iiimo_imo:20200505042930j:image

 

在宅勤務を1ヶ月半ののち、最初は頑張っていた万歩目標もなんのその、禁酒期間が開けたらやはり飲んで歌って踊ってグダグダして、外出もめっきり減ったような?

 

外出自粛が求められてるのでいいことなんですが、日光を浴びるチャンスを逃すと私は天気が悪いと鬱々としがちなので、散歩の機会は1日15分作らないと、とがんばってた訳です。

 

しかし、元々どこに居ても自分の世界に入り込んで妄想三昧なので日光を浴びずとも室内でご機嫌ならそれでいいんです。鬱々としなければ別に日光を浴びなくてよくね?となったのです。なので室内で(平日は)もくもくと仕事以外は妄想=バーチャルワールド、みたいな生活を送っていました。

 

でも、ふいに市販のお寿司が食べたくなって近所のスーパーでは買えないので、自転車にのってお寿司が売っている大きめのスーパーまで行くことにしました。

 

大きな道路沿いを走ってもいいのですが、時間的に歩いているひとの合間をぬって行かねばならぬ気がして、近所の森を抜けていくことにしました。いつぶりだろう? 一週間ぶり?長く続いた晴天続きのあと、雨が降ったので森の色がそれはもう青々と、いや、緑緑か…鮮やかなウグイス色でした。抹茶色とも言えるかも。森の入り口の両サイドにある大木(というほどでもないけど…)の枝と葉っぱが重なりあって、森の入り口みたいになっていました。全部微妙な緑色の重なりなだけなのに、藤棚のような、柳の木のたれるような、なんとも豪勢な門構えになっていました。

 

その森に入る瞬間にもなんだこりゃ、と思ったけど、走っている最中にも目をぱちぱちさせてしまって、どこか秘密の花園に迷い込んだかのような感覚になりました。あまりにも爽やかで、緑の色が美しかったんです(о´∀`о)

 

わ、わたすはインターネットで美しい画像を存分に見て美しいものに触れてる気になってたけど、前頭葉? 頭部の前の方のエネルギーを消費してだけだったんだべさ、と。この光の色、自然の色、夏の始まりの匂い、鳥の鳴き声、地面ををこするタイヤの音、スマホをいじる犬の散歩に付き合う飼い主達…マーキング場所探しにいそしむ可愛い犬…

 

前は普通に毎日見ていたのに、、

通勤時には毎朝外の空気を感じたくて、季節の移り変わりを感じたくて、わざと20分かけて駅まで行っていました。その時にも空の色を見て楽しんだり道ばたの植物を見て楽しんでいましたが、外出自粛により楽しみにしていたことをすっかり忘れていました。

 

すっかり忘れてバーチャルワールドに入り浸っている最中に、自然界では絢爛豪華な初夏スタートイベントが開始されておりました。

 

バーチャルワールドも相当楽しいんですが、自然界も相当美しい。どちらも好きに楽しめる状況にある私って、わたすって… ラッキーすぎなんだべさ♪ヽ(´▽`)/ ウッホウッホー♪とテンションが爆上がってしまいました。

ま、落ちるときは一瞬で落ちますが…

 

週末は山籠りでひとのいないところへ行く日程をこなしていますが、毎度毎度違うところへ行くのに道程の自然の風景も美しく、山の中も澄み渡り、まるで休暇でどこかの自然を楽しみにきたのかしらん♪と思うほど清々しいです。

 

初夏の休暇でスイス国外に出る予定がcovidさんのせいで駄目になったので、今年はスイス国内にとどまってこの自然を堪能する予定です。イエーイ、やったー!と思うけど夢は日本の自然も楽しむことでもあります。山が七割で海に囲まれた島って相当魅力的ですよね。ロウシーズンに色んなところへちょくちょく旅行にはいきましたが、まだまだ見れてないものが沢山ある。

 

最後、謎の日本推しみたいになってしまいましたが、もっと調子のっちゃって良いくらい日本魅力的な自然のある国だと思うので、もっとこの良さが広まればいいのになあぁ~ でも何も分かってないタイプの人に知ったかして語られるのも嫌だなぁ~ っていうか私のことか?

 

ま、どっちでもいいです。

 

では、また。またご訪問下さると嬉しいです(^-^)

 

 

アデー♥️

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

スイスのある日の日常


f:id:iiimo_imo:20200502195042j:image

 

スイスのオンラインショップで注文をしたら、注文受領のメールが届いて、読んでみると数日後に発送します、と書かれていました。

 

数分後にオンライン会員登録をしてくれてありがとう、と割引クーポンのついたメールが届きました。たぶん、その様な内容のはず。。。

 

最初の注文受領メールはドイツ語、会員登録ありがとうメールはフランス語でした。私はドイツ語圏で生活しているのでフランス語に自信がありません、というかほぼ分からない。

 

普段はドイツ語サイトから注文したらドイツ語メールが届きますが、今回は何故かフランス語メールも。ちょっとフランスっぽいサイトだな、とは思ってたのですが。

 

先日スーパーに買い物に行ったら、商品搬入中の店員さんにアテンチオーネ!とイタリア語で、ここ通るので『気をつけてね!』的なことを言われました。

 

テレビでスイスのニュースをつけっぱなしにして、そばを離れて戻って引き続き見ようとしたら、微妙に言ってることが理解できそうでできない。よくよく聞くとさっきまでアナウンサーがスイスドイツ語で話してたのに、ロマンシュ語に変わっていました。

 

covid-19 関係の正式文書を読むときドイツ語で読むと疲れるので英語でざざっと読んだあと念のためドイツ語でも読みます。こういうときにドイツ語だけじゃなくて良かった、、と思います。ドイツよりも英語を目にする回数は多い気がします。(私見)

 

英語圏のオンラインショップで在住国を選ぶとき、switzerlandを探さないといけないのですが、最初にぱっと目に入ってくるのがswazilandという国で、危うく選びそうになったことが何回かあります。ときどきswedenも危うく選びそうになります。そして、スワジランドってどこ?と思ってついつい検索。南アフリカにある国のようです。スワジランドの国旗はこれ⇒🇸🇿

 

はい、以上なんてことない日常の話でした。

 

では、また(^-^)

 

アデー(о´∀`о)ノ

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

誰かの憧れた未来

Old photograph

白黒写真に着色する、というものを最近は簡単にネットで見れるようになりました。

 

1800年代の白黒写真を見ると、昔の写真なんだなあ、と思うのですが着色されると一気にその時代にひとが生きていたことを実感させられるというか、現代のひとが当時の服を着て写真撮影しただけなんじゃないの?と思ってしまうような親近感があります。

 

最近の着色技術は100年前か現代のものか分からなくさせるほどのもので、、というか現代の写真が昔に寄せるのが上手いのかもしれませんが、何にせよもう時代の差がさほど感じられないんです。

 

1915~1925年代の着色された写真を見ると、はにかんで笑うひと、真顔のひと、事情の分かってなさそうなひと、色んなひとがいます。

 

100年前で時代は違ってもどの表情も現代でも見るようなものばかり。

あぁ、この時代にも私と同じように当時の『日常』を生きていたひとがいるんだ、と思うと同時にどんな生活だったんだろう?と思いを馳せてしまいます。

 

今のような洗濯機はなかったし、その分洗濯に占める割合が多かっただろうし、そもそも洗濯する機会も少なめだったのかも?洗剤は?生地の強度は?などと何故か洗濯についても思いを馳せて…

 

きっと洗濯は手間だな、骨が折れるな、と思っていたことでしょう。もっと楽にしたい、洗濯の時間を他にあてたい、と思っていたかも??などと思って、100年後の私の生活は誰かの憧れた未来なんだろうなぁ~ とソファに沈み込み入み思っていました。

 

このソファもサイドテーブルもカーペットも、食卓も高級品ではないけど自分の心揺さぶるものを買って愛でて使っていて、ネットでいいな、と思って働いて注文したもの。

 

いとも簡単に手に入ってしまった。誰かが素敵なものを作ってくれたから。そしてさらっと購入しちゃった、だって仕事をしている普通の大人なら買えちゃう値段なんですもの。

 

でも、わたしゃ異国暮らしの外国人だよ、ここでは。こんなに簡単に異国で生活を始めて、心揺さぶられるものと普通に暮らせているとは。

もし私が100年前の20~30代女性ならば、多くの国では選挙権もないし、外国暮らしなんてできなかったんだろうな、と。異国とはとても遠くにあって…私が月に住むなんて…ぷぷぷ、一般人には無理なこと、くらいのことだったのかも。

 

私は今誰かの憧れた未来を生きてるんだな、とぼんやり思います。インスタグラムで行ったことのない素敵な場所、欲しくなる素敵なもの、有名なひとの様々な表情を見ながら、なんて大量の視覚情報・・・(;´Д`)とおなかいっぱいになるときもあります…

 

でも写真が一般的じゃなかった時代のひとは、大事なひとの姿を残す方法もなく、思い出しては思いを馳せて、声を聞きたい、動く姿も見たいと思ったんだろうな、と。写真って今では当たり前だけど当時は居なくなった大事なひとの姿を見るための貴重な手段だったのだろうし、、片想い中なんて頭の中のイメージだけを頼りに恋患っていたのでしょうしね。。

 

誰かの憧れた未来を生きてる私は過去の人から羨ましがられるのかもしれない。でも私の憧れる未来を生きるひともこれからどんどん現れて、既に存在しているひともいるだろうし、何だか同じ国出身、同じ思想や主義を持ってる、とかよりも同じ時代を生きてるってだけで親近感が湧きます(笑)

 

今生きてるひとは今の医療技術じゃ200年後は誰もいなくなっているだろうし、同じ時代を生きてる同士で仲良くしよーぜ\(^o^)/なんて思うんですけど(笑)

 

 

イエッフー♪ オラオラ~

仲良くしよーぜ(о´∀`о)ノ

…なんてね。

 

ではでは、また!

またご訪問下さると嬉しいです✨

 

アデー(^-^)

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

ひたすら猫画像に集中


f:id:iiimo_imo:20200421055551j:image

 

日本の友達が心配して連絡をくれるのですが、実は何も心配しておらず不安もありません。大人二人で住んでいるから自己管理をできる範囲でして、ウィルス運び人にならぬよう気をつけて、それで何かあったらもう仕方ない、と割りきっているというのもあります。

 

日本もドイツもどちらの家族も基礎疾患のある人も高齢者も居て、医療従事者もいます、リスクは大きいですが、どちらもしっかり気をつけているようなので、こちらから心配しすぎて余計に不安にさせても…と思って特に何も言っていません。近くに小さな子供がいたり日本やドイツの家族がいれば、もっと注意しないといけない事も増えて心配事もあると思いますが、その状況にないのならあえてそちらに気持ちをもっていく必要もないかと。大事なひとと距離があるからこそできること、逆にできないことがあって、できないものに気を揉むのはある程度自分で制限しておかないといけない。自分の気持ちを追い詰めないためにも、海外生活を選んだ以上、必要な事だと思っています。

 

でも、人様の心配してくれている優しさや不安な心情を無視したくないので、どんな気持ちだろうと想像してみるのですが、未知の疫病…大事な人や自分に危険が及ぶかもしれないという恐怖、もちろんありますよね。大事なものを失う怖さ、当たり前にあるものが傷つけられたり無くなる怖さは計り知れないと思います。

 

あまりブログには書きませんが例の疫病については毎日検索しています。各国の対応や情勢の変化が気になっているからなのですが、ここ数日どうでもよくなってしまってあまり関連ニュースを見ていませんでした。

 

さっきたまたまスイスの感染者数と死者数を見て驚いてしまいました。数日前より増えているのは当たり前のことなのですが、この数日間は別のことに忙しくしていたので、その数字を見た瞬間一気に怯えてしまいました。

 

なので、やっぱり不安や心労を減らすためには関連情報をあまり見聞きしない方が良いとは思います。気になるなら触れてもいいと思いますが、それで心労が増えるのならその心労を減らす道も同時にもっておいた方がいいのでは?と思います。

 

例えばひたすら猫画像を見る、など。冗談みたいですが仕事中に怒り心頭なことがあって、怒りと同時に先の失敗も考えてしまってどうしようもないときに、わざと猫画像をひたすら見ます。私は猫が好きなので猫画像は癒しになります。イライラしながら見始めましたが徐々に癒されていきました。完全に怒りは消えませんでしたが、やはり興奮は落ち着きました。

 

癒し画像もいいですが、笑えることを増やすのもお薦めです。漫画や映画など、あと友人とのやりとりとか。それから面白かった友達の発言とか、甥っ子姪っ子の面白かった発言や行動など、思い出し笑いも癒し効果があると思います。

 

不安になったり心配になるのはこんな状況では至極当然のことなので、その気持ちはそれで良いと思います。無理に消そうと思わなくていいと思います。不安なものは不安で当たり前。増幅してしまうこともあると思います。ただ、思い出したときにちょっとでも別の方向に気をそらせていけば、少しずつ癒されるというか落ち着くというか、気が楽になるとは思いますので、よければ猫画像をひたすら見る、笑えることを探すなど、もし出来る場合は試してみてください(^-^)

 

逆に言うと私はそんなに心配がない、というのを大声で言えない、ひととあまり共有できない寂しさとフラストレーションはあります。同じような方、他にもおられると思います。こっそり共感していただければ、と思います。

 

では、また。

 

皆で心健やかな日々を送れればいいなぁ~ と思いつつ、仕事では毎日激怒している矛盾者です。が、ビバ!世界平和\(^.^)/

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

スイス航空の飛行機を冷やかしに行く


f:id:iiimo_imo:20200419015538j:image

 

土曜日です。何をしようかな、今まで土曜日って何をしてたのかなぁ、と考えましたがどこかの山に登るか外食するか、近所の森をうろうろか、街に出てショッピングか、プールで泳ぐ、ぐらいでした。一応今の生活にも行動制限が掛かってるので、できる事は何かな、と考えてひらめいたのが飛行機を見に行くことでした。

 

多くのスイス航空の飛行機が飛べなくなっているので、軍用飛行場にやってきて待機中というのをどこかで読んだので、その飛行場まで行ってきました。

www.duebendorf-flugplatz.ch


f:id:iiimo_imo:20200419030544j:image

上の画像の様に飛行機がズラーっと並んでいました。スイス航空グループに入っている、エーデルワイス航空の飛行機も並んでいました。

綺麗に整列されていたので、こんなに綺麗に並べるのって実はテクニックがいるのだろうか?それとも普通のことなのだろうか?と少し考えたり。

 

自転車や車に乗って、この飛行機の整列を見に来ている人は他にもいました。

こんな時じゃないとなかなか見れない光景ではあるので、貴重と言えば貴重ですよね。

言い出したら、ここの軍用飛行場以外のデパートの入り口なども、ものものしく立ち入り禁止のテープで封鎖されていたり、でこんな時以外じゃ見れない光景なので写真にでも撮って残しておくのがいいのかもしれません。

 

何の為に?という感じですが、これは歴史の一部になるのでいつか教科書などに載った時に、資料として見る事ができますよね。誰でも写真を撮って残せる時代なのでさほど貴重な資料にはならないかもしれませんが、自分がいつか見返した時に、こんな事もあったなぁ、と思えそうな気はします。

 

飛行機を見に行った後はサイクリングをして、菜の花畑を見に行きました。


f:id:iiimo_imo:20200419015602j:image

あれ?ついこないだまではここまで全体的に黄色じゃなかったのにな、と驚きました。どこもかしこも一面黄色、黄緑、緑、と色のコントラストがカラフルな絨毯の様に鮮やかに見えました。

 

土曜日もトラクターは動いていました。農家に曜日は関係ないのでしょうね。

ラクターを見ながら、スイスに移住したばかりの時を思い出しました。トラクターを真近で見る事が今まであまりなかったので、トラクターを見ただけで大喜びして、トラクターの屋外展示会みたいなのを見ても大喜びして、トラクターのおもちゃ(牛や牛舎がセット)が頻繁に売られているのを見ただけでもテンションが上がっていたなぁ、と。。。今となってはトラクターを見るのなんて日常茶飯事だし、牛も馬も羊もヤギも、鷹もコウノトリも、普通に感じるようになってしまったな、と… 3年弱スイスに住むと慣れたきたものに対しては以前の様に反応しなくなりました。そんなものですよね、慣れって…

 

夕方にはドイツの義家族とテレビ電話をして、甥っ子姪っ子のでんぐり返しを見て、笑って、私が週に何回お寿司を食べるかという質問に答え、義母が参加していないのでどこ?と聞いて、あっという間に、またねーバイバーイと電話を切りました。

 

平和なものです。それなのにちょっと日光を浴びただけで日焼け湿疹が出来てしまいました。体温が上がってしまったようで、顔に腫れ物がポツポツと出来てしまったので薄着で体温を下げています。

 

地球温暖化の影響か?スイスは避暑地に利用されてきた歴史があるというのに、避暑的要素を味わえなくなるのでしょうか。いやはや…どうなることやら。

そういえば葉の花畑を見ている時、頭の中で北の国からのテーマソングが流れました。

見た事ないのに。北海道に行った事もないのに。ドイツは北海道っぽいと北海道出身の友達が言ってましたが、スイスも北海道っぽいのかもしれませんね。

 

ではでは、また!

またご訪問いただけると嬉しいです( ◜ᴗ◝)

 

アデー。°(ᐡ•̥ᴥ•̥ᐡ)°。

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

IRAIRAがとまらなひ

 

And I was like Wuuuh!

 

今週ずっとイライラが止まらないのですが、何故なんだろう?と考えてみました。思い当たることはいくらでもあります。

 

まず、外出自粛と在宅勤務五週目、家で仕事も外出自粛も別に良いですし、意外と夫と距離も取れてて思ったほど穏やかなのでここは関係ないのか!?と思いつつ…いや、いつもと違う状況なのでストレスが溜まってる可能性はある。

 

そして四月に入って最初の二週間は時短勤務になって午前中のみ働いていたのに、今週よりやっぱりほぼフルタイムに巻き戻し。この外出自粛情況で会社の業績が上がるというか、まあ予想外のプラスが起きているが為…ということだそうです。薄々この状況は逆にわが社に利益をもたらすのでは?と思ってた人は多かったみたいなのですが、一部逆の判断をしたひとが居たようで、先週まで二週間は時短勤務になっておりました。。が今は稼ぎ時、とばかりにわが社はホクホクしているようです。労働者には過酷…

 

まあこの勤務時間の変更やらいつものカオスな業務っぷりのせいで毎日パソコンの前でウギャアー(ノ`△´)ノと怒っていますがブログには書いて残したくないので詳細には触れません。

うむ…これでイライラしている可能性は大。

 

それから それから、外出自粛が始まった1ヶ月前から本当に嘘みたいにずっと晴天続きなんです。1日ちょっと曇った日があるくらい。雨は降っても寝てる時間だとかで日中は晴れています。快晴に次ぐ快晴。青い空。素晴らしいお天気なのに快晴が続くと攻撃力が増すようです。私だけかと思っていたのですが、天気が精神に影響を与える天気精神予報サイトがあり、そのサイトを見ると私の戦闘力、基い、攻撃力が高まってる日はその予報にも人が攻撃的になりがち、と書いてるので該当する人は他にもいそうです。。

 

だからイライラが止まらんのかしらん?と思いつつ、先の予定が立てられないのもストレスか?と思ったのですが、予定を立てるのはあまり好きじゃないし得意じゃないし、それではないのかなぁ、、で、真面目にいま自分の生活で困ってることは何だろうと考えたら泳げないことをよく愚痴っていることに気づきました。

 

冗談みたいですが、定期的に泳いでいたので泳ぐというか水の中に入ってプカプカ浮かんでないと辛い… プールがしまってるので湖か川で泳げるようにならないと困るよー!と思って外の水温を見てもまだ泳げる状況にはありません。この晴天続きで暖かい気候が続けば水温も上がるので湖か川で泳げるようになるかもしれません。

 

さっきスイスの次の対策についてのライブ中継を見ていました。段階的にできることを増やしていくようで、4/27から美容院とか理学療法のクリニックなどが開けられるようなことを言ってた気がします。その次の5/11からは学校、というか義務教育かな?6/8から美術館や動物園、図書館と言ってた気がしますがぼんやり聞いてたので合ってるかどうかは分かりません。。。

 

ここである記者さんが泳ぐことについて質問をしていたのに、なんと…手話通訳の方の動きが俊敏だったのでそこに気をとられて真似をしていたら肝心の内容を聞き逃しました。。

泳ぐ手話が平泳ぎみたいな動きで感動していたらあっという間に聞き逃し...

お、泳げるようになるのか!?あとでネット検索せねばなりません・・・(;´Д`)。ここ重要!!

 

イライラ続きのストレス解消は歌って踊る、おしとやかに美味しいものを食べる、だったのに禁酒期間が終わった途端にまた酒酒酒!近所のスーパーに日本酒が売ってるんじゃないかと思って行った位です。ジンとウィスキーはありましたが…でもちょっとおおげさに書きましたがそんなには飲んでないです。ここ数日ワイングラス二杯をデイリー飲み位ですね、はい。

 

あとはちょっとふざけたことを定期的にしておかないとこれまたストレスが溜まるので、スイスのエーデルワイスとかモルモットのワッペンが刺繍されたパーカーを買いました。スイス鉄道デザインのポロシャツも買いました。家の中でふざけた部屋着を着てないと元気が出ません。靴下も同じ柄でも色違いをはいてないと精神が落ち着かないのでわざと色違い。ハッピーソックスという靴下メーカーからスポンジボブ柄の限定セットが出たのでこれも買っておかないとやってられません。

 

部屋着がどんどんおかしな方向にいってるのですが、ふざけておけばおくほど外出自粛中の精神が安定しそうだ、と自己分析の結果気づきました。

 

外出自粛ゆえに出会える新しい自分というのが、私だけじゃなく皆さんにもありそうですね(о´∀`о)ノ 出会えるのが楽しみですね!?なんつって。

 

早く水の中でプカプカ浮かびたひぃいいいーー!!

 

では、またーーー!!

またご訪問いただけると嬉しいです♥️

 

アデェ\(^.^)/

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

笑ってはいけない日本語

Hiragana

数ヶ月に一回、思い出したかの様に急に夫が日本語の勉強を始めます。

数ヶ月間何もしていないのに急に始めるので、この数年間の内、亀のノロノロペースでほんのちょっとだけ日本語に関する情報が増えていっているようです。

 

最近使っている日本語学習のテキストはドイツの出版社が15年ほど前に発行したもので、若干写真が古い気がします。表現が古いということは初心者向けテキストとしてはないと思うのですが、実はこのテキストは私がスイスのゴミ処理場から拾ってきたもので、どこかで購入したものではありません。

 

各地域のゴミ処理場によって違うとは思うのですが、古本を捨てる場所に本棚が設けられているところもあり、うちの近所のゴミ処理場ではそこに古本が並べられていきます。ある一定期間が経てばゴッソリ廃棄処理されてしまうようですが、それまでは古本扱いで本を捨てに来た人も何か面白い本はないか、と探しています。私もたまに古本を捨てるついでに本棚を見てるのですが、そこでこの日本語学習テキストを見つけたのでした。見た感じ、ほぼ新品でした。書き込みなどもなく、CD付きでしかも値段が56フラン(約6300円)…高い!でもさらっと捨てられていました。。

 

普段、日本語の勉強をする気配のない夫をからかうつもりで持って帰ってきたのですが、パラパラとめくった後に「これは良い、置いておいて勉強に使おう。」と一年位前に家の本棚にしまっていました。私がたまに本棚から出して、このテキストはかなり良いと思うよ、と発言する程度で一向に使われる様子がなかったですが外出自粛もあり、日本語の勉強を再開してから一緒に使い始めました。

 

ある問題で、聞き取ったものをひらがなで書き込みしないといけないものがあり、まだひらがなの勉強中なのに、カタカナでラーメン、が正解の問題がありました。夫はカタカナをまだ知らないので怒りながら解答の「ラーメン」を真似して書き写していたのですが、「ラーメ」と書いていました。「じゃないよ…ンだよ…」と思ったのですが、そもそもカタカナを知らないから今新しい情報を言われたら混乱して可哀想だし、とンが日本語学習者にとってややこしいのはよく分かるので、指摘せず、それで合ってるよ!次の問題を見よう、と次の問題へ促しました。

 

その時になぜか「ラーメンがラーメソ… ラーメソって…笑 (゚∀゚ ) ププ… あ、笑いそう...あかん。」 と笑いそうになって、必死に真顔でごまかしました。。なぜこんなことで笑いそうになってしまったのでしょうか。女子中高生なみに笑いの沸点が下がってしまったのでしょうか… これは相手が夫だからと言って盛大に笑うことも許されるやもしれませんが、いや、、これは言語交換パートナー相手だと思い込んで、相手の自尊心を傷つけてはいかん、と笑いをこらえました。

 

その後、また彼の面白い回答間違いなどがあったらどうしよう…笑ってはいけない、笑ってはいけないよ!と自分に言い聞かせました。箸が転がっても面白かった年頃の時、緊張感のある絶対に笑ってはいけない場面で先生が白目になると、笑いをこらえるのに必死になって死にそうになった記憶があるので、緊張感をとっぱらうことにしました。緊張感があるとしょうもないことで笑ってしまうので、ラフな感じで一緒に日本語学習(というか私は先生…)。

 

ひらがな五十音に関しては、以前ドイツの別の出版社が発行したひらがなを覚えるための語呂合わせっぽい本を使用したおかげで、あっという間に覚えたので、今は濁音、半濁音、促音、拗音の勉強をBUSUUという言語学習アプリでしています。濁音の「は」が「ば」になるような、右上に点々がつく文字を何て読むのか分からない、と言われたので「は」が二重になると覚えろ、「は」が振動したらどうなるか考えろ、と教えたのですが無理がありました。。。何となく近い発音にはなるのですが、やはり正確な発音にはならないので濁音をドイツ語で調べたところstimmhafter Lautと言うようです。果たしてこの説明で通じるのか!?とりあえず K→ G、 S→ Z、 T→ D、 H→ Bという発音に変わるように覚えてもらうほうが良さそうですが。。ぱぴぷぺぽは右上の○を見たら「P」の発音だと思え、と説明してこれが分かりやすかったようです。

 

今のところは「きゃ」「しゅ」などの拗音と呼ばれるものが分かりにくいようです。「りゆう」と「りゅう」の違いなど、見た目で「ゆ」の大きさの違いがそんなに分からない、と言ったり発音の違いもあまりピンとこないようです。そして「や」が魚に見えるようで魚、と呼んでいます。「ゆ」がアルパカに見えるらしくアルパカ、と呼んでたので最初笑ってしまったのですが、今は何となく私にも「ゆ」がアルパカに見えてくる、という不思議…

 

それからもうひとつ役に立ってるのが うんこドリル、4,5,6歳向けです。いい年した大人がまじめにうんこドリルに書き込みして、「ありのうんこ」「あおいうんこ」「うんこがあるく」などに横にドイツ語で解説をせっせと書いています。各ひらがなを覚えたら台紙に貼れるひらがなシールも真面目に貼っています。何これ?と聞かれたので、ご褒美だよ、子供はこういうのでシールを貰えると喜ぶでしょう?と言ったら、なるほど、と言いながらバランスを気にしつつちゃんと貼っていました。三日位うんこドリルを使ったあと急に「U…UNKO、うんこって何?」と聞かれたので衝撃でした。

いやいや、このドリルのテーマですやん!とうんこ犬、という名のキャラを指差してUNKOを思い出して!!UNKOやん、💩!! kacke、scheisseとドイツ語でも説明しました。ああビックリ・・・(;´Д`)。ボケ方が…

 

学習方法についてはこんな感じですが、

そんなに興味のない人に無理やり学習を勧めてもなぁ、と思って私から日本語学習をお願いしたことはここ数年あまりなかったのですが、学習のコツをつかんだようで毎日10分ほど楽しそうにやっています。私も常に答えを教えているような状態なのですが、厳しくしてもうやりたくない、と思われたらそこで終わりだし、息抜き程度に継続してもらえるようにしようと思っています。とにかく褒めておだてて、バイリンガル教育でもしてるのか…!?と思ったりも。でも相手は勉強経験のあるいい年の大人なんで、教えると言ったってまだ簡単ですよね。モチベーションもあるし、勉強の加減も知っているし。モチベーションがなくて、勉強の仕方もまだ知らない相手だったりすると非常に大変なんだろうな、と思いつつ、外からモチベーションを持ってくるという方法もあるよね?と思ったり、ちょこちょこ関連する事柄についても思いをめぐらせたりしています。

 

これからどうなるか分からないですが、一緒に日本旅行をした時に夫ひとりでシュークリームを買える位になれば嬉しいかな、と。「これ、ひとつ(またはふたつ)お願いします。」とシュークリーム屋さんで注文はできたのですが、店員さんに「お持ち帰り用ですか、こちらで食べられますか。」と聞かれて慌てていたので、これを最後まで「お持ち帰り用でお願いします。」と言えたら、それだけで外野は感動の嵐…涙 という位、気長に、亀のノロノロペースでいきたいと思います。

 

 

では、また!

 

アデー✧٩(ˊωˋ*)و

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

バーチャルスイス旅行

Switzerland

 

明日よりイースター休暇が始まります。来週月曜日4月13日までです。土日をはさんで四連休となりますが、外出自粛となっているので、遠出なども不可なので、どうしようかなと考えています。

 

恐らく家の近所の森へ散歩、近所の誰も居ない山へ行って山篭り、倉庫の整理、衣替え、家の掃除とかその辺かなと思っているのですが、頭の中でバーチャルスイス旅行もしています。

 

スイス地図を思い描いてスイス内の行きたいところにいく、というただの妄想なのですがインターネット様のおかげで行った事のない地域の情報が画像と共に入手しやすく妄想がはかどります。特にお気に入りなのはスイス政府観光局公式ホームページで、最初のページでなんちゃってプチ旅行ができます。

 

色んな観光地の映像が出てくるのですが、上空から撮影されていて鳥の目線で飛びながら見ているような感覚になります。カーソルを合わせた方向に画面が動くので自分が顔や体の向きを動かしているような気になって見ることができます。音量注意ですが音もリアルに現地のものを拾って来てる気がするので、鳥になって現地に行った気になれます。

 

1月~12月末までの色んな場所の映像が出てくるのですが、各月クリックをすれば四箇所位別の風景と音が出てくるのでこれまたボーっと見てるだけも癒されます。自然の風景が多いので。

 

ライブカメラのある都市もあるし、外出できない時にもってこいだと思います。

ご興味のある方はこちらをどうぞ↓ (別に回し者ではありません。勝手に好きで勧めているだけです…)


あとはいつもと変わらず毎日歌って踊って過ごすだけかな、と思いますがカーニバル時期より続けていた毎年の禁酒期間が本日を持って終了となりますので、今宵は宴でございます。スイスワインで祝杯じゃーー!!と思ってたのですが、夫はなぜかオーストラリア(カンガルーの方)とドイツワインを買って来たので少し不服ではあります。

 

では、では、皆様にとっても良いイースター休暇および週末でありますように。

 

アデー(ღ*ˇᴗˇ*)。o♡ウットリ♡

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

意味がねぇダンス




f:id:iiimo_imo:20200409001138j:image

 

他の投稿でも書きましたが、在宅勤務を利用して仕事中にとにかく歌って踊っています。

 

ユーチューブで好きな音楽を聞いて歌って踊っているときもあるのですが、夫が私のいる作業部屋にやって来たときは(普段、夫はリビングで仕事をしています)ヴィンテージレディオという洋楽懐メロラジオ番組を聞くので、懐メロを聞いて歌って踊っています。

 

で、二人で歌うとテンションがどんどん上がってくるので調子に乗って、普段ちょっとショックだったことを思い出しては、意味がねえ、意味がねえ~ 頑張った甲斐がなかった~ 工夫した意味がなかったよぉー、と言いながら歌ったりもします。

 

最近、ああ意味がなかったぁ~ と歌うのは日本のhontoという書籍販売のサイトで注文してEMS国際エキスプレスを配送方法に選択したことです。SAL便よりも配送料が高い分、スイスへの到着が早いので選択したのに、なんと郵便局へ引き渡された後、日本で止まってしまいました。スイス向け郵便が制限されたか日本からの郵便が制限されたか、そんなのがあったと読んだのですが注文した時はそんなものはまだ決まっていなかったのですよ。。。タイミング悪っ・・・(;´Д`) 高い配送料を支払った意味がねぇえええーー

 

それから、別の投稿で紹介したリフトアップデスクのガス昇降システムが壊れちゃったのかなんなのか、デスクを低くできなくなってしまったので常に立ったまま仕事をするはめに。。。あんなに意気揚々と喜んで紹介したのに・・・(;´Д`) だからこそ踊る機会が極端に増えた、というのもあります(笑)

 

そういえばどこかで読んだのですが、デスクワークで落ち着いて仕事をしたいときは座った方がいいらしいのです。立って仕事にとりかかるときはちょっと短時間集中して戦闘モードになりたいときにいいらしいのです。ということは、最近全然座って仕事ができない私は常に戦闘モード?確かにパソコンの前で踊りながら怒ってる気はします。。

たはは…(´;ω;`)

 

もう一つの意味がねえ案件ですが、使っているクレジットカードはスイス航空のマイルが貯めれるもので、いつかグレードアップに使用してビジネスクラスでスイスから日本に一時帰国をしようと夢見ていたのですが、飛行機の飛ぶ本数は激減してるしいつまた次に日本へ飛べるようになるかも分からないし、び、微妙・・・(;´Д`)意味がねえ…気がするぞよ。。と歌って踊ってしまいます。もちろん悲しみを携え…ちょっとどよーん、としながら…

 

こんなことがあるので、テンションが下がったりもするのですが、まあ仕方ないと思っています。世の中変わらないものなんて何もないのだから…(ウォーキングデッドのゾンビワールドで生きていくよりマシ。。)と思っていますが、別に私を喜ばせてくれることもあります。

 

短縮勤務になって午後から時間ができたので前から作りたかった保存食作りをしています。ザウアークラウトとか甘酢漬け、などちまちまとやっています。レシピを見てはああ楽しい、ああ幸せ!とうっとりしていたのですが、結構大きな問題も発生してしまいました。

 

保存用のガラス瓶容器が今までのようにスーパーで買えなくなってしまったのです。プラスチックの密閉容器などもスーパーに陳列はされているけれども販売禁止。あれはガラスやプラスチックに例の菌が付着しやすいとかそういう理由なのですかね??理由は知らないのですがとりあえず欲しいものは販売禁止になっています。

 

やる気はあるのに容器が入手できん、ということで結構焦りました・・・(;´Д`)

焦りに焦って今までだったら気にせずゴミ処理場のガラス廃棄箱にポイっと捨てていた、家にあったガラス瓶容器を慌ててかき集めております。オリーブやピクルスが入っていた容器です。ジェノバペーストが入ってた小さな瓶まで使うかどうかも分からないのに、子どもが浜辺で必死で貝殻集めるみたいな状態でとりあえず捨てずにいます。

 

なぜここまで焦っているかというと、飽き性なので気になった瞬間にすぐさま動かないと翌日には全く興味を失っているかもしれないので、思い立ったときに動いておきたいのです。今こうやって保存食にはまってるかのように書いていますが明日になったら綺麗さっぱり忘れているかもしれません。そういう意味でブログは記録を残すためにも役に立っております。

 

また何か気になるものがあれば、私は光の早さで飽きるかもしれませんが紹介したいと思います。

 

では、また!!

 

アデー(о´∀`о)ノ

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

変わる価値観

金/gold

Covid-19の影響で(あえてコロナとは書かない私かっこいい、ではなくて社名にコロナとつく企業が可哀想なのでCovid-19呼びです。)、

投資信託の口座がマイナス続きで恐ろしいことになっていて、もう見たくない!と放置してたのですがちら見してみると徐々にプラス方向に上がっていっているようです。でも極度のマイナスの中ですが…持ち直すのをじっと待つしかない。

 

昨日読んだ新聞にゴールドメダルとシルバーメダルの販売広告が入っていたので、前から気になってたし買ってみようか?なんて話をしていました。

 

お金の価値なんて一瞬で変わって使い物にならなくなるかもしれないし、先の事を心配しても仕方ないので今を楽しく生きようぜ、なんて夫と話しつつ、でも金や銀を購入してもどんどん変わる価値観の中で、金銀の価値も下がるかもしれないしね。変な隕石が飛んできてそれが価値のある鉱石になるかもしれないし、先のわからなさが半端ないよー!と。

 

安定してそうな私達夫婦の職業もどうなるか分からないので気がついたらサンダルとTシャツ、短パンで近所のおじさんとカードゲームしながら世間話をする日々をおくることになるかもなあ、なんて思いつつ、それはそれでありだなぁ…なんて。

 

スイス在住ですが日本のニュースも読んでいますので、政府の大企業に対する支援、困窮した状況の世帯、しかも自己申告のみに支援、などを見てると、世の中って大企業だけでできてないよ?自己申告かんたんにできない人もいるよ?手間も掛かるし役所の仕事も負担もふえるよ?大企業がもうかったって、娯楽を提供する側が存在しなくなるとお金の使い道なんてなくなるよ?医療崩壊したら些細な怪我でさえお金で解決できないよ?ん??なんでそれが分からねーんだ??と思ってニュースを読みながら憤慨して頭のなかで机をおもいっきり吹っ飛ばしました。がらがらガッシャーーン!と。

 

音楽や芸術が無い世界で生きたことある?誰かの作る美しいものに触れないで生きてきたと言いきれる?そんな訳ねえだろうよ、と。

 

ひとことで言うと考え方が古い、というかダサい(ダサい、ももしや死語?)。長いものに巻かれて安全を感じるのは分かる。でもそれって、長いものに巻かれないと自分はなにも出来ない、無能と言ってる事と同じだし、その立場でわざと弱者を増やして安定しよう、という考えがもうお粗末過ぎて気持ち悪いです。

 

それって幸せ?人間誰しも人生のステージがあるので、どんな人だっていつも心に余裕は持ち続けられないだろうし、人の不幸が蜜の味に思えるほど自分の状況が好ましくない時もあると思います。でもずっと、誰かが最低限の生活も送れずに苦しんでいる世界に一緒に暮らしてて幸せだと思う感覚は私には理解できません。いつの時代の価値観?負け組、勝ち組、なんて考えも目にするたびに気持ち悪いなぁ、、そんなものまだ存在するの?と思ってましたがその価値観で出来上がった世界にいる人にとっては誰かが最低限の生活も送れないのは、当然なのでしょうね。

 

がんばらなかった人が悪い、みたいな。

努力してどうにかなるひと、ベースがそもそも恵まれている人、頑張ってもどうにもならない人、タイミングがずっと悪い人、そもそも世間の仕組みに合わないひと、色んな人がいて、色んな人の人生のステージがあって、細かく絡み合ってるのが世の中であって自分ひとりだけで出来ることなんてないですよね。

 

それなのにきちっと納税していても国が助けてくれないなんておかしくないですか。政治家と国民は別物じゃないですよ。国民の中に政治家も含まれていて、国民の代表なのだから悪知恵働く一部の政治家とそのお友達が甘い汁を吸って他の人々が最低限の生活も送れない、なんて世の中は放置しちゃだめです。

 

ネットで声を届けられる時代だから、ネットでどんどん発信していくなり、然るべき先にメールや電話連絡するなどいくらでもできますよね。抗議や怒りをぶつけなくてもいいんですここに心を持った人がいて、真面目に生きてる。真面目に世間のルールにも従っている。その人たちに施しのない世の中にしている、ということを知ってもらわないと。払った税金が変な使われ方してることに対して憤慨して当然だと思います。

 

だっせえ◯◯達は私の投げた机と一緒にどっかに吹き飛ばされてしまえ(`へ´*)ノと思うほどイライラマックスになってしまいました。

 

私は基本的に誰にも何にもあまり期待していません。人の想像力、考え方なんて千差万別過ぎて期待通りにいくほうがラッキーな位だと思っています。なので、何でこんな事も想像できねーんだよ!!💩💩💩野郎!!と思っても、ある程度諦めています。でも分からない人間に、サンプルや心情を見せて多少なりとも想像させることはできます。それはこれからもやっていきたいと思います、もともとクレーマーなんで。じゃないと頭の中で大量の机をますますがらがらガッシャーーン!!してしまうので(ノ`△´)ノヌオーー!!!

 

では、、また…

最後ひとり白熱してすみませんでした。。。

 

皆様にとってより良い日々になることを願っておりまする(。-人-。) 本当に、本当に。しつこく、皆さんがどうかもっと気楽に幸せに生きられるように。(念押し)

ダッサイとこから抜け出しませふ。

 

では~

 

アデーヽ( ̄▽ ̄)ノ

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

それは誤解です


f:id:iiimo_imo:20200405175507j:image
(本文とこの画像は関係ありません。ただ可愛いので載せただけです。)

 

日本に一時帰国したときにデパートに入っている化粧品売り場に行くのですが、店員さんに誤解されることがあります。

 

何かの説明を聞くついでにお薦めの化粧品などを使ってメイクされる、というガッツリ良いお客様になっているときに(後でセールストークに乗せられてちゃんと予定外のものも購入するタイプです。)、私がファンデーションをしていないのは外国暮らしだからと思われているところ。

 

それは誤解です。

 

一応UV50の化粧下地は年中つけてるのですが、ファンデーションをつけてないのは日本に居た頃からずっとなんです。人並みにパウダーファンデーション、リキッドファンデーション、コンシーラーを使っていた頃もありますが、どうしても顔に何か乗っていると言うのが気持ち悪くて(自分にとって)、悩んだあげく皮膚科で推奨されている化粧下地のみを塗るに至りました。日本の家族に美容部員さまがおられたので、化粧下地のみで化粧品カウンターに行ったら引かれるかなあ?と聞いたら、シラケた目で見られて将来のシミの心配とかちゃんとできてる!?と呆れ気味で言われて怖かったです・・・(;´Д`)

 

あと、私が日焼けしてるのも外国暮らしの影響だと思われてるのですが、それは誤解です。

 

ただの地黒です。しかも光の早さで日焼けするのにドイツ、スイスの日照時間の短さでメンタルやられちゃうので太陽光が浴びれる時は浴びておかないと、みんな地獄へ落ちてしまえ~\(^o^)/ 思考になるので、隙あらば光の下へ行くしかないのです。

 

そしてまた別の誤解話でよくあるのが、関西出身なのでお好み焼きが好きだろうという前提で話しかけられること(笑)

 

それは誤解です。

 

実はあんまり好きじゃないんです。それなのに、私をあたかもお好み焼きソムリエの様に、どこどこですごく美味しいお好み焼きを食べられるよ、きっと好きになると思う!や、あそこのレストランってお好み焼きも食べれるんだって、行ってみたら?(恋しいでしょう?的なニュアンスをかんじる)と言われることが度々あります。

 

せっかく薦めてくれてるので、そうですか、ありがとう、とは言うのですが実はお好み焼きにあまり興味がないので、この関西出身者=お好み焼きが好き=下手したらお好み焼きソムリエ、というイメージにいつも結構ウケてしまいます(о´∀`о) 

 

そしてもうひとつのお気に入りの誤解は…

 

学生時代の元同級生に会ったときに『久しぶり~ 今インドに住んでるんだってー!?』や『インド人の旦那さんがいるんだよね?』的な、ドイツとインドをごっちゃまぜの誤解です。

 

めっちゃおもろい。。笑

 

『ド』と『イ』の位置が変わって、ドイツからインドへ。世の中の人がドイツとインドに対してどのようなイメージがあるのか分かりませんが、私のインドに対するイメージはガンジス川でヨガ、数学に強い横分けのITエンジニア、インド料理店の陽気なキッチンの人、ボリウッド映画、とあのノリノリな曲、なので私がインドに住んでるとかインド人の伴侶がいる、というのを想像してみると一気に明るくて楽しい感じになりました。ついでにボリウッド映画内で私もキレッキレに踊ってる姿が…見える(笑)

 

まあ、言ってる元同級生は子育てや日常に忙しくて断片的に覚えてるだけの元同級生のことなんて深く考えることもないので、インドだっけ?ドイツだっけ?位のことで深くは考えてないのでしょうが、私にとってはこの誤解がツボで1人思い出しては、ふふっと笑ってしまいます。

 

以上、誤解されがちな事とお気に入りの誤解でした。

 

では、また(^◇^)!

またご訪問いただけると嬉しいです♥️

 

 

アデー♪ヽ(´▽`)/

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村