スイスすごろく++スタートはドイツ++

計らずもドイツからスイス(ドイツ語圏)へ移住 両国の生活を比べつつサバイバル方法/学習記録をメモしていきたいと思います。

英語について思う事と自己肯定感

English

学生の頃、英語の成績がいつも良い方でした。不思議な事に文法を勉強しなくてもするすると頭に入ってくるし、単語は大体1,2回見たら覚えたので単語暗記の苦労もなく。高校を卒業するまではあまり勉強をせずとも良い成績の取れる科目でした。

 

小学生の頃から、どこか別の場所へ行きたい=外国、だと思っていたのでまずは外国=英語、という単純な連想でどこか別の所へ行くには英語が必要だ、と思ってたのだと思います。

 

それで、英語に触れている間は現実から離れて別の所へいる気分になっていました。

高校生になってからは英会話教室に通わせてもらって、現実逃避は更に加速しました。

二度も英語圏にホームステイもさせてもらって。今振り返ると非常にありがたい事... お金かかりますね...

 

でも段々と、英語について取り巻く環境がめんどくさくなってきました。

英語の成績を競おうとしたり、英語力を気にされるようになりました。英語が魅力的な言語なのはよく分かるのですが、私は自分の世界でそっと楽しく過ごしていきたいのに英語に関わっている間は周りからちゃちゃを入れられる、なんてメンドクサイんだ!と思い始めました。

 

それでも英語に触れる事を止めず、関わる分野で引き続き生きてきましたが、ある時いよいよ英語に関わると自分の世界で静かにいられない、というフラストレーションがたまって、別の言語へ移動だ!と思うようになりました。そこから色々あって結局ドイツ語に行きつきました。

 

ドイツ語は私に合っていました。覚える文法事項は多いですが、日本語の表現の多さに対してドイツ語の表現の多さは、英語に比べると合ってる気がしたので日本語→ドイツ語で考える時に合致するものが見つかりやすい気がして、もやもやせずスッキリ学べる印象でした。

 

英語はドイツ語ほどしっくりこない、という印象で今まで過ごしてきました。

ドイツ語の方が英語より難しい、という人もいますが、私のようにただ単にドイツ語の方がしっくりくるので、ドイツ語の方が簡単に感じる、という人も結構いるみたいです。

 

このドイツ語と英語、どっちが難しいのか議論は日本以外の国でも語学学習者の間で結構されているようです。意見はもちろん半々、と言う感じ。

 

英語の方が文法事項の覚えることが少ないように見えるのですが、実際勉強すればするほどシンプルに見えるのは気のせいで、私はいつもすっきりしない霧の中を歩いている感覚に陥ります。ドイツ語は覚える事は多いですが、規則が割と一定なので霧の中を歩いていても懐中電灯で照らせばさくさく歩ける、という感覚になります。

 

この感覚でずーっと英語に触れてきました。

英語に触れると周りからちゃちゃが入るし、何だかもやもや気分が抜けないので英語の事は自分の中の片隅に置いておいて、ドイツ語を盾にして生きていこうと思っていました。ドイツ語学習者は英語ほどは多くないので、隠れ蓑に使いやすいかな、と思っての事です。

 

とは言え、外国語で読み書きをしようとするとドイツ語で読む方が理解は早いのに、書くとなると英語の方が楽なのです。英語で読むと、もやもやしたままであまり分からないので、それを翻訳サイトでドイツ語に翻訳して読むこともあります。日本語に直接翻訳できたら一番なのですが、今まであまり良い翻訳サイトがありませんでした。

Deeplは最近かなりお世話になっています。以下リンク先です。

www.deepl.com

 

でも書く、となるとドイツ語はどれだけ慎重に文法事項を気にしても私の場合は2割位しか完全に正しい文章は書けません。英語だと逆に8割位は合っていて、自分でも驚きます。なので、読むときはドイツ語、書く時は英語、のやり方が自分には合っています。ただし、そんなやり方はあまり公の場では使えません。個人的な趣味の範囲ではそれでいいのですが。

 

英語、ドイツ語どちらもそんなにめちゃくちゃ能力が高い事もなく、でも外国暮らしなので避けて通る訳にはいきません。数年前にまた学生になって勉強したい事を見つけたので、勉強する事にしました。日本語で学習しようか、と思ったのですが外国語を使って暮らしているのでついでなら証明書の表記も英語かドイツ語になるものの方が良いか、と思って英語かドイツ語で学ぶ事にしました。

 

色々考えた結果、英語の方を選びました。これはやはり、レポートなどを出して書く時に英語の方がドイツ語より自信をもって書けるからです。正しい文章を書く頻度が高いのならドイツ語のように文法事項の検索に時間を充てなくて良いし、英語だとネット上ではドイツ語よりもはるかに多くの例文や簡単な文法事項のサイトが見つかります。

時間を効率的に使うには、英語の方がよさそう、と思ったので英語を選びました。

仕事をしながらの勉強になるので、とにかく時間を効率的に使うにはどうすれば良いかなと考えてこちらに至りました。

 

英語で勉強を始めると、最初は困りました。たぶんぱっと見たら簡単な事が書かれているのに、何だかしっくりこない。何度かドイツ語に翻訳しながら読んでいました。

でもこんな事もいつまでもやっていられない、と思うようになり、困りながらもとにかくひたすら英文を読みました。なかなかしっくりこないまま、ちゃんと理解できるのか自信もないまま数年経ちました。

 

最近になって、新学期が始まってまた英文を読み始めました。最初はまた英文読むのかあ、自信がないな...と思ってたのに今回はさくさく読めています。もちろん知らない単語が頻繁に出てくるので辞書サイトで検索していますが。え!?と自分でも驚き、ついでに仕事で届くドイツ語の長文メールも何故かさくさく読めるようになりました。

今までだったら、ぎゃ!読むの後回しにしよっと。。と思ってたのですが。

 

な、なぜ?と考えました。。分かりました。前学期に提出した英文レポートの成績が良かったからそれが自信になっていたようです。合ってるかどうか自分でもよく分からないけれど期日が迫ってるので、もう出すしかない!えいや!と出したものの評価が良くて、担当教員からお褒めの言葉をいただけたのに気を良くして、少しずつそれが自信になっていたようです。

 

振りかえると、色んなところからお褒めの言葉を頂いたり、良い評価をしてもらったり、というのが割と多かったと思います。でもいつもそんな言葉をスルーして、さあ次の課題だ!と好奇心をかきたてられるものに取り掛かり、でも自信がないのでその度に自分はダメなやつだ、と思い込み、それが自分の中でどんどん積もっていって、自信がないまま、好奇心の赴くままに行動。行動する度に好奇心は満たされるけど自分を傷つけていたようです。

 

こんな事を続けていたら自分の心はダメになりますよね。。。

こりゃいかん、と気づいてからは人からの評価を真摯に受け止め素直に喜ぶようになりました。同時に自分責めも止めました。自分で自分をしっかり褒めて評価してあげる。

 

そうすると、自信がむくむくと出てきて、勉強中の何だか分からないから怖い...でも前に進むしかない、とビクビクしながらがなくなり、自信がないのは普通だ、今やりながら前に進んでいるだけで十分、今この瞬間だって新しい単語を一つ覚えた。忘れたってまた辞書サイトを見れば良いし、こうやって先人が作り上げてきた知恵と仕組みを使わせてもらってるだけで、なんて幸せな事なんだ。運も実力のうち、これは私のラッキーという実力、という風に考えるようにしました。

 

自己肯定感の高め方で、よく周りの評価を存分に味わう、とか大切にする、というのを見たことがありますが、個人的にはあまりおススメできません。その方法なら常に周りの評価に一喜一憂しないといけないから不安定になります。

 

一番大事なのは、自分の中での自分の評価。

甘めにして笑 甘く甘く笑 結局、自分の感じるものが自分にとっての世界なのだから、物の見方次第で自分の世界は変わります。

一生付き合っていくのは自分自身で自分の感覚なので、そこを優しくしてあげようと思います。じゃないと、自分が自分を壊すのはとても簡単な事。

幸い、私は周りの人に恵まれてきたので自分の外側に敵がいる、という感覚はないのですが自分の中に自分を責める敵がいたようです。恐ろしや...怖いですね、、

 

自信をつける敷居はとても低くして笑 楽しく勉強を続けていけたらそれが一番じゃないか、と思うようになりました。困った時にはいつでも連絡して下さい、と言ってくれる担当教員もいるし、ヘルプの担当者もいるし、学生のフォーラムもあるし、自分を責める前に自信の無さを救ってくれる場所にヘルプを求めて、少しずつ少しずつ前に進んでいこう、と思いました。逆に私も誰かにヘルプを求められたら、出来る範囲で手を差し伸べたいな、とは思っています。勉強以外の事でも。

 

新学期の学習内容、個人的には今までに比べて難しく読むものも多いですが、勉強したい事を学ばせてもらえる幸せな環境にある事を味わいながら学んでいきたいと思います。(と自分に言い聞かせる)

 


では~

またブログにお越しいただけると嬉しいです。

 

アデー♡

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

私はだあれ?

Who?

 

大体の社会人は仕事に一日の三分の一位の時間を充てていると思います。私もフルタイム勤務ではないですが、ほぼ毎日数時間は会社に属する会社員として生活を送っています。

 

仕事で主に利用するのはメールです。ドイツ語か英語で書きます。その時に自分の名前を署名で設定しているものを使わず、毎度手入力しています。

 

ドイツ語だと

Viele Grüsse,(よろしくお願いします、的な)

OOO OOOO(名と姓)

(例:Hanako Yamada)

 

英語だと

Best regards,(よろしくお願いします、的な)

OOO OOOO(名と姓)

(例:Hanako Yamada)

 

でメールを締めます。

 

こちらで生活する限りは私の正式名称はアルファベットで表記されたものです。

請求書もそのアルファベット名で送られてきます。

 

それに慣れた生活をしていると、時々、日本語で書かれた自分の名前を見て妙ななつかしさを感じます。

 

普段Hanakoで生きてる人が、花子という表記を見て、ああ懐かしい、そういえば私の名前はこれだった!と思うような感じです。

 

パスポートには日本語で名前が書かれているので、自分にとっては本来ならばそれが正式名なのに、アルファベット圏で暮らしているとアルファベット表記がまるで本物の名前のようになってしまう。

 

発音は同じなので、発音にだけ注視すれば名前が変わった、なんて事はないのですが

私はやっぱり日本語での読み書きが好きなのと、自分の名前の日本語表記、少し変わった漢字を充てられた名前が好きなので、それを使う機会が減るのは残念だなと思います。

 

でもよく考えたら、日本で働くとなると苗字がメインになりますよね。姓の方ばかりで名の方は多くの職種では触れられないと思います。

 

そう思うと、名の方をメインで使われるこちらの生活も悪くないかな、と思いますが

なんせHanako扱いで花子ではないので、私は一体誰なんだろう?と時々思います。

 

そんな細かい事を気にするな、と言われたらそれまでなのですけども。。

 

名前って何なんだろう一体、とも思います。

人と交流する為の記号みたいなものだと思えばいいのでしょうか。

 

こちらで日本人の人と交流するときに、私にメッセージやメールを送ってくれる人の中に間違った漢字表記で送ってくる人がいます。一発変換で出てくる漢字ではないので、私個人的にも漢字で自分の名前を入力するときにはめんどくさいな、と思いながら該当漢字を探しています。なので間違った漢字で送ってくるひとに指摘もしません。こちらの生活をしながら漢字表記の手間をお願いするのも面倒だし、私に向かって書いてるメッセージだと分かってるので、別にいっか、と思いながら。

 

それでも昔、Kyokoと知り合ったというドイツ人に漢字でKyokoにメールをしたいので漢字を教えてくれ、と言われた時には困りました。

京子なのか、今日子なのか、恭子?杏子?その他なのか...何か知ってる?と聞いたらそんなの知らない!さっさと漢字でKyokoを教えて!とイライラされてしまいました。

 

いや...漢字が違うと意味も違うし、日本では結構失礼にあたってしまうから。。。とその当時は思ったのですが、結局どの漢字を見せたのかは覚えていません。京子でいちかばちか、だった気もします。

 

そういう風に考えると、やっぱり漢字の表記を正確に書くのは大事な事だな、とは思います。

 

こちらで働いている限りは同僚からは名のHanakoと呼ばれ、多くの顧客からもそのように呼ばれています。ドイツ語圏相手だと苗字で呼ばれたりも結構ありますが。

日常生活になると、やっぱりイキナリ、名の方で呼ばれますよね。日本だと思いっきり呼び捨て、という感覚かと。

 

生まれてから一生ずっと一緒に生きていく名前、時々は日本語表記で私の名前はこれだった!と実感したくなります。

 

このこだわりは他の方にもあるのでしょうか。私だけでしょうか。

共感覚というのがあって、文字や数字に色が見えるのでアルファベット表記と日本語表記だと私には別の色に見えるので、そこで別物に感じるので妙にこだわってるのかもしれません。厳密に言えば、ひらがなもカタカナも表記によって色が変わります。

アルファベット表記の私の名前は薄いピンクがベースなのに、漢字表記だと黄色と黒で別物で。奇妙に感じます。

 

ま、こんな取るに足りない事に関して考えれる位ひまというか平和なんだと思いますが…

 

皆さんはどうでしょうか。何か教えていただけたら嬉しいです。

 

では~

 

アデー♡

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

甘味に興味がない人の間食:スイス編

Desserts


甘い物にあまり興味がありません、というより甘味がこの世から無くなっても生きていける気がします。

 

特に洋菓子類は苦手なので、ケーキ作りやお菓子作りが上手な人などを見ると、見た目がこんなに可愛いものを作れて、食べれて幸せだろうな、と思います。

洋菓子って見た目が可愛いですよね、華があって。でも私は甘味に興味がないので、見た目を美しいと思っても食べたい、とは思わないのでその世界に入れない事を残念には思います。

 

こちらは食後のデザート文化発祥の地?ですよね、たぶん...

レストランに行くとコースメニューにもちろんデザートが付いているし、単品で注文した時にもメインの後にデザートのメニューブックをお持ちしましょうか?と聞かれます。

 

なんせ甘味に興味がなくて、塩っ気のある食べものの方が好きで、むしろおかずが一番好きなのでおかずの余韻を味わってる時にデザートの甘味でかき消すなんて嫌!と思ってしまいます。

 

それくらい甘味に興味がないです。特に洋菓子。一年の内にトータルで5回位、みずからドーナツやマフィン、クッキーを買う事があるかな、という位です。

 

たぶん和菓子の甘味の甘すぎない方が好きなのだと思います。小豆の入った最中やわらび餅は好きです。でもこちらではさくっと手に入らないので、遠ざかっています。

(小豆は実は缶詰に入ったものが売ってるので、それに砂糖を入れて煮たら本当に日本で食べれるような味にはなります。)

 

気になる方はこちらをどうぞ↓Coopで買えます。

https://www.coop.ch/de/lebensmittel/vorraete/konserven/gemuese/bohnen-huelsenfruechte/karma-adzukibohnen/p/5902611

 

インターネットなどで、仕事中や日中に間食で太ってしまう、というのを見るにつけ

間食内容がチョコレートや甘いものだと私には関係ない事だとは思うのですが、それでもやっぱり間食を避けて通るわけにはいきません。

 

でも甘い物は食べないので、何を食べてるのかと言えば...

乾燥プルーン

デーツの実

プロセスチーズ

煮干し

乾燥納豆

チューイングガムをかむ

ライスワッフル

ゆで卵

レンズ豆のワッフル

カボチャの種

 

け、健康そうじゃないですか...笑?

 

でも一番好きなのはちゃんとした温かい食事なので、そんなにテンションが上がる事もなく、もくもくと食べています。

そんなに『ああ幸せ〜』とはなりません。。。

 

唯一好きなお菓子と言えばスナック菓子で、ポテトチップスとナチョスチップスなら喜んで食べます。お酒も好きだし、舌が甘い物よりそっちに合うようにできてるんではないかと思います。

 

ただ、甘い物を食べないから痩せてるなんてこともなく。。

日本に帰ったらぽっちゃりしている人の部類に入ると思います。間食も健康そうなのに、甘い物も食べないのに何故?と自分でも考えたことがあるのですが、メインの食事をガッツリ食べているようです。食べすぎ。。 日本で使っていたお弁当箱の大きさを思い出しては、何の冗談なんだ?と思ってしまうので、普通のお弁当箱二つ分以上はいつも食べています。それゆえ、痩せない…

 

食事の量を減らさない限りは痩せそうにないです。

困ったものです… 

 

以上、健康そうな間食の話でした。

気になる方はちょっと試してみてください。

 

では~

あでー💛

 

<

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ドイツとスイスで風邪のひき始め対応

. 感冒 風邪 i've got a cold. .

 

振りかえってみると中学生の頃にインフルエンザに一度かかった以来、もう二十年以上あまり風邪など長引くこともなく割と元気に生活している気がします。

 

体は元気ですが哲学しすぎ、または冬季うつのせいでメンタルが怪しいと指摘されることはありますが。。

 

日本にいた頃から風邪はあまりひいた記憶がないのですが、ドイツとスイスで暮らし始めてからは天気がころころ変わるので、その影響で風邪をひきやすくなったと思います。とは言え、1年に二回ほど風邪のひき始め、的な症状が出るだけですが。

 

そんな時にどう対応するか。完全にドイツ風対処になってしまいました。

スイス風がどうなのか分かりません。多分似たようなものだと思いますが…

 

ここに個人的おススメの流れを紹介したいと思います。

 

流れ

まず...湯たんぽを用意します。二個用意します。三個あればなお良し。

両足の太ももの上に乗せます。

腰のあたり、仙骨あたりが暖まるような場所にも置きます。

 

首にタオルを巻きます。

 

お湯を沸かしてカモミールティーを飲みます。

 

毛布をかぶります。

足首はレッグウォーマーで温めます。

 

眠れる時はそのまま眠ります。時間は関係ありません、眠ると身体は回復するのでとにかく寝るのがいいです(個人談)。

眠れない時は、とにかく体を温めることに努めます。

 

時間が経ったらじわっと汗をかき始めるので、こまめに拭き取ります。

汗をかきすぎたらすぐに着替えます。冷えた洋服が体を冷やしてしまわないように。

 

白湯を飲みます。

その後、何でもいいのでお茶に生姜パウダーおよび、切った生姜や生姜チューブなどを入れて飲みます。

 

引き続き湯たんぽで温めます。

チェリーピローを持っている人にはチェリーピローでおへそ周りをじんわり暖めるのもおススメです。

 

以上です。これで風邪のひき始めを抑え込んできました。

 

風邪薬は元々飲まないので、習慣化していませんが、風邪をひき始めての対応が遅れて本格的な風邪になって、あまりにも辛いと飲むかもしれません。

むかし風邪薬でめまいが起きた事があったので、それが怖くて飲んでいないだけです。

 

湯たんぽとチェリーピロー、カモミールティはドイツでもスイスでもたぶん薬局に常備されていると思います。ドイツならドラッグストアのDM、スイスならミュラーなどには絶対に置いてあると思います。大きなスーパーなら全部置いているところもあると思います。

 

この風邪の対処法は日本に住んでいても有効だと思います。

日本にいると、電子レンジで温められる湯たんぽチックなものも沢山あるので、それを買うという手もあります。

 

ドイツ的ちょっと自然派?な対処法が気になる方は試してみてください。

 

 

 

4年後開催のコンサートチケット

Elton John and dog

 

以前こちらの↓の投稿で書いた、エルトンジョン様のコンサートがなんと再度延期されることとなりました。。

www.do-sui.com

 

本来であれば2020年の10月にチューリッヒで開催予定だったのが、今年の10月に延期されていて、私も来月にコンサートに行くつもりで予定していたのですが、なんと2023年の夏に延期されるとのこと。

 

そのころ、私はまだチューリッヒにいるのでしょうか...

海外移住話が出てるので、もしかしたらもうチューリッヒというかスイスにいないかも笑

 

しかし2019年に買ったチケットが2023年に使えるようになる、という事は四年越し。

四年!小学一年生が小学四年生になっちゃう期間。中学生が高校生になっちゃう期間!

 

しかもこのコンサートはエルトン様のファイナルコンサートで現在御年74歳で本来ならば昨年の73歳の時点で引退、という事だったんですよね。。

それが手術の影響か、健康上の理由のようで延期です。

 

残念と言えば残念ですが、お体ご自愛下さい、という気持ちの方が強いのでゆっくり回復されて欲しいです。今まで数々の曲を作って世界中を周って、ずっと現役で演奏する事を求められてきて、華々しい事ですがやはり人生は健康第一。体が資本ですから。。

 

いや、まあ正直、例の疫病の影響で今コンサート行くの微妙だな...

人に会わないようにして感染を防いでるのに… コンサート怖すぎない?と思ってたので、かなり安心もしています。

 

いずれにせよ、行ってみたいコンサートがあって、行けなくなるのは残念ですが、こんな残念な事ですらエルトン様と同じ時代を生きてる証だと思えますので...毎日を二度とやってこない日々だと思って、貴重だと思って過ごしていきたいと思います(そんな事すぐ忘れてプリプリ(# ゚Д゚)するので...)

 

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

---------------------

お!この記事役にたった!+ポチっとしても良いかな、という方は以下のバナーをポチっとしてもらえるととっても嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村